« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

立って用足し

哺乳類の姿勢

さて、お食事中、あるいはその前の人は、この記事を読まないでくださいね。

ところで、小生は母と同居生活していて、とんでもないことに気がつきました。

それは、人間の日常生活の姿勢が間違っているのではないかと思うようになったのです。

それは、母の介護をしていて気がついたのです。

認知症の母は、用を足すとき、毎回、自身も汚れるのですが、便器の周りも汚れてしまうのです。

そこで、母の用を足すときの姿勢を確認したところ、大にしても小にしても、立って用を足していたのです。そこで、的から外れて便器の回りなどが汚くなっていたのです。

ご存知の方は少なくなったかもしれませんが、昔の農家のご婦人は、小をするときは立ってしたようでした。いまでも田舎に行けば、おばあさんが気持ちよさそうに立ち小便している姿を見かけます。

そんな具合に、田舎育ちの小生の母は、今もって、立って用を足していたのです。

それが、昔からなのか、認知症になってからなのかわかりませんが、座って用を足すように・・・と申し付けても、聞き分けません。

もっとも、普段から紙パンツをはいているのですから、そそうをするのは、一日に一回です。

しかし、考えて見ますと、人間以外の哺乳類が、便器に座って用を足すでしょうか。

以前、動物学者で、某動物園の園長さんの本を読んだことがありますが、人間に痔疾が多いのは、座った姿勢で無理に出そうとするから痔が飛び出るのだそうです。

さらに、出産のときの姿勢も、人間は仰向けで出産しますが、その反対の向きで出産するのが正しいのだそうです。だから、人間は難産なんだそうです。

そこで、あらゆる執着心から解放された認知症の母は、立って用を足しているようです。

まぁ、本人は、気持ちよく用を足しているようですが、後始末をしなければならない小生にとっては大変な作業です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エコタイヤ

よく転がる

小生は、軽自動車を愛用しています。

以前は、大きいワンボックスカーで、家族やクラブの人たちを運搬してきましたが、子供も大きくなり、またソフトボールクラブも脱会しましたので、大きい車を持つ意味がなくなり、そこで軽自動車の中でも一番安いものに乗っています。

そこで、軽自動車に乗ってみて、その経済性に驚きました。とにかく新車で買うとき、税金・保険料など全て込みこみで 60万円でした。

今までのワンボックスカーは、新車で買ったとき、350万円でしたから、およそ 1/6 の価格です。

そのあとの経費も安い。自動車税なんて 4,100円ですよ。保険も安いし、車検も安い。

そして、軽自動車に乗り換えて初めてタイヤ交換をしたのですが、軽のタイヤの安いのには驚きました。

135/80R12 というサイズのタイヤなんですが、いちばん高いタイヤでも、工賃込みで 4本で 2万円です。

メーカーでないタイヤですと、4本で 8千円 というのですから驚きです。

そこで、一番高い エコタイヤ なるものと交換しました。店員さんによれば、それと履き替えると、燃費が 20% UP するんだそうです。

小生の軽自動車の燃費は、平均で 20Km/L ですから、20% も燃費がよくなるとすると、24Km/L になるんでしょうか ?

うそ半分と思いましたが、タイヤをそれに履き替えて運転して驚きました。

よく転がるのです。

まるで、錆びたベアリングに油を差したように、慣性がよくなりました。

なまじ、20% も燃費がよくなるなんてのもウソではないかもしれないと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

パナシに効く薬

成人 ADD

最近、話題の「ゴミ屋敷」。この「ゴミ屋敷」を作り出す人のことを パナシ と呼ぶそうです。

つまり、やりっぱなし・・・から、この言葉が来ているようです。

医学的には、「成人 ADD」と呼ばれるそうです。

そして、その診断基準は、

A 次のうち少なくとも15項目において、慢性的な障害をみる。

1.未達成感、目標に届いていないという感覚がある(実績の大小にかかわらず)
2.組織的行動・計画が困難である
3.慢性的な先延ばし・優柔不断的傾向・仕事に取りかかるのが困難である
4.いくつもの行動を同時におこない、やり終えることができない
5.タイミングや妥当性を考えず、思いついたことを言ってしまう傾向がある
6.常に強い刺激を追い求める(いつも魅力的なもの・新奇なものを探している)
7.刺激がない状態におかれると我慢できない
8.注意力散漫、集中しにくい、読書や会話中に他の事を考えてしまう、時に過集中である
9.創造的・直感に優れている・高い知性を示すことがよくある
10.すでに決められている手順や「正しいとされる」手順に従うのが苦手である
11.我慢強くない・欲求を抑えにくい
12.言うことも行動も衝動的である、衝動買い・計画変更・新規構想・職を転々とする等々
13.際限なく余分な心配をし不安の種を完璧に予測しようとするが、実際の危険は無視する傾向がある
14.漠然とした不安感がある
15.気分が変わりやすい、特に他人やプロジェクトに魅力を感じない場合には
16.落ち着かない(そわそわしている・じっと座っていられない・歩調をあわせられない)
17.刺激的なことに溺れ易い
18.自分を肯定しようとする気持ちが少ない
19.不正確な自己認識(他者への影響力を測れない、大抵、力が無い・影響力が小さいと感じている)
20.ADD、躁鬱、鬱、薬物中毒(アル中も含む)又は衝動や気分が抑制困難の家族歴がある

B 幼少期にADDだった(正式な診断はなくとも、成育歴に徴候や症状があるはず)

C 他の医学的あるいは精神医学的状態では説明のつかない状態にある

・・・・なんだそうです。

そこで、そうした症状に効く薬として リタリン が処方されているそうです。

ところが、この薬は集中力が増す・・・ということで、受験生などに人気があり、アウトサイドで流通していると言うことで、問題になっているようですね。

とにかく、こうした症状の人は、認知症を併発する前に、専門医に受診して、正しい薬を処方されることが望ましいことは言うまでもありません。

また、周囲の人の理解が必要であることも、併せて記しておきたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

拝啓、金正日将軍さま。

ゴミ屋敷

最近、テレビで「ゴミ屋敷」が紹介されています。先日も、10年ぶりにゴミ部屋から‘救出’された人が紹介されていました。

なんでも、部屋を片付けないうちに、その部屋に閉じ込められた状態になり、食事とか排泄物は、ゴミの僅かな隙間から出し入れしていたと言うのですから、驚きです。

ところで、10年ぶりにゴミ部屋から救出されたと言うことは、10年間、風呂に入っていなかったということではないですか。

まるで、岩窟王、ロビンソン・クルーソーの世界です。

しかし、拙宅も、その話に笑ってはいられません。

実は小生、最近、母と同居しはじめているのですが、それまでは母を、おなじ敷地内の別棟に住まわせていたのです。

その間、約 11年間、母をその家に‘解放’していて、やりたい放題にさせていました。

少しでも片付けようとするものなら、母は「物が無くなった ! !」と叫びだし、大騒ぎになるからです。

でも、母をやりたい放題にさせておけば、母も安定し、拙宅の家族も安心して暮らせました。

食事は、毎回、届けていましたので、その点は安心していました。

しかし、部屋の中は散らかし放題。掃除なんてのも 3年に一度、母が緊急入院するときを見計らって、サッと片付ける程度でした。

そして、先週、母が転倒して怪我をしたのを機に、小生と同居しているわけです。

そういうことで、母の住んでいた別棟が空き家となったわけです。

そこで、その別棟の中を片付けようとしたのですが、まさしくそこは「ゴミ屋敷」。

すべてのモノが散乱し、衣服も生ゴミも、渾然と混沌とした状態です。埃にカビがついて、簡単には掃除ができない状態です。

箪笥の中も、カビが生えたゴミが詰まっている状態です。

そこで、不用品回収屋さんに頼んで、家の中のものすべても回収してもらい、あわせて人が住めるように改修してもらうにはどのぐらいかかるか、見積もりしてもらいました。

そうしたら、水回りの改修を除いて、500万円もかかるといいます。

それなら、リフォームせずにそのまま壊したほうが安いようです。この家の解体には 200万円で済むというからです。

しかし、解体するにしても、ある程度片付けなければなりません。

そこで、お願いです。

北朝鮮の金正日将軍様。母の住んでいた別棟に、ミサイルを撃ち込んでくださいhappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

長女も避難

元気な母

先日、転倒して左肩を脱臼した母ですが、元気です。

医師に「しばらくの間、三角巾で腕を固定するように」と、言われましたが、すぐ外してしまいます。

そこで、リブバンドという胸部固定帯で左腕を固定するのですが、それもまた外してしまいます。

外すと自由になるのですが、しばらくすると脱臼したところが痛み出します。

そこで、大声を出したり暴れたり、長女の部屋に行っては散らかすので、長女も家内のところに緊急避難しました。

・・・ということで、母と小生と二人きりになってしまいました。

これからどうなるのでしょうか。とりあえず、地区担当のケアマネージャーさんに相談したいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

またもや脱臼

今度は左肩

母が昨夜、転倒して左肩を脱臼しました。

早速、救急に連れて行きましたが、肩をはめることができる医師が不在でした。

そういうわけで、ずいぶんと待ち、明け方に、専門医がようやく到着。母の左肩をはめてもらいました。

専門医を待つ間に母は相当痛がり、暴れましたが、鎮痛剤でなんとか静かになりました。

そして、はめてもらった瞬間に、いつも通りの母に戻りました。つまり、いつも通りの目の放せない母に戻ったわけです。

母が転倒した状況は、どうやら折り込み広告の上を歩いて滑ったからのようです。

実際に折り込み広告を数枚重ねて、その上を歩いてみましたが、本当によく滑ることに驚きました。

新聞紙でも、その上を歩けば滑りやすいことがわかりました。

そういうことですから、今後もいっそう母から目が離せなくなります。

今まで母を、別棟で自由放題にさせていましたが、そろそろ完全監視下に置かなければならないのでしょうか。

とりあえず、本日は小生と同じ部屋に寝かせていますが、小生が仕事に行っている間に、母は部屋中、散らかし放題です。

その様子を見ると、ため息が出ましたが、散らかすことも母が元気な証拠で、感謝しなければなりません。

とりあえず、母の脱臼した左肩のレントゲン写真をみると、きれいにはまっているようですので、治療をしてくれた医師からは、次回は 16日に外来に来るようにいわれております。

また、その日も休まなければなりません。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

アイボール

にこりん さまとお会いした

本日は、良いことが 1つありました。

それは、期せずして、ブログでお友達にしていただいている にこりん さま と実際にお会いしたことです。

今朝、ブログを開け、そしてメールボックスを見ると、にこりんさま から連絡が入っているではありませんか !

指定された時間は、ちょうど小生もその時間は空いていました。さっそく すかいらーくアイボールしました。

アイボールとは、アマチュア無線ことばで、無線で知った仲間が実際に会うことを意味します。

しかも、見知らぬ女性の方と待ち合わせてお会いすることは、小生の生涯では滅多にないことです。

そして、一目見て にこりんさま だと分かりました。

思っていたよりも 若い ! ! lovely

なにか、儲かった気分でした。そして、約一時間ほどお話しましたが、あっという間にお昼前になってしまいました。happy01

母に食事を与えなければならなかったので、挨拶もそこそこお別れしてしまいました。

「今度は、時間があったら、ゆっくりと飲みに行きましょうね。」と、言うことを忘れてしまいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鏡開き

もう、食べ飽きた

明日、1月 11日は「鏡開き」。正月に飾った鏡餅を割って、一連の正月の行事が無事に終わったことを示す儀式なんだそうです。Photo

ところで小生は、この「鏡開き」のことを「鏡割り」とばかりに思っていました。しかし、この「鏡割り」とは、樽酒の蓋を木槌で割ることで、お祝いの儀式のひとつなんだそうですね。

実際に、伯父に聞いたら、彼も「鏡開き」のことを「鏡割り」と言うそうです。

いずれにしても、また我が家にが増えてしまいます。

拙宅の子供たちは、元旦にお雑煮を食べただけで、その後は餅を見向きもしません。家内も餅を食べません。もちろん、認知症の母には餅を食べさせてはいけません。

そんなわけで、小生は元旦から毎日のように独り黙々とお雑煮を食べ続けています。そろそろ、飽きてきましたし胃もたれを感じできました。

しかも、会社の鏡餅は、大きくて割れていて、しかもカビています。

毎年、そのカビの部分をとって、お汁粉などを作りましたが、今年から本社が出張所になり、小生と事務員さんしかいません。

どうしましょう ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

引き出物

賞味期限

新春早々、こんな話題で申し訳ありませんが、昨年末、独り暮らしの叔母が亡くなり、その遺品を他の叔母が整理したそうです。

そうしたら、亡くなった叔母のアパートから、押入れいっぱいの「引き出物」が発見されたそうです。中には 25年前の小生らの結婚式の引き出物もあったそうです。

その押入れいっぱいの引き出物の中には食品も多く、30年以上も前の乾燥海苔なども「出土」したそうです。

生涯独身を通した叔母でしたから、いつの間にかこんなに溜まってしまったのでしょう。それにしても、そのほとんどが賞味期限を過ぎたものだったそうです。

昔の引き出物は、「賞味期限」を記してないものがほとんどのようです。だからといって、賞味期限がないわけではないでしょう。おそらく、もう食べれないでしょう。

さて、昨日、組内の葬式がありまして、仕事を休んで手伝いに出ました。無事に葬儀が終わり、帰宅して引き出物を開けたところ、お茶が入っていて、その賞味期限が、なんと明日の日付になっていました。

おそらく、葬儀会社の中で、付け回しを繰り返しているうちに、賞味期限が迫ってしまったのでしょう。

これは、どうしたらよいでしょうか。取り替えてもらえるのでしょうか ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

仕事始め

チェンジはチャンス

テレビのコマーシャルを見ていたら、チェンジ (change) という英語の単語の‘g’を、‘c’に交換すると、チャンス (chance) になることを示していたものを見ました。

つまり、チェンジはチャンスに変化するものということを言っているようです。

昨年という一年間が「変」という一文字で示されたように、景気が急激に後退してしまい、生活そのものが変わってしまった人も多かったと思います。

しかし、不景気なときはいつもそうなんですが、中には景気のいい人もたくさんいるのです。特に、円高差益で儲けた人や為替などをやっている人の中には笑いが止まらない人もたくさんいます。

また、不景気を利用した商品を売り出す人もいて、そうした人たちは巨額の利益を得ています。

しかし、この不景気ですので、どんなに儲かっていても「私は儲かっている」なんて言いません。

ですから、そうした儲かっている人がいるなんて分かりにくいのですが、でも、確かにこの不景気に儲けている人がいます。

さて、仕事始めの本日、社長と一緒に得意先の年始回りをしてきました。そのときに、ある得意先で儲かっている人の話を聞き、チェンジをチャンスにしている人がいることを知りました。

その話を聞いて思ったことは、いつまでも現状に拘らないことが大切だと思いました。

と、同時に、どんなに時代が変わっても、変わらず大切なものがあるということです。

それは‘人’です。‘命’と言ってもいいでしょう。人を粗末にする会社はやがては潰れて行きます。

弊社は、昨年末に、国内の拠点を中国に移しました。ですから、今、国内に残っているのは、「出張所」ということになります。

そのことについて、どの得意先も驚いていました。そして、今後の行く末を案じてくれていました。

チェンジ が チャンス になるか・・・、弊社は今年が正念場です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

超、忙しい ! ?

スーパー、大人気

政府は、今年は大不況の年と位置づけています。ところが、長男の勤めるスーパー・マーケットは大忙しのようです。

とにかく、スーパー・マーケットは、どこも元日から営業しています。スーパー・マーケットに正月休みがあったのは、20年前の話。当時、急拡大したコンビニに対抗して、スーパー・マーケットも元日から深夜営業を断行し、小売業の戦国時代が続いているようです。ですから、サブ・リーダーの長男は、元日も早朝から夜遅くまで働き尽くめだったようです。

長男は、刺身の舟盛ができるので、その新年会の予約をこなすのに精一杯だったようです。特に、世間様は不況ということで、正月休みは旅行を控え、家の中でのんびりと過ごす人が多かったようです。

そういうわけで、今回の年末、年始は、高級鮮魚が売れたようです。

昨年末に、こうした事態を予想して、高級えび・カニを大量に注文した長男の目論見は見事的中。その支店は、史上空前の売り上げを上げたようです。

・・・というわけで、年末から長男は大忙し。夜中に帰ってきて、風呂に入ってまた出かけるという日が続いています。

そんなに忙しくても、妹弟にお年玉をやるのを忘れていないお兄ちゃんであります。

優しいお兄ちゃん、体に気をつけて頑張ってください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あけまして、おめでとうございます

今年もよろしくお願いします

Photo 今年も美しい初日の出を拝むことが出来ました。fuji

午前 7時前に、サッと光が広がりました。その美しい光景に思わず手を合わせてしまいました。Photo

ことしは母と一緒に初日の出を拝みました。帰宅して、国旗を掲げ、神棚と仏壇を拝み、お雑煮を食べたあと、イオン に行って、新春の置物を戴き、福袋を買ってきました。

そして帰宅すると、既に年賀状が届いていました。郵政民営化になってから、年賀状が午前中に届くようになりました。

その年賀状を確認していましたら、昨年末出していないのに戴いたものが 12枚ほどありました。予備の年賀状は 10枚。急いで郵便局で年賀状を買い求めました。postoffice

さて、今年は天皇皇后両陛下ご成婚 50周年です。併せて 1月 7日は、天皇陛下践祚 (せんそ) 20周年です。このように、ことしは日本にとっては記念すべき年なんですね。

さて、小生は、午後からは、お年玉を携えて挨拶廻りです。

明日は、本家で新年会。明後日は拙宅で新年会。お酒が体から抜けません。bottle

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »