« お好み焼きソース | トップページ | 派遣切り »

日本に生まれて良かった

NPOが調査

新聞を読んでいたら、こんな記事が・・・

不況や政治の停滞、重大犯罪の多発など閉塞(へいそく)感が漂う中、国民の8割超が「日本が好き」「日本に生まれて良かった」と考えていることが17日、特定非営利活動法人(NPO法人)「広報駆け込み寺」(三隅説夫代表)のアンケート調査で分かった。
 調査は11月11、12の両日、インターネットを通じて20歳以上の男女を対象に実施。1030人から回答があった。
 「日本が好き」は84%、「日本に生まれて良かった」は86%を占めた。「日本が世界に誇れるもの」として、ともに94%が「伝統文化」「伝統工芸」を挙げ、「これから取り組むべきこと」は「政治の質向上」(78%)が、「より力を入れるべき産業」は「農林水産業」(68%)がトップ。【静岡新聞 18日 朝刊】

日本のよさは、海外に住むとよく分かるそうですね。いろいろありますが、やはり日本という国はいい国なんですね。

|

« お好み焼きソース | トップページ | 派遣切り »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

貴方の仰る通り、日本は良い国です。それを貶(おとし)め入れてるのは在日朝鮮、中国人です。
こいつらが居る限り、日本は本当の日本では有りません。
ルーシー・ブラックマンさんの事件も在日金聖鐘(通名:織原城二)の犯行です。
奴らを強制送還したいが、政府が弱腰で・・・。

投稿: 嫌韓中流 | 2008年12月18日 (木) 11時23分

みたみわれ
作詞:海犬養岡麻呂(万葉集)
作曲:山本芳樹
収録:軍歌戦時歌謡大全集(評)

御民(みたみ)われ 生ける験(しるし)あり 天地(あめつち)の
栄ゆる時に 遇へ(あえ)らく 念へ(おもえ)ば
(約)
天皇の民である私は生きているかいがある。天地の栄えているこの治世に生まれ合わせていることを思うと。

小生はこの歌を思い、60数年前に、日本が良かったと、死んでいった若者があわれでなりません。
地球が壊れるくらい物を作って不景気とはどうゆうわけでしょう。
マスコミは不景気の気を煽っているばかりです。

投稿: 藤 | 2008年12月18日 (木) 12時57分

嫌韓中流 さま、いらっしゃいませ。
外国人の在籍管理は、法務省と地方自治体が二元管理しています。
その隙間を縫って、いわゆる「在日」と呼ばれる人たちが、ほしいままにしている部分があります。
そこで、総務省が一元的に管理するための外国人台帳制度を創設する法案を提出するそうですね。
ザル法にならないように注視したいと思います。

投稿: あらま | 2008年12月18日 (木) 17時53分

藤さま、ありがとうございます。
日本がこんなに良い国なのに、愛せない人がいるのはどうしてでしょうか。
命を張って、母国の為に散っていった祖先を念うと、申し訳ない気持ちになります。

ところで、マスコミだけでなく、政府や企業もこの不景気を煽って利用して、自縛しているような気がします。不景気を強調すれば自分の存在価値が高まると思っているのでしょうか。
「耐える」という美徳が日本にあることを利用しているように思えてなりません。

それにしても、日本には、美しい日本語があるものだと改めて思いました。藤さま、重ねてありかとうございました。

投稿: あらま | 2008年12月18日 (木) 18時03分

あらま様
旅先で不自由してます(インターネットを)
日本が好きということもできるでしょう

しかし私は日本以外選択できないから好きにならざるを得ないではないかと思います

本音はどうなんでしょう?

投稿: 佐為 | 2008年12月18日 (木) 21時04分

佐為さま、ありがとうございます。
確かに、住めば都。どこに行っても、どこに生まれても、そこになれれば安住の地と言うことなんでしょうか。
しかし、高齢者難民と言って、定年後、日本を脱出してアジアなどで暮らす人が増えているとか・・・
さらに、アジアに拠点を移す企業も増えました。
そんなことを考えると、一概に日本が住みやすいとは言えないかもしれません。
しかし、そうは言っても、国民のモラルのレベルは、他と比べれは高いと思います。

投稿: あらま | 2008年12月19日 (金) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/43453029

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に生まれて良かった:

« お好み焼きソース | トップページ | 派遣切り »