« ブンブ、ブンブと、 | トップページ | 祝 WBC 連覇 »

お客様は神様になろう

王様ではなく

昨日、久しぶりに、出張で名古屋方面に行ってきました。

名古屋といえば、トヨタ。そのトヨタをはじめとする自動車会社も、春闘では ベア ‘0回答’ということで、相当な厳しい状況であることを目の当たりにしてきました。

しかし、副業の円高差益を利用した「個人輸入業」が快調で、そこから従業員の給与に充てているという事業家もいて、みなさん、したたかにやっているようです。

そこで、いろいろな話をしましたが、日本人の「客」としてのマナーに、話が沸きました。

このところ、モンスター・ぺアレントとか、モンスター・ペイシェント などといわれるように、いわばサービスを受ける側が モンスター化しているような気がします。

どうも「客」の立場になると、威張るといいますがゾンザイな態度をする人が多いと思います。

お金を払うのだから、売り手に気を使うことはない・・・なんていう態度です。Photo

しかし、商売というのは、売り手買い手 がいて成り立つもので、売ってくれる人がいなければ困りますし、逆に、買ってくれる人がいなければ困ります。

ですから、たがいに「ありがたい」存在であるわけです。

ところが、最近は、「お客様は神様」ということで、サービスが過剰になり、客の立場になると「王様」のようにふんぞり返る人がいます。

そんなひとを見ていると、日本人としての質の低下を感じでしまいます。

商売の上手な人は、お客様も大事にしますが、仕入先も大事にします。価格だけで殺すようなことはしません。

ところが、最近は「価格破壊」が再燃し、仁義なき戦いが深まっています。

このように、不況になると、背に腹は代えられない状況が続き、「貧すれば鈍す」というこで判断が誤りがちです。

しかし、こういうときだからこそ、普段からの信頼が試されると思います。

そこで、神様というのは、人間をはじめ、動植物や鉱物にまで、慈しみの心で接してくれるものなんだそうです。

ですから、客の立場になったら、王様のように我儘になるのではなく、神様のように慈しみの心で売り手と接することが必要だと思います。

客は、サービスを受ける‘権利’があるわけですが、それは、その権利相応の‘義務’を果たすからです。

その客としての義務とは、「支払いの義務」だけではなくて、客としてのマナーを守る義務もあるはずです。

(イラストは、伊藤正道のはだかの王様イラスト集 より)

|

« ブンブ、ブンブと、 | トップページ | 祝 WBC 連覇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「買ってやったんだ!」「使ってやってるんだぞ!」ではなくて、「買えた。」「使わせてもらっている。」と考えれば客としてのマナーも自然と身に付くような気がします。
せっかく買ったものなんですから何でも大事に使ってあげたいですね。

投稿: まさたみ | 2009年3月19日 (木) 11時38分

まさたみ さま、コメントをありがとうございました。
人を大切にする気持ちは、同時に、モノを大切にする心にもなるのですね。

投稿: あらま | 2009年3月19日 (木) 18時46分

モンスター客もいるようですが、モンスター店員もいます
客を客とも思わず・・・

いや、買い物させてもらってありがとうございます
うれしいです

ヤレヤレ

投稿: 佐為 | 2009年3月19日 (木) 21時30分

佐為さま、ありがとうございます。
今回は、買い手の立場のお話でした。
売り手でも、押し売りする人、悪徳商法をする人、など問題な場合がありますね。
ネット売買の場合は、「詐欺」つまり「ウソ」に細心の注意を払わなければなりません。
そういうわけで、信頼できる人につながることは、どんな立場でも難しいですね。

投稿: あらま | 2009年3月19日 (木) 23時53分

はじめまして。佐為さまのブログから飛んできました蚯蚓(mimizu)と申します。お見知りおきを・・・

今回のエントリーは色々考えさせられる内容でした。思えば、クライアントに必要以上に媚びる人間は、逆に客の立場になるとモンスター客になる比率が高く感じます。
出入りの業者に無理難題を吹っかけ、人間ではないかの如く扱う方もおりますが、そんな人間に限ってクライアントや上司の前では揉み手なぞして、必要以上にご機嫌をとるものです。

そんな人間は、顧客や上司には一時的に便利屋として重宝されても、結局信用されずに使い捨てにされるのです。もちろん困った時に業者からはソッポを向かれます。
損得の問題ではありませんが、モンスター客は損な生き方であろうと思います。

ビジネスであろうが、結局人と人との関わりです。信頼できる人間性、信頼できる人間関係が、最後には一番重要になるのですね。

投稿: 蚯蚓 | 2009年3月20日 (金) 20時48分

私はどちらにしてもいばる人は嫌いです。angry
怒る人・無関心な人・常識がない人、そんな人は嫌いです。angry
誰にでも優しい人・謙虚な人・常識がある人が増えるといいですね。
でも、世の中にはいろんな人がいるので、皆、なんとか頑張って
生きていかなければなりませんね。punch

投稿: にこりん | 2009年3月21日 (土) 03時10分

蚯蚓(mimizu) さま、いらっしゃいませ。
ご返事が遅れて申し訳ありません。
出先から、モバイルで返事を書いております。
さて、立場が変わると威張ったりへりくだったりする人がいますが、確かにみっともないですね。
誰とでも、気軽に「ありがとう」と言い合える関係を築きたいものですね。

投稿: あらま | 2009年3月21日 (土) 23時32分

にこりん さま、ありがとうございます。
小生は、会社では苦情処理のお仕事もしています。
そこで、お客様からケチョンケチョンに貶(けな)されるときがあります。
そこまで言わなくてもいいだろう・・・と思うことがあります。
そのときは、帰りの車の中で大声で「バカヤロー ! ! 」と叫びます。
それから、改めて「反省」することにしています。
すぐに「バカヤロー ! ! 」といえないときは、心の中に貯めておき、翌日、海に釣りに行ったときなど、発散させたこともあります。
この「バカヤロー ! ! 」って言葉は、いいですね。
でも、それを言える空間が少なくなってきて、残念です。

投稿: あらま | 2009年3月21日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44396248

この記事へのトラックバック一覧です: お客様は神様になろう:

« ブンブ、ブンブと、 | トップページ | 祝 WBC 連覇 »