« 福祉職場環境コーディネーター | トップページ | タンスの移動 »

麻生首相にはガッカリだ

アメリカのダブルスタンダード

アメリカによる北朝鮮のテロ支援国家指定解除によって、日本の拉致被害者問題が、一層、遠のいた感じがします。拉致被害者家族の落胆の様子が伝えられています。さっそく、渡米中の中川昭一財務兼金融担当大臣がブッシュ大統領やライス国務長官にその真意を質したようです。そして、「同盟国である日本と事前によく相談した上でやったのか」と不満を漏らしていました。

Photo ところが、麻生首相は、この件についてはアメリカの外交戦術として理解を示したようです。つまり、核計画申告の検証方法で譲歩を引き出すための一つの措置として認識を示したようです。

そして、「今後の交渉の過程で、十分に拉致の話は出来る。テコを失うなんてことは全くない」と強調していました。

つまり、これは、拉致問題についてはアメリカを頼らないで、自前で解決するという宣言として受け止めてよいのでしょうか。

その前に、同盟国という意味を、麻生首相は理解しているのでしょうか。同盟とは本来は対等な関係です。しかし、今でも敗戦国ということで、日本はアメリカに対して従属的な関係がつづいています。日本は、アメリカに対して最強のイエスマンです。

こんな情けない状況が続いているのは、日本が平和憲法だからです。つまり、日本は戦争を放棄しているので、他国が攻めてきても戦えないのです。そこで、国防をアメリカに頼っているわけです。その見返りとして、イエスマンを決め込んでいるわけですね。

そのアメリカは、北朝鮮の日本人拉致によって日本の主権が侵されていることは理解できると言いながら、結局、自国の国益を優先させてしまったわけです。アメリカとしては当然なことでしょうが、日本側から見れば、アメリカはダブルスタンダード(二枚舌)です。

アメリカが日本を同盟国というのなら、同盟国の主権が侵害されていることは、自国の主権が侵害されていることと同様なことです。拉致とはテロ行為ですから、北朝鮮がテロ支援国家であるというレッテルは外す理由なんてないはずです。

ところが、核問題を優先させて、アメリカは北朝鮮に大幅に譲歩したわけです。そのアメリカの行為に麻生首相は理解を示したということは、日本が自前で自国の主権は自国で守るという宣言をしたと同じ意味ではないですか ?

もし、この麻生首相の発言が、弱腰外交でないとするならば、麻生首相は、今日にでも北朝鮮に渡って、拉致被害者を連れ戻すべきです。

それにしてもアメリカという国は二枚舌ですね。先日も、ブッシュ大統領はインドの核開発に理解を示したというではないですか。

それでは、今までの核不拡散条約はどうなるのでしようか ?

パキスタンとの関係はどうなるのでしょうか ?

ブッシュ政権は、その最後にあたり、外交で大きな禍根を残すことになるのではないでしょうか。

|

« 福祉職場環境コーディネーター | トップページ | タンスの移動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ブッシュ馬鹿大統領の最後っ屁でしょうね。麻生は屁を嗅いで喜ぶ変体ですよ。

投稿: | 2008年10月13日 (月) 13時50分

名無し様、コメントをありがとうございます。
ブッシュさんは、最後の三ヶ月で外交の成果を挙げようとあせったのでしょうか。
それにしても、日本には独自の立場があるのですから、麻生首相には毅然とした態度を期待していただけにザンネンです。

投稿: あらま | 2008年10月13日 (月) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42770375

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相にはガッカリだ:

« 福祉職場環境コーディネーター | トップページ | タンスの移動 »