« 拠点移転 | トップページ | 最後の忘年会 »

外国特派員協会での田母神前空幕長

編集され続ける田母神さん

いまや、前空幕長であった田母神氏は、マスコミによって偶像化されているような感じがします。

例えば、毎日新聞ではこんな具合に伝えています。

田母神前空幕長:外国特派員協会で持論強調

政府見解と異なる文書を懸賞論文に公表し更迭された田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長(60)が1日、日本外国特派員協会で講演し「普通の国のように軍を使うことができないのは歴史認識の問題」と従来の考え方を繰り返し強調した。「(核保有を)議論するだけで(核)抑止力が向上する」などと国内外での「本音の安全保障論議」の必要性を訴えた。  「危険人物の田母神です」とユーモアを交えつつ講演を始めた田母神氏だが、本題では「白人国家がアジアを侵略したことはそっちのけだ」などと第二次大戦の戦勝国による歴史観の定着に危機感を示した。統幕学校長として4年前、親善訪問の場で、日本の侵略の歴史を話し続ける中国軍幹部を遮り、日本の立場を擁護する発言をしたと発言。「どんな国家にも光と影があり、触られたくない歴史がある。原爆を落とされたとか日本からは(米国に対し)言うべきではないが、言われたのなら言い返すべきだろう」と述べた。  また核保有国に従属せざるを得ないのに、核武装論議すらタブー視してきた現状の安全保障論議に不満を表明。「戦中の指揮官で核兵器を保有していたらどうしたか」との質問には「(連合国側に)落としたかと言われると、やられればやるのではないかと思います」と述べた。「中韓と国際協調が必要な現状では国益に反しないか」との問いには「今まで言わなかった結果、摩擦が生じ、将来はもっと大きくなる。互いに意見を言って仲良くなった方が密接な関係ができる」と応じた。【毎日新聞 12月 2日 本多健】

また、田母神氏が解任されて1ヵ月経った今でも、小生が購読している地方新聞である『静岡新聞』の読者投稿欄では、田母神氏の論文投稿について、様々な意見が掲載されています。

田母神氏に反対の立場の意見は、論文の内容はとにかく、「田母神氏は自衛隊トップとしての立場をわきまえていない」というものが多いと思います。

逆に、田母神氏に賛成の人の意見は、日本の歴史観、国防観に一石を投じた意味で価値あるものとして、あわせて、論文の内容を吟味しないで、やみくもに田母神氏を葬ることはいかがなものかと疑問を呈しています。

驚くことには、反対派の人は論文を読んでいないで、断片的な報道、あるいは編集された報道に基づいて発言しています。

残念ながら、田母神氏の国会での参考人喚問の様子とか、記者会見の様子を全てながしているものはありません。NHKでも、そのときの国会に限って中継していなかったのです。

このように、田母神氏に関するすべての報道が、断片的で編集されているものばかりです。

そして、田母神氏が、あたかも変人・危険思想の持ち主として報道されています。

これは、マスコミが意図的に、情報操作しているとしか思えません。

誰でも、こんなマスコミの報道だけで判断すれば、田母神氏にたいしては変な感情を抱くことは当然です。

なぜ、マスコミは編集するのか、なぜ、全てを伝えようとしないのか・・・ ナゾです。

勝てば官軍、負ければ賊軍。昔の漫才ではありませんが、「郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、み~んな私が悪いのよ。」なんでしょうか ?

|

« 拠点移転 | トップページ | 最後の忘年会 »

国防」カテゴリの記事

コメント

あらま様
まったく同意です
考えなくては
いけないのはなぜマスコミはこれほどまでに攻撃ひはんするかということでしょう

投稿: 佐為 | 2008年12月 2日 (火) 05時45分

こんにちは。
「ここだ!」と思うところを抜粋してニュースで流すわけですから、全部を知ろうとするとかなり大変なことになってしまうと思いますね。
でもこういう問題はワイドショー的な番組の影響がものすごいと思います。
アナウンサーが事実を伝えて解説員が付け加えるくらいならまだマシだと思うんですが、“意見”を言う人がいる番組、レポーターがボードを使って説明する番組ほど私達が偏った考えを持ちやすくなると思います。
報道に対して「そうだ!そうだ!」と同調するのではなくて、あえて反対の事を考えるようにするとなんとなく冷静に判断できる感じにはなりますね。
行動には良い・悪いがありますが、自分で考えるだけならいくらでもいいと思いますから。


投稿: まさたみ | 2008年12月 2日 (火) 13時13分

佐為さま、ありがとうございます。
本当に不思議です。
なぜマスコミは、田母神氏を「加工」してしまうのでしょうか。
静岡県には、浜松市と大井川町に航空自衛隊の基地があり、その隊員の知人もいます。
彼らは、マスコミの報道に呆れていました。
田母神氏は、マスコミで報じられているような軽率な人ではなく、落ち着いた思慮深い人で、隊員から尊敬されています。
なのに、断片的なフィルムを編集して、軽率で偏った考え方をする人という具合に仕立てています。
まったく違った人格です。
そうまでして、中国に媚びる必要があるのでしょうか ? ?

投稿: あらま | 2008年12月 2日 (火) 18時39分

まさたみ さま、ありがとうございます。
確かに限られた時間に伝えなければならないので、ニュースは編集して伝えられます。
それにしても、田母神氏に対する報道の仕方は目に余るものがあります。
田母神氏を知る人から見れば、作られた「人格」が暴走しています。
どうしてマスコミはそんなことをするのか ?
これでは、北朝鮮や中国と同じではないでしょうか ?
もはや、田母神氏はアニメです。

投稿: あらま | 2008年12月 2日 (火) 18時43分

まったく同感ですね!!

思わずコメント書いてしまいました(>_<")

マスコミの報道の仕方は戦前・戦時下と基本はまったく同じように思えてしまいます。

タバコの注意書きと同じで「この報道は編集されていますのでご注意ください」って感じの注意書き入れて欲しいくらいですよね。

投稿: モデナ | 2008年12月 5日 (金) 09時21分

モデナ さま、コメントをありがとうございました。
本当ですね。よくテレビアニメで「照明を明るくして下さい」なんて示されていますが、ニュース報道などにも、モデナ さまが仰るような注意書きが必要ですね。

投稿: あらま | 2008年12月 5日 (金) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/43289924

この記事へのトラックバック一覧です: 外国特派員協会での田母神前空幕長:

« 拠点移転 | トップページ | 最後の忘年会 »