« 買い時 | トップページ | 今度は、ノーベル化学賞 »

日本人3人にノーベル賞

物はなぜ重いか

昨夜、NHKのニュースを観ていたら、日本人物理学者 3氏にノーベール賞受賞が決定したと報道されました。その 3氏とは、アメリカ在住の 南部陽一郎さん (87)、そして共同研究の 益川敏英さん (68) と 小林誠さん (64) です。部門は素粒子物理学という学問なんだそうです。

Photo (写真、左から 益川氏、小林氏、南部氏・ヤフーニュースより)

日本人ノーベル賞は、あのサラリーマン受賞者の田中さん、スーパー・カミオカンデの小柴さん以来、6年ぶりの快挙なんだそうです。科学者さまたちのコメントによれば、この3氏の受章は当然なことで、むしろ遅すぎたぐらいなので、そんなに驚くものではない・・・と言っておりました。(小柴氏、江崎氏 談)

ところで、素粒子物理学とはどんなことを研究しているのかというと、小生のような素人に対しては「物はなぜ重いか ? 」という問題について研究していると答えているんだそうです。

そして、日本はその理論物理学を得意としている分野で、1949年の故 湯川秀樹さん、1965年の故 朝永振一郎さんに次ぐ受章ということで、日本が基礎物理のなかで独創的な伝統をきずいていることをあらためて証明されたことになるそうです。

まあ、簡単に言えば、ニュートンが、リンゴを落ちるのを見て「引力」を発見以来、われわれ人類は、特にメタボの小生にとりましては、数値的に体重に悩まされることになりました。

その悩みの理由を解き明かしてくれているのが、この一連の日本の科学者なんだそうです。

なぜ、物が重いのか・・・なんて、不思議に思うこと自体が、小生には不思議です。

とにかく、おめでとうございました。

|

« 買い時 | トップページ | 今度は、ノーベル化学賞 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

すごいです!
私が子供のころ、ノーベル賞といえば湯川博士だけ
悲しい思いでした
今の日本人は誇りを持っているでしょう
おお!私のウェブサイトはもう不要だ

投稿: 佐為 | 2008年10月 8日 (水) 23時08分

佐為さま、ほんとうにスゴイですね。物理学賞を日本人が独占してしまいました。
地道な基礎研究で、日本人が評価されたということは、日本人として誇りがもてますね。

佐為さまには、これからも一層、日本人に誇りをもってもらうために頑張っていただかなくてはなりません。

投稿: あらま | 2008年10月 9日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42721978

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人3人にノーベル賞:

« 買い時 | トップページ | 今度は、ノーベル化学賞 »