« ガソリン価格 | トップページ | 中国毒ギョーザ、再燃 »

ゲリラ雨

都市型、雨災害

突然の増水に流されてしまう事故が続いています。

数年前にも小生は、渓流釣りの時に 「鉄砲水」に遭遇して驚いたことがあります。

なんでも、森林の乱伐で、山の保水能力が小さくなったので、少しの雨でも、すぐに激流が発生するんだそうです。

前触れもなく、いきなり急な流れが発生するのですから、対処のしようがないですね。それ以来、小生は水辺の釣りには細心の注意を払っています。

さて、コンクリート・ジャングルと言われている都市でも、田舎の山と同様な現象がおきているようです。

つまり、都市の表面がコンクリートに覆われているので、ささいな雨でも、側溝に沿って集まり、結局、急流が出現するんだそうです。

ですから、ここでは少ししか雨が降っていないのに、隣では洪水が起きていることも珍しくないそうです。

それを防ぐために、東京都では、都市の真ん中の地下深くに、巨大な遊水槽を建設しているんだそうですね。

そういうわけで、保水能力が減退している日本で安全に暮らすためには、雨の日にはむやみに外に出ないことがいちばんでしょう。

そうは言っても、実生活をしているので、仕事をしたり家事の用事で、外出しなければならないことがあります。

農業の人は、雨が降れば、農業用水の水位を保つために水門を調節しなければなりません。

漁業の人は、台風が来れば、係留している船を、固定しなければなりません。

そんなわけで、雨が降れば、外に出て作業しなければならない場合があります。

そういうときには、イザというときのために、予め心構えを作っておく必要があると思います。

そのひとつが、車に乗っているときの、突然の増水。

よく、ゲリラ雨などで、地下道に水没している車を見かけます。

車は、水没してしまうと、オーバーフォールに多大なお金がかかります。

さらに、最近の車は、パワー・ウインドウなので、窓を閉めたままでいると、水圧で車に閉じ込められてしまいます。

その点、小生の車は、ハンドルを手で回して窓を開閉する手動式です。水没したら、手で窓を開けて車から脱出できます。

パワー・ウインドーの車の場合、水に浸かってしまうと、電気が使えなくなり、窓の開閉が出来なくなることがあります。

そうならないために、水が出たら、車内に雨が吹き込んでも仕方がないですが、はやめに窓を全開にして、脱出に備えるべきでしょう。

|

« ガソリン価格 | トップページ | 中国毒ギョーザ、再燃 »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

便利の対極にこれまで考えもしなかった事態
が潜んでいる事が多いですねぇ。

心の準備のしようがナイうちに事故が起こって
しまって、それを教訓として学んでいく訳です・・
・・が・・
文明の発展に自然と人の意識が追いついて
いかない感じ。
かといって全面的に昔の生活は
   私には無理
のような気もしてます。

投稿: sue | 2008年8月 6日 (水) 20時29分

おっしゃるとおりですね
地下鉄などに乗っていると何事か起きれば鉄の棺桶と同じで手も足も出ません
そういえばサリン事件以降は地下鉄も窓が開くようになったとか

投稿: 佐為 | 2008年8月 6日 (水) 21時13分

sue さま、コメントをありがとうございます。
突然、川に流される。突然、暴漢に襲われる・・・。
心の準備をする間もなく、命を落とす事件・事故が続いていますね。
でも、ブログをやっていると、突然、sue さまとお友達になれたり、よい情報を聞けたり、励まされたり・・・。
こんな具合に、文明にも、たくさんのよい点がありますね。

投稿: あらま | 2008年8月 6日 (水) 22時23分

佐為さま、都会には「地下鉄」が走っているんですね。
小生の住む静岡の地下で走っているのは、もぐら ぐらいです。
ところで、密閉された空間は怖いですね。
先日も、停電でエレベーターが停止した事故がありましたね。
小生は、美女となら、エレベーターに取り残されてもいいなぁ・・・と、不謹慎なことを考えたことがありました。
でも、実際に閉じ込められてしまうと、トイレにも行けず、空気は悪くなり、最悪な環境になるんだそうですね。
ですから、小生は、なるべく階段を使うようにしています。
なにしろ、静岡には 10階を越える高層建築物なんて、県庁のほかに、2つか3つぐらいしかないですから・・・。

投稿: あらま | 2008年8月 6日 (水) 22時31分

雨がこんなに怖いものとは今まで思いませんでした。
うちの妹はもうちょい若い頃、台風になると面白がって海を見に行っていましたが(車で)
今思うと、とても恐ろしいことですね。

投稿: まさゆまま | 2008年8月 6日 (水) 23時40分

まさゆまま さま、沖縄の美しい海も、台風になると牙をむくようですね。
沖縄は、台風街道のセンターラインですので、大変ですね。
屋根の瓦が印象的だったことを覚えています。

投稿: あらま | 2008年8月 7日 (木) 00時11分

 はじめまして。検索中に「鍛冶屋さん?」のブログに目が止まりました。気紛れですが、仲間に入れていただければ誠に幸甚です。宜しくお願い致します。表現が硬いので、少し崩しますが・・・。
◆【鍛冶屋様】
 現在もマイカーの窓が手動式とは、本当に希少価値です。推測するに、クルマがお好きな人ですか?因みに私もクルマ(とくに欧州乗用車)は大好きです。手動式のお車は今後も愛し続けてください。
◆【sue様】
 「地下鉄サリン事件」が勃発した当時、私は在京しており、電車の乗車時刻が少し遅ければこの世にいなかったかも・・・。地下鉄の窓は従前から現在も開けることは可能です。とにかく、路線によっては殺人的ラッシュとなるのは日常茶飯事ですから、冬季でも車内が暑くて窓を開けるサラリーマンはいます。
◆【あらま様】
 静岡県下には地下鉄はありませんか?地下鉄が走っている地方都市で「地下道」が存在しても、それは「通路」に過ぎないという現実もあります。つまり、渡りローカと同様で、単なる「地下通路」です。大都市の地下道は両脇に店舗が並び、地上より華やかな「地下街」、即ち、“地下タウン”と言っても過言ではありません。「地下街マップ」が存在するくらいですから、地方からの観光客は、大人でも迷子になります。従って、とくに雨天等、天候の悪い日は、街の人々は地下街を歩くので、地上を歩く人の数は少なくなります。むしろ、地方都市を訪問したときに、私は地上を多くの人々が歩いているのを見て驚いたくらいです。驚いたのは、今から25年前の話です。事前にお断りしますが、地方を軽視している訳では毛頭ありませんので、誤解しないでくださいネ。ということで、私はそんな「地下街」と共に生活して大人になりました。これからも宜しくお願いします。
とりあえず、結。またお会いできる日まで・・・。

投稿: ビジネスブロガー | 2009年3月19日 (木) 11時42分

ビジネスブロガー さま、いらっしやいませ。
まず、「鍛冶屋」と「あらま」は同一人物です。
ヤシャカばかり作っているヘボ鍛冶屋です。
もちろん文才なんてありませんが、恥を省みず発信しております。
今後も、ご指導をよろしくお願いします。

投稿: あらま | 2009年3月19日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42080529

この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ雨:

« ガソリン価格 | トップページ | 中国毒ギョーザ、再燃 »