« 介護予備軍 | トップページ | あぢぃ~い ! ! »

ガイアの夜明け SP

日本は資源大国なのに

今晩の BSジャパンの番組『ガイアの夜明け』は、日本のリサイクルゴミが資源として中国に渡っている姿を映し出していました。

これは、今年春に放送された NHKの『クローズアップ現代 (No 2565)』の内容と全く同じでした。

つまり、日本で棄てられているペットボトルとか古紙が、資源として大量に中国に渡って加工されてあらたな製品として輸出されている様子を映像で示していました。

この他、この番組では紹介されていませんが、日本の廃棄された金属とか、ブラウン管テレビとか冷蔵庫、エアコンなど大型廃棄物などは、実は、中国に大量に渡っています。

放置された自転車、バイク、そして傘までもが優良で格安な資源として、海外に渡っていることは新聞でも指摘していました。

日本では捨てる時にカネが掛かるパソコン、自動車も、ベトナムなどでは優良な資源として再利用されていることは、他の番組でも放送されていました。

どうして日本では、リサイクル業が成り立たないかというと、リサイクルするのに経費や工賃が高いからです。

中国では、人海戦術でゴミの分別が出来ます。

そんなわけで、日本のゴミは、海外の目から見れば資源ということのようです。

今日も、中国人が、小生の住んでいる静岡の道路に落ちているペットボトルを拾っていました。

われわれ日本人は、それを資源ゴミとして分別して棄てることは知っていますが、日本の街で資源を拾う中国人は、それをカネに変える術を知っています。

その違いは何でしょうか ?

|

« 介護予備軍 | トップページ | あぢぃ~い ! ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いやはや
私の子供の頃の現金稼ぎといえば、路上の金属くずを拾って釜屋に売ることでした
当時はペットボトルも飲料缶もなかったのが残念です

これからどうなるのでしょうか?

投稿: 佐為 | 2008年7月11日 (金) 22時34分

佐為さま、ありがとうございます。
小生も、「佐賀のガバイばあちゃん」のように、腰から磁石を流して、鉄くずでも集めて、中国に買ってもらいましょうか ?
なにしろ、中国のほうが高く売れるそうです。
でも、そんなことをしたら、「国賊」ですね。
リサイクル法が事実上破綻している今、日本も真剣にリサイクルが成立する制度を設けなければならないと思いました。

投稿: あらま | 2008年7月11日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41806257

この記事へのトラックバック一覧です: ガイアの夜明け SP:

« 介護予備軍 | トップページ | あぢぃ~い ! ! »