« 右側通行 | トップページ | 静脈瘤 »

教員採用試験

静岡県は「不正なし」 ?

今朝の『静岡新聞』の第一面は、最近話題の 教員採用試験 についてでした。

その新聞の記事によれば、教員採用試験の合否を、地元議員に個別に連絡していたのは、全国で 3/4にものぼり、教員登用について不正があったことを臭わせています。

静岡県の各教育委員会も独自に調査した結果、議員に事前に合否を連絡していたことがあるものの、不正はなかった・・・と、報告をしているんだそうです。

それについて、地元の民放、静岡放送では、各番組のコメンテーターと呼ばれる人たちが一斉に反発。「静岡県でも、教師の採用試験に不正はあるはずだ ! 」と断言していました。

さらに、「独自の調査では本当のことを報告するはずがないので、第三者機関で徹底的に調査をすべきだ ! !」 ・・・とも言っておりました。

実は、小生の子供の中学時代の教師も、正規の「教諭」ではなくて、教員を目指す講師でした。その人が、何回も教員採用試験を受験するのですが、落ちるのだそうです。

しかし、生徒の評判を聞くと、「教諭 よりも 講師 のほうが教え方がうまい」と言うのです。小生の子供たちも、その講師のほうが好きなようでした。

その人は、教諭ではないのでバレーボール部の顧問になれず、コーチとして長年活躍していました。

ある日、その人と個人的に飲んだ時に、「どうしても教員試験に合格しない。ある先輩は口利きを紹介してくれたが、生徒の顔が浮かぶと そんなことまでして 合格したくはない。」と言っていたのか印象的でした。

その先生がいうには、「教諭になりたければ、部活のコーチとして頑張りなさい」と言われて部活のコーチをしている講師がたくさんいるというのです。

そんな事情があるようですよ。

そういうわけで、そのバレーボール部のコーチは、今年は教員採用試験に合格するでしょう。

ところで、最近の生徒は、平気で 「先生は先生になるために いくら払ったの ? 」と聞くそうですね。

|

« 右側通行 | トップページ | 静脈瘤 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はらわたが煮えくりかえる事件でした
一罰百戒
これを契機に、以降おかしな人事が行われなくなることを期待するだけです

私の知り合いにも先生になれずに半端仕事をして毎年試験を受けていた人がいます。
その人の親は校長先生でした。
きっと清廉潔白であったのか?あるいは組合と関係が悪かったのでしょうか?

そういう人たちが減ることを祈ります。

投稿: 佐為 | 2008年7月30日 (水) 20時37分

佐為さま、公務員人事なんて、カネとコネ。
これ、日本の常識なんだそうですね。
それにしても、日教祖の人事権は、甚大なものがあるんだそうですね。
その辺りも調査して貰いたいものです。

投稿: あらま | 2008年7月30日 (水) 20時51分

ママ友とその話をしていましたが
沖縄でもあるよねー絶対って。
塾の先生のほうが教え方がうまいって、こういう流れよね・・・などと話しておりました・・。
あると思います。(吟じます・・・)←知ってますかこれっ!

投稿: まさゆまま | 2008年7月31日 (木) 00時31分

まさゆまま さま、トンデモ先生がいるのは、不合格でもカネを積めば合格できるからなんですね。それで合点がいきました。
熱血先生が塾の講師に多いのは、教育に純粋なんだからでしょうか。

ところで「吟じます・・・」って、天津木村さんのことですか ?

投稿: あらま | 2008年7月31日 (木) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/42010771

この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用試験:

« 右側通行 | トップページ | 静脈瘤 »