« 『あしたのニッポン』 2008年9月号 | トップページ | 金属ドロボー »

お墓の金属

鳥の巣

雷でもないのに、突然、停電することがあります。これは、カラスが電信柱に巣を作るからです。

最近のカラスの巣は、針金とか、梱包ロープなどを素材にしているので、それが電線に触れてショートするからです。

ところで、最近、こちらでは金属ドロボーが減ったようです。昨年は、ガードレール、送電線の鉄塔、お墓の 献花立て まで盗まれました。

ところが、中国のオリンピックが始まったら、ピタリと金属ドロボーがなくなりました。

・・・ということは、あの中国の鳥の巣は、日本にあった金属で出来ていたのでしょうか ?

あの鳥の巣の中に、拙宅のお墓のステンレスの 献花立て が混ざっているのでしょうか。

|

« 『あしたのニッポン』 2008年9月号 | トップページ | 金属ドロボー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えっcoldsweats02

お墓の献花立てまで無くなってしまってた
んですかsign01

ドロボーが誰かは分かりませんが・・・・
なんと罪深き事を。。。。。。。。。。。。。

投稿: sue | 2008年9月 1日 (月) 16時41分

sue さま、日本人の発想ではないですね。

投稿: あらま | 2008年9月 1日 (月) 17時07分

あ~~~、でも~~~、
分からないですよぉ、最近は。

父の菩提寺では御住職さんがお留守の時
ドロボーが入って奥様とお子さんを縛りあげて
お寺のお金を取っていったという事件が
あったのですが、犯人は日本人でしたから。。

本堂の所にあるお賽銭箱のお金まで
取っていったそうで・・・・

投稿: sue | 2008年9月 1日 (月) 17時55分

sue さま、昔の小噺で、「賽銭泥棒、捕まえてみたらとなりの宮司」なんてのがありましたね。
でも、日本人のドロボーは、情がありました。賽銭を盗んでも、自分のためだけに盗むわけではなかったようですよ。
こんなことを書けば、外国人差別と言う方もいるかもしれませんが、得てして残忍な犯行をする人は、日本人を語る外国人みたいです。
お隣の韓国人スリ団などは、スペインなどで捕まると「私は日本人」と言うそうです。
そうすると、罪が軽くなるそうです。

投稿: あらま | 2008年9月 1日 (月) 19時36分

へえー
最近は金属ドロボーが減ったのですか?

どうしてなんでしょうか?

わけを知りたいです

投稿: 佐為 | 2008年9月 1日 (月) 22時51分

佐為さま、こちら静岡では、以前は毎日のように金属ドロボーの記事が載りましたが、最近は、まったく報道されませんでした。
また、かつて金属ドロボーに遇った事業所も、最近は被害に遇っていないということで、金属ドロボーが下火になっていると思っていました。
ところが、産経新聞のキャッシュを見ましたら、都会を中心に、金属ドロボーが暗躍しているようですね。
そこで、次回、それを記事にしますので、ご覧ください。

投稿: あらま | 2008年9月 2日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42345944

この記事へのトラックバック一覧です: お墓の金属:

« 『あしたのニッポン』 2008年9月号 | トップページ | 金属ドロボー »