« キンモクセイ、香る | トップページ | 日本人3人にノーベル賞 »

買い時

安い時に買う

アメリカ発の金融不安で株が暴落しています。

亡父は、そうした安い株を買いあさって、景気が落ち着き、株価が上った時に売り抜けていました。

そうして買った株の会社が倒産したら元も子もありませんが、大銘柄ならまずは大丈夫でしょう。

日本の銀行とか証券会社も、投げ売りしているアメリカの会社を買い漁っています。またとないビジネス・チャンスですから。

おカネに余裕がある人には、大銘柄を安く手に入れる、またとないチャンスですね。

そうして、ますます富裕層が儲けて、格差が広がっていくわけですね。

・・・なんて記事を書きますと、眉唾に見えると思います。

楽して利益を得ようなんてことは、日本人の気質に合いませんからね。

しかし、こうした時期こそ、投資して支えることも必要です。投機ではなくて、あくまでも投資としてです。

また、日本の株市況が乱高下しても、比較的安心していられるのも、日本にはタンス株が多いからでしょう。

持ち株が下がれば、売らなければよいのですから。

それを紙くず同然だと思い込み、手放すから損をするのです。そうした株はタンスにしまい込み、株価が上ったら出せばよいのです。

そうすれば、恐慌なんて起こらないはずです。

しかし、そうした行為が出来るのは、気分的に余裕がないとなかなかできませんね。

やはり、株というのは、余剰金で投資するのが本来の姿なんでしょうね。

さらにもう一つ、指摘しておきたいところがあります。

それは、マスコミの煽り行動です。

ほとんどのマスコミは、金融市場が世界恐慌にたいする恐怖を描いている・・・などと報道しています。さらに、金融アナリストという‘専門家’が、具体的数値を提示して煽り立てています。

しかし、日本銀行や世界の動向を見ていますと、適切に対応しています。ちゃんと‘受け皿’を備えています。

ですから、世界中を不況に仕立てようとしているのは、マスコミではないでしょうか。

マスコミに煽られて、自分まで損をすることはないですからね。

【追加】

本日の NHK ニュースで、早速、金融不安が世界恐慌になるシナリオを説明していました。

つまり、現在、金融界では、信用不安による信用収縮が起こっていて、それが経済の動きを停滞させる切っ掛けになっているので、将来、恐慌が起こると予測しているわけです。

しかし、そんな報道の仕方は、まちがっていると思います。

信用不安の原因は、そうしたマスコミの報道に反応した結果ではないですか ?

小生は、マスコミが、いたずらに信用不安を巻き起こしていると思っています。

|

« キンモクセイ、香る | トップページ | 日本人3人にノーベル賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当にマスコミは何でも煽り過ぎ。

マスコミの発する上辺だけの大騒ぎに左右
されないで、きちんと自分で確かめる能力を
持たないと。

特に、株や他の投資物件は自分の財産
ですからねぇ~。。。

といって、ど~なるという資産を抱えている訳
ではないですけど・・・coldsweats01

私は金とかプラチナの価格をみるのが好き
なんですdollar
プラチナの激しい上がり下がり、毎回
    うゎ~~、ひぃぇ~~~
と叫んでいるだけですが、
本当にこういうの持ってる人は
    フフン!
と言って動じないんだろうなぁ。。。

投稿: sue | 2008年10月 7日 (火) 14時44分

sue さま、レアー・メタルの価格は上昇していますね。
ですから、そうした金属を回収する業者が増えているようです。
でも、それにしても、ちょっと上り過ぎですね。
ところで、上りすぎていた原油価格が下がりだしました。
しかし、ガソリン価格にはそんなに反映されていないようです。
そんな中、それに乗じた投資詐欺が相変わらず横行しているようですね。気をつけたいですね。

さて、金融関係者を中心に皆が「疑心暗鬼」になっているようです。
そうした心理の拡大が不況につながっていくようですから、それを刺激するような報道は控えてもらいたいですね。

とにかく、こうした投資というものは、他人には頼まず、自分ですることが肝心ですね。
・・・なんて言ってますが、あくまでも、お金があったらの話です。

投稿: あらま | 2008年10月 7日 (火) 18時57分

>世界中を不況に仕立てようとしているのは、マスコミではないでしょうか。

そんな感じですね
東証1万円切っても丸の内で騒ぎが起こっている気配はないです
平穏無事
マスゴミ困る??

投稿: 佐為 | 2008年10月 7日 (火) 21時41分

佐為さま、今のところ、地方でも今回のアメリカ発の金融不安で何かが起きているわけでもありません。
ただ、マスコミが騒ぐので、みな様子見になってしまっています。
それが怖いですね。
日本はバブルを経験していますので、アメリカのサブプライムローン関連の投資には慎重でしたので、そんなにも深刻な影響はなかったと思います。
損をしたのは、主にアメリカの投資家たちです。
もしくは日本のデイトレーダーの一部です。
ですから、日本は世界的に優位に立っているのです。
そうした部分は報道しないのですね。

投稿: あらま | 2008年10月 7日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42712504

この記事へのトラックバック一覧です: 買い時:

« キンモクセイ、香る | トップページ | 日本人3人にノーベル賞 »