« 巧言令色 | トップページ | 確定申告 »

口内炎をはやく治すには

うがい薬が有効

本日の NHK テレビ番組 『ためしてガッテン !』では、口内炎の治し方を紹介していました。

その方法とは・・・

1. うがい薬でうがいする。

2. さらに、水でそそぐ。

3. それから、薬を塗布する。

ということなんだそうです。

小生なんて、小さいころから年中、口内炎に悩まされてきた人生です。

医師から、パッチ薬とか、デキサルチン、ケナログ、アフタゾロンなどの塗り薬を処方されても、効いているのかいないのか分からない状態でした。

それもそのはず。うがいをしないで、そのまま患部に薬を塗布していました。

そうではなくて、うがい薬で、口の中の常在菌滅菌してから治療しなければ意味がなかったようです。

口内炎は、噛んだとか、潰瘍によってできるもので、口の中の唾液の量が減ったときにできやすいそうです。

唾液の量が減るときとは、緊張がづいているときとか、ストレスがたまったときに唾液の量が減り、そうして口内炎ができやすい状態になるそうです。

ですから、口内炎にならないためにも、唾液の量が減らないように注意し、口の中を清潔にしておくことが大切みたいですね。

それでも口内炎になってしまったら、まず、うがい薬で滅菌し、そうして汚れを水ですすぐと治りが早いということです。

今度、口内炎ができたときに、それを試してみたいと思います。

うがい薬とは、医師が処方する イソジン とか、市販されている プレコール とか、モンダミン などの類を指すそうです。

お酒で、アルコール消毒・・・なんて冗談は、ここでは通用しないようですよ。

|

« 巧言令色 | トップページ | 確定申告 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

そう言えば。
イソジンの箱に
最初は
 口の中のうがい
次に
 喉のうがい
と書いてありました。

イソジンというと
 外から帰ってきた後のノドのガラガラうがい用
と思っていて、口の中のうがいは考えていません
でした。

ちょうど今、
何年振りかで口内炎ができてしまっている
のですが、まず口の中のうがいからなんですね。
早速実行します。

投稿: sue | 2009年2月26日 (木) 10時40分

あらら、sue さまのお口の中に口内炎ができているんですね。
もし、よろしかつたら試してみてください。
うがい薬で滅菌した後、必ず水でゆすぐことがポイントなんだそうですよ。

投稿: あらま | 2009年2月26日 (木) 18時50分

あらま様
うがいとも口内炎とも関係ないのですが、リンクしているきっこの日記ってご愛顧なのですか?
いまいち不明???

投稿: 佐為 | 2009年2月26日 (木) 22時18分

佐為さま、ありがとうございます。
「きっこの日記」は、以前、WontBeLong さまとお話したときに話題にしたもので、いわゆる「参考」です。
互いにリンクしているわけではないですね。
「テクノバーン」とか『財政赤字カウンター」なども同様に、以前、記事を書くのに参考にしたものです。
整理する必要がありますね。

投稿: あらま | 2009年2月26日 (木) 22時27分

あらま様
きっこさん嫌いではないですよ
ただ、色気がだいぶ違うと思っただけです

すみません

投稿: 佐為 | 2009年2月27日 (金) 05時55分

佐為さま、きっこさんは実は男性だ・・・という説は前からありますね。
小生も、内容からして複数の人が執筆していると思っています。
ですから、「色気」と言われてしまいますと、引いてしまいます。

投稿: あらま | 2009年2月27日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44175127

この記事へのトラックバック一覧です: 口内炎をはやく治すには:

« 巧言令色 | トップページ | 確定申告 »