« 子供を叱ってなぜ悪い | トップページ | 巨人、リーグ優勝 »

深刻な雇用問題

高齢者雇用

昨年度の中間決算で、過去最高益を挙げた弊社でしたが、その後、中核層の社員が何人か去り、更に景気も悪くなり、今年は昨年度ほどの利益は見込まれない状況です。

そこで、つくづく思うのが、零細企業の雇用問題です。特に弊社のような 3K (汚い、きつい、給与がすくない) を絵にかいたような会社では、雇用問題は深刻です。有能な社員が辞めていき、新入社員が思うように集まりません。

まともな給与を払いたくても払えない。しかし、会社を存続させていくためには技の伝承が必要で、そのためには、均等な世代の社員が必要です。ところが、そのために必要な待遇を提供できない状況です。こうなったら、高齢者雇用を促進して、逆ピラミッド型の人口構造に即した会社組織を構築しなおさなければなりません。

そこで、昨日、駅近くのホテルで高齢者雇用促進の会合がありまして、それに出席してきました。そこで手渡された資料を見て、零細企業の将来は暗黒だと思いました。

Save0008 

(グラフをクリックしてみてください)

これを見ると、若年層の就労者が今後も減る傾向です。反面、高齢者の労働力が豊富であることが分かります。

そうしたことから、雇用促進事業団では、高齢者や障害者の雇用を促進して、労働者不足を補おうとしているわけです。今回の会合では、高齢者が仕事をしやすいように職場環境を変えた例が報告されました。

具体的には、高齢者が作業しやすいように、作業台の位置を高くしたり、小型クレーンやリフト、コンベアーを活用して、高齢者が現場で働きやすいように対応している例が示されていました。

こうした発表は大いに参考になります。

弊社も定年を 65才まで延長し、雇用の確保を維持しようとしています。

政府では、今後、一千万人の外国人労働者を受け入れる案を持っているようですが、そんなことをせずに、国内の労働資源を有効活用する方向で検討すべきだと思いました。

|

« 子供を叱ってなぜ悪い | トップページ | 巨人、リーグ優勝 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42748796

この記事へのトラックバック一覧です: 深刻な雇用問題:

« 子供を叱ってなぜ悪い | トップページ | 巨人、リーグ優勝 »