« 隠し玉 | トップページ | 怒っている、笑っている »

北京五輪を終えて

加速する中国脅威論

8月 8日から 17日間に及ぶ「中国の中国による、中国の国威のための統制オリンピック」が、昨日‘無事’に閉幕しました。

そこで、『静岡新聞』を拾い読みして、今回のオリンピックを総括して見ましょう。

まず、気になったのが「われわれは徹底した統制五輪で“二つの世界”をつくった」という中国の警備チームのある担当者の言葉です。その二つの世界をキーワードにしてみました。

一つ目の世界は、オリンピック会場とその周辺です。

中国は、このオリンピックために近代的施設を用意し、さらに、人民解放軍による 3万 4千人の兵士に加え、ボランティアを含めて 150万人の警備員を敷いたそうです。しかも、競技場周辺には、地対空ミサイルまで配備。これは、まさに 戦時体制 でした。

しかも、官製応援団 20万人を結成して、各競技場に‘配備’。雰囲気までも、完全統制しました。

そして、報道についても統制をし、ジャーナリストに対しても厳しく制限しました。また、観光客に対しても、中国では非合法とされる気功集団、法輪功の海外メンバーや日本の右翼団体にも目を光らせていたと言います。

こうして、多くの応援のための観光客が行動を制限され、さらに、拘束されたり海外退去させられました。

このように、開催については全て中国が仕切り、IOC が口を挟むことを制限したようです。

二つ目の世界は、オリンピック周辺の外です。一歩、郊外に出れは、そこは貧民地域です。

辺境のウイグル自治区チベット自治区では、テロ対策を理由に、弾圧が続けられ、多くの人が殺されたようです。また、各地で起きた暴動も完全制圧。そうした報道は公式には伝えられず、篤志家による海外メディアが伝えていました。

そこで、次回、2012年のイギリス、ロンドン大会では、「平和回帰」を掲げ、主役は『国家』から『すべての人』へと、本来の五輪の回復に努めるそうです。

とにかく、選手たちが無事に帰国できたことは、たいへん喜ばしいことです。

しかし、九月にはパラリンピックが控えています。緊張は、まだ続きそうです。

|

« 隠し玉 | トップページ | 怒っている、笑っている »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そんなことがあったんですか・・・coldsweats02
このオリンピックで
「世界が中国を知り、中国が世界を知った」とありましたが、報道だけだとまだまだ中国のこと知らないということですね。
世界を知った中国の方もほんの一握り・・・都会の人だけ?sweat02
パラリンピック、無事に開催されるといいけど・・・。

投稿: まさゆまま | 2008年8月26日 (火) 02時12分

まさゆまま さま、ありがとうございます。
四川大震災の時、中国は一時、報道規制を解いたことがありました。
その感覚でオリンピックに臨んだところ、大きな間違いだったようです。
多くのアメリカ人観光客が長期にわたって拘束されていたことが明らかになり、さらに、報道関係者が公安当局ともみ合いになり、怪我をしたり器物が壊された事件が 50件以上も確認されているようです。
一番ひどいのか、テロ対策を理由に、辺境区域の他民族弾圧が加速したことです。
ウイグル自治区とか、チベット自治区とか・・・
平和の祭典の裏には、悪魔の殺戮が繰り返されていたのです。
恐ろしいですね。

投稿: あらま | 2008年8月26日 (火) 09時22分

うーん、よきにつれあしきにつれ中国オリンピックは価値があったというわけか

チベットをなんとかせねば
私の知り合いは西域をなんとかせねばと毎年ボランティアにいってます

投稿: 佐為 | 2008年8月26日 (火) 19時01分

佐為さま、遂に、地上の1/5が中国人といいます。
一人っ子政策だけでは人口増加に歯止めがつかず、辺境民族から大量殺戮を繰り返して、人口統制を図っているのでしょうか。
それにしても、まったくヒドイ話です。

投稿: あらま | 2008年8月26日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42268577

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪を終えて:

» 北京五輪閉幕によせて [日比野庵 本館]
北京五輪が閉幕した。日本から見ている限り、普通に行われたように見える大会だった。懸念されていた大気汚染も、男子マラソンで大気汚染による不調を訴える選手もなく、金メダルのワンジル選手は五輪新記録で優勝したほどだから、心配されたほどではなかったようだ。... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 00時09分

« 隠し玉 | トップページ | 怒っている、笑っている »