« 父親に言うとき | トップページ | セロハンテープでX線 »

静岡空港 立ち木問題

完成延期か

来年 3月を目標に開港予定されている 静岡空港 に、問題があり、開港が遅れる可能性もあるそうです。

それは、予定滑走路の西側の 収用対象外の土地にそびえる 40~50本の木立があることです。

国土交通省の完成検査をクリアするためには、この木立が航空機の離発着の邪魔になり除去しなければなりません。

しかし、その木立の地権者は空港反対派なので、立ち木の撤去には応じていません。

その土地は収用対象外なので、行政代執行をすることも出来ません。

Save0008_5

(図をクリックしてください)

仕方がないので図のように、滑走路を短くして使うことが検討されているそうです。

このように滑走路を短縮して使うには、既に滑走路に設置されている灯火の移動などの工事が必要となり、完成予定日(11月1日)から遅れる可能性が出てきたのです。

このため、石川嘉延静岡県知事は、対応策を説明するため、全員協議会を 29日に開催することを決めたもようです。

大型赤字経営が予想される静岡空港開港までは、まだまだ紆余曲折がありそうです。

(イラストは『静岡新聞 』 2008年 10月 22日 朝刊)

|

« 父親に言うとき | トップページ | セロハンテープでX線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いやはや大変ですね

わが故郷の某空港も乗客が少なく風前のともしび

静岡空港よ
二の舞を踏むな・・・・

投稿: 佐為 | 2008年10月22日 (水) 19時24分

佐為さま、一体どうなるのでしょうか。
既に、三月開港ということで、準備が進んでいます。
もし、開港が延期となると、旅行会社、航空会社、施設会社、運送会社などに甚大な影響が出ます。
「ごめんなさい」では済まされません。
この立ち木の問題は、昨年あたりからクローズアップされていました。
開港直前までこの問題を放置してきた県の責任、重大です。

投稿: あらま | 2008年10月22日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42869897

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港 立ち木問題:

« 父親に言うとき | トップページ | セロハンテープでX線 »