« おむつのファッション・ショー | トップページ | 集中豪雨 »

とうがん

長期保存野菜

小生の住んでいる静岡の畠では、とうがん がゴロゴロと転がっているのが見受けられます。

無愛想な形をしている野菜ですが、冬瓜(トウガン)と書くように、冬まで保存できる野菜です。Photo

味噌汁の具や、あんかけにしても美味しい野菜で、夏の京料理には欠かせない食材です。しかし、大きいので、少人数の家庭では持て余してしまいます。

その とうがん は、何もしなくても、自然に生えて、畠でゴロゴロしています。

見栄えの良いものは出荷されるようですが、無愛想なものは、無人販売の横に放置されます。(横に放置したものは、ご自由にどうぞ・・・という意味です )

ところが、無人販売の横に放置してあっても、だれも拾っていく人はいません。その放置された とうがん は、トゲのような毛が表面についたままだからでしょうか。

ところが、その無人販売の近くのスーパーでは、この とうがん が切り売りされています。表面は磨かれ奇麗に光っています。それなら売れるようです。

うろこがついた丸さかな では売れませんが、それを切り身にすれば売れる。それと同じ感覚なんでしょうか。

小生は、ありがたくタダの とうがん を戴いて、あんかけにして食べました。

(写真は、miyake さまのホームページより借用しました)

|

« おむつのファッション・ショー | トップページ | 集中豪雨 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

見栄えより中身なのになぁ。
もったいなぁ~~~い。

投稿: sue | 2008年8月29日 (金) 18時44分

sue さま、ホント、もったいないですね。
とうがんは、長期保存できるのですから。

投稿: あらま | 2008年8月29日 (金) 18時53分

うちのほうでは「しぶい」といいますheart
「渋い」ではありませんdash
切ったら最後!早く使わないといけませんよねsweat01
シーチキンを入れて煮てもおいしいですhappy02

投稿: まさゆまま | 2008年8月30日 (土) 01時32分

まさゆまま さま、沖縄地方には、独特な とうがん があるとは聞いていましたが、それを「しぶい」というのですね。
小生も、シーチキンで、煮て食べたことがありますが、おいしいですね。

投稿: あらま | 2008年8月30日 (土) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42312480

この記事へのトラックバック一覧です: とうがん:

« おむつのファッション・ショー | トップページ | 集中豪雨 »