« ハーレー大人気 | トップページ | ケータイを成人指定に »

ゲーム・コミックは認めてほしい !

日本の新しい文化

拙宅では、子供に対してゲームコミックを制限しています。しかし、社会人の長男は既に自立していますし、大学生の長女は、学校の授業、バイト、クラブ活動で、ゲームをやったりコミック本を読む暇なんてありません。

ところが、高校二年生の次男は、小遣いのほとんどをゲームやコミック本につぎ込んで、休日はそれに浸っています。

それを親に注意されれば、長男のアパートに逃げ込んでやっています。そこで小生は雷を落としたのですが、それについて、家内と家内の兄弟たちが、昨夜、またしても、突然に小生のところに「抗議」に来ました。

どうやら、次男は小生の設けた‘制限’に、どうしても納得できずに、叔父さん叔母さんを巻き込んで問題打開に取り組んだようです。(ちょいと、大げさな表現かな・・・)

現代は、ゲームもコミックも家庭ですることは当たり前。家族一緒に楽しむ時代なんだそうですね。

麻生総理大臣も、「日本のコミックは世界に誇れる新しい文化」と胸を張っています。

そういうわけで、総理大臣のお墨付きがあるのですから、我家にも、コミックゲームを解放しろと言うのです。

しかし、日長(ひなが)一日中、ゲームやコミックに浸っていることは、不自然だし、子供らしくない。確かに、次男は、昼間は高校生活、夜は夜間の調理師学校に行き、休日は近所の食堂でバイトをしています。(バイトは原則としてその高校では禁止なんですが、夜間の調理師学校に行っているということで、次男は学校側と交渉。特例を獲得したようです。)ただし、部活動のバトミントンは幽霊会員です。

(幽霊会員といっても、出場すれば県大会に入賞してしまいます。全く、練習しなくても、県大会で上位に入るので、先生も練習しないことを認めてしまっています。ちなみに、その学校のバトミントン部で、県大会で入賞したのは創立以来 次男が初めてで、顧問の先生は大喜びだったそうです。)

そういう訳で、次男は学校ではクラス委員長をしていて、不良グループという烙印を押された級友のために、学校側と激しく対立しているんだそうで、そうとうに充実した高校生活をエンジョイしているようです。

そんな彼ですので、少しぐらい許してやってほしいというのが、次男に担がれた叔父叔母(小生から見れば義理の兄弟)の言い分です。

しかしですね。次男の学校の成績は、赤点スレスレ。補習でようやく単位を取っている始末。ゲームをやる暇があったら、少しぐらいは何とかならないものかと思ってしまいます。

とにかく、次男は交渉術に長(た)けていて、いろいろなところで、特例を獲得しているようです。

(・・・というか、訳の分からない屁理屈を並べて、相手を呆れさすという戦法は、小生譲りでありましょうか・・・)

でも、小生はそんなに甘くないですよ。

なんて、思っていたら、「今度、問題を起したら‘制限’を復活してもよい・・・」という条件で、認めさせられてしまいました。

それについては、高校時代に制限されてきた長男・長女も認めています。やはり、以前と比べて、コミックやゲームに対する考え方が違ってきているんだそうです。

恐るべし、我が次男。

|

« ハーレー大人気 | トップページ | ケータイを成人指定に »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いろいろな交渉があって大変ですね。
でも、大人になってもうまい具合に特例を得て自分の好き勝手にやったり、「今度問題を起こしたら・・・。」を何回も繰り返すような“最近の変な大人”のようにはなってほしくないですよね。

投稿: まさたみ | 2008年11月 4日 (火) 14時22分

まさたみさま、仰るとおりです。
既得権益を貪るどこかの国の官僚のようなズル賢い人間にはなってもらいたくはないですからね。

投稿: あらま | 2008年11月 4日 (火) 19時53分

ウチの娘のちょっと上頃からゲーム世代に
入っていくんです。
1日1時間と決めたり、成績が下がったら禁止
にするという決め事を作ったりイヤイヤイヤ・・
それはそれは大変でした。

子供達は
  だって・・・みんなやってるよ!
って言うんです。
  ヨソのうちはヨソのうち。ウチはウチ!!
を通すこちらも真剣勝負でしたね。


その子達が今、ゲーム会社などに就職して
どんどん開発に関わっていく年代。

そりゃ~もう、興味を引くような商品開発を
するのでしょうねぇ。

オール オア ナッシング ではなく
どこのラインで線引きするか 約束事が遂行
できなかったらどうするか、、、、、
そこをきっちり話しあえば、納得できる歩み寄り
ができるのではないかと思うのですが?
どんなものでしょう。

電車で椅子に駆け寄って座り込みDSに
夢中になっている若いサラリーマンさん・
OLさんを見ていると
   日本はダイジョブか??
と思ってしまいますが・・・・・

私の中でハテナ・マークがとびかいます。


投稿: sue | 2008年11月 4日 (火) 20時14分

sue さま、ありがとうございます。
そうですよね。やはり、一線は必要ですね。
放任していけば、そのときは親は楽ですが、長期的に見れば、子供のためにはよくないですよね。

投稿: あらま | 2008年11月 4日 (火) 20時38分

一日中だらだらとゲームや漫画だけとなると不健康だし不自然ですが。
あらまさんの次男さんは普段ちゃんとしてらっしゃるようだし、味方を付けられるほど信頼もあるようですので、少し譲ったほうがいいような気がします。
今や漫画から知識を得られるほど、しっかり歴史に基づいてるとか、勉強になる漫画も多いそうですね。(?)

それにしても頼もしい次男さん!
お母さんはこの子が面白くてしかたないでしょうねheart01
一番逞しく生きて行くタイプですよねwink

でも・・・一日中はやはり不健康に思います。
2時間!とか(映画なら2時間ですもんね)
3時間とか・・・
次男さん自身である程度時間を決めて、自分をコントロールしてくれると安心ですが・・・。

投稿: しーな | 2008年11月 4日 (火) 22時59分

しーな さま、ありがとうございます。
確かに、コミックが映画化されるなど、素晴らしい内容のものも沢山ありますね。
それを制限するのは、時代遅れかもしれません。
さらに、パソコン・ゲームを小生もやって見ましたが、時間なんて アッ という間に過ぎてしまいます。内容か面白くてストーリーになっているので、途中で止めるなんて不可能に思います。それなら最初からやらない・・・という考え方になっていくわけです。
コミック本は許せても、ゲームを許したら際限がないと思うのですが・・・。
どうなんでしょうか ? ?

投稿: あらま | 2008年11月 5日 (水) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/43007970

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム・コミックは認めてほしい !:

« ハーレー大人気 | トップページ | ケータイを成人指定に »