« 映画 『オリヲン座からの招待状』 | トップページ | 春はダイエットの季節 »

津川雅彦さんのブログ

大反響

Photo_2 いま、ネット界では 津川雅彦さん のブログ関心が集中しているようです。

小生が覗いたときには、3月 9日付けの記事には、すでに、621件のコメントが寄せられていました。

津川雅彦さんといえば、日本を代表する俳優で、戦後の「太陽族」を象徴する一人です。

今では映画監督もこなし、映画『旭山動物園物語』のメガフォンを持ちました。

その彼が、政治的意見を表明していたとは驚きでした。しかも、その内容が実にまっとうなんですね。

民主党が政権を担当したらどんなことになるか。参考になる記事がそのブログには沢山記されています。

確かに、自民党もだらしがありません。箍 (たが) が外れています。

しかし、だからと言って、民主党に任せられない状態です。もし、民主党に政権が移動したら、各種人権法案が通ってしまい、日本の国の本質が覆ってしまうでしょう。

それを、端的に説明しているのが、津川雅彦さんのブログです。

|

« 映画 『オリヲン座からの招待状』 | トップページ | 春はダイエットの季節 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おお!私も推薦しております

おとこだね~

今までそういう方とは知りませんでしたよ

投稿: 佐為 | 2009年3月12日 (木) 05時55分

佐為さま、ありがとうございます。
彼のような著名人が、かなり踏み込んだ内容を公表して大丈夫かと、心配するほどです。
しかし、実際には、多くの人から賛成意見が寄せられ、「炎上」しませんでした。
賛成のコメントを記している人たちをみますと、いろいろな人がいて、偏っていないと思いました。
まだ、日本は常識的だと、安心しました。

投稿: あらま | 2009年3月12日 (木) 07時42分

2ちゃんねるで知り津川雅彦さんのブログを観ました。
東京裁判結審50周年東映98年度大作
「プライド 運命の瞬間」で
東條英機を演じております。
パール判事も登場し清瀬一郎弁護人は奥田瑛二が演じております。
津川雅彦さんは立派な保守の論客です。

投稿: 藤 | 2009年3月12日 (木) 10時02分

藤さま、お久しぶりです。情報をありがとうございます。
名の知れた方が、政治問題に踏み込んだ意見を述べることは、相当な勇気が必要だと思います。
そうした意味でも、津川氏は立派だと思います。

投稿: あらま | 2009年3月12日 (木) 11時34分

こんにちは。

どうも最近の日本国民は、Aが話題になればAへ群がり、次にBが話題になればBへ群がるというのが極端すぎると思いますね。
しかもマスコミの取り上げ方が“酷い方向”で影響しすぎているようです。
津川さんの考えが良いか悪いかは分かりませんが、このように冷静に物事を考えられることに深く感心いたしました。


投稿: まさたみ | 2009年3月12日 (木) 18時11分

まさたみ さま、ありがとうございます。
群集心理というのでしょうか、それが日本人の特徴かもしれませんね。
以前、次男のサッカーチームを引率して、ガンバ大阪のジュニアチームと対戦したことがあります。
こちらのチームは、まるでイワシの大群のようでした。
ところが、大阪のチームは、広がって自分のポジションを確保していました。
大阪の監督に聞きますと、監督が指導したわけではなくて、子供たち一人一人が自分の役割を見つけて、全力を尽くしていると言うことでした。
そうして、子供のころから冷静に客観的に行動できる子が J リーガーになっていくものだと感心したことがありました。

投稿: あらま | 2009年3月12日 (木) 21時17分

すごい勇気ですね。お仕事に影響しないか心配になっちゃいました。
私もマスコミに流されている所あるな~と反省。
色んな方のブログが見れて、ネットは勉強になります。

投稿: しーな | 2009年3月13日 (金) 05時33分

しーな さま、ありがとうございます。
ネットの世界は、ある意味、非情なとこがありますね。
実名で、こうした意見を公表して、こちらのほうが心配してしまいますね。
逆に、重鎮が実名で公表したからこそ反響があったのかもしれません。

投稿: あらま | 2009年3月13日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44317169

この記事へのトラックバック一覧です: 津川雅彦さんのブログ:

« 映画 『オリヲン座からの招待状』 | トップページ | 春はダイエットの季節 »