« 映画 『赤ひげ』 | トップページ | 消音モード »

サヨク化したマスコミ

こどもニュース

昨日、日曜日の時事問題を取り扱うテレビ番組でも、田母神氏の論文問題が取り上げられましたが、サヨク化したマスコミによって十分に論議されることなく、うやむやにされてしまいました。

そして、翌、本日の月曜の『静岡新聞 こどもニュース』欄には、その事が取り上げられ、「(自衛隊組織の)トップが侵略を正当化する考えを持っているなら、いつかは勝手に戦争を起こすのではないかと心配です。」と、解説している始末です。

どうして、田母神氏の論文内容を精査・議論せず「危険思想」として断罪するのでしょうか。

田母神氏の論文は、侵略を正当化するものでもなく、自衛隊が将来、クーデターを起こすような種を撒くものでもありません。

こんな解説をするようでは、『静岡新聞』が、田母神氏の論文を読んでいないか、国語力がないかのいずれでしょう。

逆に、子供に、こうした解説をして、間違った歴史観・国家観を植え付けるほうが、戦争につながり危険です。

既に、日本は、特定アジアに謝罪し、戦争賠償以上の補償を納めてきています。

ところが、特定アジアは、戦争被害の数字を水増しながら、いつまでも日本に「謝罪」と「補償」を要求し続けています。

いわゆる「村山談話」は、そうした特定アジアの不当な要求に応える基礎となっています。

我々の父も、我々も、そして子供たちも、日本人は、永遠に「謝罪」し「補償」し続けるのでしょうか。

それから、私たちの祖父や父たちは、そんなに愚かな人間だったのでしょうか。

なぜ戦争をしたのか、しっかりと総括をしないまま、外交を続けることは、次なる「敗戦」を迎えることになります。

もし、本当に戦争をしたくないのなら、議論から逃げないで、正面から問題に臨む勇気が、マスコミにも欲しいところです。

なぜ、こうした問題になると、政府もマスコミも、言論封鎖・議論封鎖をするのか、小生には不思議です。

とにかく、子供たちが、これ以上、特定アジアの餌食になることは許し難いことです。小生の三人の子供たちには、小生から正しい歴史観を教えています。

このように、正しい歴史観・国家観を子供に植え付けることは、親の責務だと思います。

そこから、現実から逃げない、本当の意味の人間的な優しさが生まれてくるものであることを、我々親たちは自覚しなければならないと思います。

|

« 映画 『赤ひげ』 | トップページ | 消音モード »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あらま様
ご意見には同意ですが、言葉の使い方に違和感があります
サヨク化した・・・これは右あるいは真ん中だったものが左になったということかと思います
高齢化というのはだんだんと老人が増えてきたということです

マスコミはサヨク化したのではなく、マスコミはサヨクだということではないのでしょうか?

つまらんことですみません

投稿: 佐為 | 2008年11月17日 (月) 23時15分

佐為さま、実は、小生もよく分からないのです。
例えば、朝日新聞。戦前は、右傾したり、戦後は左傾したり。
例えば、NHK。会長が代わるごとに、右傾化したり左傾化したり。
しかし、元来から左傾化の素質があるのがジャーナリズム。
まだまだ、小生の勉強が足りないようです。

投稿: あらま | 2008年11月18日 (火) 05時26分

ASEAN主要6か国における対日世論調査
第二次世界大戦中の日本について、現在あなたはどうお感じですか。

悪い面で忘れることは出来ない。
シンガポール23.15 %
マレーシア26.74 %
タイ13.84 %
インドネシア18.14 %
フィリピン27.26 %
ベトナム11.94 %

悪い面はあったが、今となっては気にしない。
シンガポール69.28 %
マレーシア64.94 %
タイ68.27 %
インドネシア69.56 %
フィリピン59.07 %
ベトナム77.54%

全く問題にしたことはない。
シンガポール4.54 %
マレーシア5.06 %
タイ13.36 %
インドネシア5.36 %
フィリピン13.52 %
ベトナム9.01 %

投稿: | 2008年11月24日 (月) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/43140369

この記事へのトラックバック一覧です: サヨク化したマスコミ:

« 映画 『赤ひげ』 | トップページ | 消音モード »