« 拝啓、金正日将軍さま。 | トップページ | エコタイヤ »

パナシに効く薬

成人 ADD

最近、話題の「ゴミ屋敷」。この「ゴミ屋敷」を作り出す人のことを パナシ と呼ぶそうです。

つまり、やりっぱなし・・・から、この言葉が来ているようです。

医学的には、「成人 ADD」と呼ばれるそうです。

そして、その診断基準は、

A 次のうち少なくとも15項目において、慢性的な障害をみる。

1.未達成感、目標に届いていないという感覚がある(実績の大小にかかわらず)
2.組織的行動・計画が困難である
3.慢性的な先延ばし・優柔不断的傾向・仕事に取りかかるのが困難である
4.いくつもの行動を同時におこない、やり終えることができない
5.タイミングや妥当性を考えず、思いついたことを言ってしまう傾向がある
6.常に強い刺激を追い求める(いつも魅力的なもの・新奇なものを探している)
7.刺激がない状態におかれると我慢できない
8.注意力散漫、集中しにくい、読書や会話中に他の事を考えてしまう、時に過集中である
9.創造的・直感に優れている・高い知性を示すことがよくある
10.すでに決められている手順や「正しいとされる」手順に従うのが苦手である
11.我慢強くない・欲求を抑えにくい
12.言うことも行動も衝動的である、衝動買い・計画変更・新規構想・職を転々とする等々
13.際限なく余分な心配をし不安の種を完璧に予測しようとするが、実際の危険は無視する傾向がある
14.漠然とした不安感がある
15.気分が変わりやすい、特に他人やプロジェクトに魅力を感じない場合には
16.落ち着かない(そわそわしている・じっと座っていられない・歩調をあわせられない)
17.刺激的なことに溺れ易い
18.自分を肯定しようとする気持ちが少ない
19.不正確な自己認識(他者への影響力を測れない、大抵、力が無い・影響力が小さいと感じている)
20.ADD、躁鬱、鬱、薬物中毒(アル中も含む)又は衝動や気分が抑制困難の家族歴がある

B 幼少期にADDだった(正式な診断はなくとも、成育歴に徴候や症状があるはず)

C 他の医学的あるいは精神医学的状態では説明のつかない状態にある

・・・・なんだそうです。

そこで、そうした症状に効く薬として リタリン が処方されているそうです。

ところが、この薬は集中力が増す・・・ということで、受験生などに人気があり、アウトサイドで流通していると言うことで、問題になっているようですね。

とにかく、こうした症状の人は、認知症を併発する前に、専門医に受診して、正しい薬を処方されることが望ましいことは言うまでもありません。

また、周囲の人の理解が必要であることも、併せて記しておきたいと思います。

|

« 拝啓、金正日将軍さま。 | トップページ | エコタイヤ »

介護」カテゴリの記事

コメント

へぇ!あれって病気だったのですか?
子供の時、しつけられなかっただけかと思ってました
世の中は広い というか、まだまだ勉強せねば

投稿: 佐為 | 2009年1月23日 (金) 19時38分

パナシ・・・ですか・・・

一つ前の記事に書きました通り、夫始め
夫一族はパナシ一族なんですが・・・・
項目13以外当てはまらないんです。
私の方がパナシになる資質を持っているような。

うゎ~~、どうしよう。。。happy02。。。

投稿: sue | 2009年1月23日 (金) 22時21分

佐為さま、あれは「三つ子の魂百まで」現象だけではなくて、「障害」なんだそうです。
ですから、人権団体が擁護する動きもあるようですよ。
でも、小生は、バナシのほとんどは、親の躾の失敗だと思うのですが・・・。。。

投稿: あらま | 2009年1月24日 (土) 21時29分

sue さま、旦那様だけでなく、その一族がパナシなんですか ! ?
ということは「精神遺伝」って言うことでしょうか ?
いす゜れにしても、正しいカウンセリナグと投薬治療で改善が見られるそうです。
それにしても、凄ざましいご一族ですね。
それから、sue さまは、縦から見ても横から見ても斜めから見ても、パナシではないと思います。
パナシは、芸術家、スポーツ選手にも多いようです。
しかし、傍は大迷惑ですよね。

投稿: あらま | 2009年1月24日 (土) 21時36分

会社にもいろいろな仕事を請け負うんだけど、みなやりっぱなしってのがいます
あれもそうなんだろうか?
浮気性かと思ってましたが

投稿: 佐為 | 2009年1月25日 (日) 09時48分

佐為さま、ありがとうございます。
人間、いろんな性分がございますね。
でも、程度を超えてはいけませんね。
そうして、程度を超えた時に、自覚したり他人に指摘されてコントロールできればよいのですが、制御不能と言う人がいます。
それが、性格的なのか、病的なものなのかは専門家の判断によらなければならないようで、病的な場合は治療できる場合もあると言うことのようです。
しかし、性分と言いますか、性格的な場合は、治らないようですね。
小生は、お酒が好きなのが治りません。治す必要もないと思っています。
でも、家内は、小生が酒を飲むとクドクなるといい嫌います。
これも、性分なんでしょうか、それとも歳なんでしょうか ?

投稿: あらま | 2009年1月25日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/43826820

この記事へのトラックバック一覧です: パナシに効く薬:

« 拝啓、金正日将軍さま。 | トップページ | エコタイヤ »