« コンビニのコピー | トップページ | ダメ親には罰金 »

発言する若者

新聞投稿

本日の『静岡新聞』 読者投稿欄 「ひろば」で、「若者の投稿が増えて心強い」と題した投稿がありました。

小生も、そのことに大変嬉しく思っていたひとりです。

特に、「10代 Re : 社会」という 生徒、児童を対象にした投稿欄を読むのが楽しみです。

本日も、家族を亡くして命の重みを知ったという高校生の投稿がありましたが、文体といい内容といい、実に、立派なものでした。

最近は、活字離れ・・・・と言いますが、それは中年以降の現象で、若者は、携帯電話やインターネットを通して、自分の意思を発信していると思います。

昔から日本人は「表現が下手」と言われてきましたが、ここにきて、良い傾向が生まれたと思います。

特に顕著な傾向として、携帯小説などの影響でしょうか、短文化が進み、簡潔で意味が重い文章を練りだすようです。

ですから、俳句や川柳なども、大人顔負けな作品を作る子供が増えたとか・・・。

さらに、文章の暗号化が進み、小生なんて、若者のメールなど解読不能です。

Photo おそらく、ペンタゴンでも日本の若者が発信するメールの解読には困難を極めるでしょう。

しかし、どうしても意思を伝えたい時は、ちゃんとした日本語でメールするようです。

たとえば、今届いた長女からのメール、「 0時 50分に、駅に迎えに来て」、だって。

|

« コンビニのコピー | トップページ | ダメ親には罰金 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44267777

この記事へのトラックバック一覧です: 発言する若者:

« コンビニのコピー | トップページ | ダメ親には罰金 »