« セロハンテープでX線 | トップページ | オートマチック車 »

静岡空港 開港延期問題

立ち木だけではなかった

来年開港予定の静岡空港。その空港の西側にそびえる立ち木のために、航空機の離発着に必要なスペース基準に満たないとして、国土交通省の認可が下りないことが分かりましたね。そのために、滑走路を短くして運用する案が浮上し、約一億円の改修工事が必要になったという問題がありました。

干渉する立ち木を回避するために、2500メートルの滑走路を2200メートルに改修し、さらに電波誘導装置を外して運用することになり、その不便さが指摘されていました。

ところが、本日昼の FNN ニュースによりますと、今度は、立ち木だけでなく高度に影響する‘土地’もあるのだそうです。

これは、工事前の測量の仕方、工事の計画そのものに問題があったことを示し、静岡県の責任が問われそうです。

どうやら、問題が公表される以前に、県はわかっていたようですね。

お役人の仕事は、これだから・・・。みんな、県民の税金ですよ。

およそ1,600億円を費やして建設されている静岡空港。その返却の目途は立っているのでしょうか。

さらに、静岡空港が開港して運営するとなると、だいたい、毎年 約 6~10億円のマイナスが生ずることは、どの経済団体でも予想しています。

石川知事も、だいたい 5億円強のマイナスを見込んでいるというのですね。(2007年 2月 17日のNHK静岡のテレビ番組での発言)

そんな具合ですから、茨城空港と同様な悩みをかかえる静岡空港は、福島空港の二の舞になるのではないか・・・と懸念されています。

|

« セロハンテープでX線 | トップページ | オートマチック車 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
都合の悪いことは隠すんですね。やっぱり・・・。
もう開港のことしか頭にないから焦りがあるかもしれませんね。
もっとも開港してからはもっと焦ることになるのはわかっていますが。

投稿: まさたみ | 2008年10月23日 (木) 13時21分

まさたみ さま、コメントをありがとうございます。
突貫工事で形になったものの、計画そのものに問題があったとは・・・
いままで、空港の候補地選定・測量と、莫大な税金が使われてきました。

結局、航空自衛隊の滑走路になるのでしょうか・・・

投稿: あらま | 2008年10月23日 (木) 19時01分

自衛隊だっていまより基地が必要とは思えません
保有戦闘機を減らそうという時代ですから

投稿: 佐為 | 2008年10月23日 (木) 19時07分

佐為さま、毎度ありがとうございます。
静岡空港のすぐ傍に、自衛隊の静浜基地という航空基地があります。大井川町と焼津市を分断するような位置にあります。
来月から、その大井川町と焼津市とが合併します。
そこで、静浜基地が移転すれば、経済効果が大きいといわれております。

投稿: あらま | 2008年10月24日 (金) 07時37分

茨城は関東ですし、開港は静岡の後ですよ。

投稿: | 2008年10月24日 (金) 21時11分

ななしさま、ご指導をありがとうございました。
ご指摘の通りです。
ただ、福島空港があんな状態なのに、茨城空港が必要なのか・・・という意味で書きました。
書き方が悪かったですね。
さて、どのように書き直しましょうか・・・

投稿: あらま | 2008年10月24日 (金) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42878901

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港 開港延期問題:

» 静岡空港開港延期? [きもの処小春 店長日記]
<静岡空港>開港、最大4カ月延期…知事表明開港を楽しみにしていたので、やっぱり残念なものがありますこうなることってもっと早くからわかっていてもよさそうな問題なのになんでこんなことになっちゃったんでしょうね不思議でたまりません静岡空港って静岡駅からのアクセス... [続きを読む]

受信: 2008年10月29日 (水) 15時19分

« セロハンテープでX線 | トップページ | オートマチック車 »