« 春はダイエットの季節 | トップページ | 奈良漬で酔った ? »

介護の歌

オリコン 50位に

Photo介護の歌」が静かなブームを呼んでいます。ギター 1本の伴奏の静かな歌です。

正式名称は、 「手紙~親愛なる子供たちへ~」。

実際に、認知症の母を看ている小生には、切ない歌です。

ところが、この歌。最近、メキメキと広がって行き、今では オリコン 50位 というではないですか。 (『着歌』でも、トップ 10入り)   この勢いですと「千の風」に肉薄するかもしれません。

とにかく、この歌の内容は、切実なものです。

歌うのはシンガー・ソングライター、樋口了一さん(45)。 「もともとは、ポルトガル語で出回っていた詩を、友人がインターネットで偶然手に入れ翻訳したものです」。・・・ということで、原作詞者は不明なんだそうです。

8分を越す長い歌ですが、最後に

♪ あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい ♪

という件 (くだり) などは、はたして、認知症の母がそう思っているのか、疑問に思うことがあります。もしかしたら、自分が認知症になることを想像して歌ったものかもしれません。

歌詞は、こちらから。

|

« 春はダイエットの季節 | トップページ | 奈良漬で酔った ? »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44332441

この記事へのトラックバック一覧です: 介護の歌:

« 春はダイエットの季節 | トップページ | 奈良漬で酔った ? »