« 夏祭り、盛況 | トップページ | ガソリン価格 »

ラジオ体操、第3

60年ぶりに発見

この夏休み、子供たちは朝になると眠い目を擦りながら、ラジオ体操会場に走っていきます。

そのラジオ体操のテーマソングは、まるで戦前の軍隊マーチみたいですが、今年は、ラジオ体操 80周年ということで、各地で記念イベントが繰り広げられています。

小生も、子供が小さい頃、ラジオ体操指導員の講習を受けたことがあります。

このラジオ体操は、簡単なようですか、一生懸命まじめにやると、結構な運動になります。

ところで、こんな話題が飛び込んできました。

 終戦直後の1946年から1年4カ月間だけ放送された「ラジオ体操第3」の伴奏レコードが約60年ぶりに逓信総合博物館(東京)で見つかった。「第3」は放送したNHKにも現存せず「幻のレコード」といわれる希少なもの。市民からの寄贈品だが、レコードジャケットにはその表記がなく、同博物館は長年気付かずにいた。

■市民の寄贈品

 ラジオ体操は28年に旧逓信省簡易保険局(現かんぽ生命)が国民保険体操として制定、NHKがラジオ放送を始めた。二度改定され、51年に始まった現在のラジオ体操第1、第2は3代目。

 今回レコードが見つかったラジオ体操「第3」は、終戦直後の46年4月にできた2代目ラジオ体操の一つ。戦前の初代ラジオ体操は「軍国主義的」として連合国軍総司令部(GHQ)に中止させられたため、女性が振り付けしたり、伴奏をワルツ調にしたりして舞踊的な体操とし復活させた。だが、戦後の混乱期で体操どころではない国民が多く、振りも複雑で、定着せず、47年8月に放送が打ち切られた。

 同博物館によると「第3」のレコードは、10年ほど前に東北地方の郵便局を通じて届いた市民からの寄贈品の一つ。SPレコードで「第3」と、クラシック曲が録音されている。中央のラベルには「第3」の表記があるが、ジャケットはラジオ体操とは無関係の江利チエミ(52年デビュー)とペギー葉山(同)の写真。最近になって博物館職員が中身に気付いた。

 同博物館学芸員の井上卓朗さん(53)は「短命だったが、この体操がなければ今のラジオ体操は生まれていない。戦後の混乱期にラジオ体操を守ろうとした人がいた証し」と話す。レコードは同博物館で9日から開かれる「ラジオ体操80周年記念展」で展示される。

 (西日本新聞、東京報道部・前田徹 8月3日 朝刊)

ぜひ、その体操をしてみたいものです。

|

« 夏祭り、盛況 | トップページ | ガソリン価格 »

話題」カテゴリの記事

コメント

テーマソングって、新しい朝が来たー希望の朝だー!の事でしょうか?懐かしい・・・覚えているもんですね。
東京では学校でもラジオ体操しないのでうちの子供たちはラジオ体操知りませんでした。
沖縄に来て初めて知ったんですよ。
第3まであったんですね。どんな体操なんでしょうかね。

投稿: まさゆまま | 2008年8月 4日 (月) 02時58分

ラジオ体操って欠勤しないと夏休みの終わりにキャラメルとかもらえましたね
昭和30年頃は貴重品で楽しみで風をひいてもかけつけたものです
今の子供はどうなんでしょうか?

投稿: 佐為 | 2008年8月 4日 (月) 19時58分

まさゆまま さま、ありがとうございます。
子供のころは、前屈しても、指先が地面につきましたが、今では、お腹のお肉が邪魔をして、頑張っても届きません。
この夏の目標は、「地面につく」で頑張りたいと思います。

投稿: あらま | 2008年8月 4日 (月) 22時10分

佐為さま、小生の時代は、カードにハンコを打ってもらって、最終日に、その数の多さで景品が違いました。一番多い人が、おまけつきのグリコのキャラメル。次が、おまけのない明治のキャラメル。その次が、大きなものが2ヶしか入っていないサイコロ・キャラメル。
それが「宝物」の時代でした。

投稿: あらま | 2008年8月 4日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42050718

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ体操、第3:

« 夏祭り、盛況 | トップページ | ガソリン価格 »