« 市民ラベル | トップページ | 全国一斉休漁 »

ドラマ 『CHANGE - FINAL』

キムタク首相が衆院解散宣言

人気ドラマ 『CHANGE』の最終回ということで、小生も途中からですが チラリと観ました。

Photo ちょうど、キムタク首相が国民に向けて、首相官邸から直接テレビ演説し、その中で「衆院解散」をする件のところでありました。

恐らく 20分以上の長い台詞を、キムタクさんは熱演していました。結局、首相の伝家の宝刀である 衆院の解散権を抜いたわけですが、もし、現実に、今、衆院が解散すれば、自民党は惨敗し、民主党が衆参両院の第一党、つまり与党になるでしょう。

小生は自民党の支持者でありますが、今の自民党のテイタラクでは、まぁ、それもいいかもしれませんね。

日本の固有の領土である「竹島」を、当たり前に教科書に載せることに、他国に配慮してトーンダウンするような首相や党なら、政権を担当する価値はないでしよう。

しかし、さらに媚中・媚韓外交をしている小沢民主党は、とても日本の外交は任せられません。

さて、このドラマの題名の『CHANGE』は、アメリカ大統領選で活躍している民主党のオバマ氏のキャッチフレーズですね。

このように、何かを変えようという動きは、政治の世界では常識的ですね。

政治家を変える前に、国民が変わろうということを、このドラマでは示していると思います。

結局は、そんな政治家を選んだ国民が悪いのです。あるいは、政治に関心を持たない国民が悪いのです。

そうした意味では、面白いドラマでした。

でも、そうして、政治家を変えたとしても、官僚を変えなければ、単なるクビの挿(す)げ替えで終ってしまうでしょう。

やっぱり、本当に『CHANGE』するためには、憲法を改正して、官僚制度を根本的に変えなければ、この国は『CHANGE』しないでしょう。

|

« 市民ラベル | トップページ | 全国一斉休漁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
私はこのドラマ,ちょっと穿った見方で見ていました。
あれだけの俳優を揃えて,トヨタが強力にバックアップしてましたから,トヨタはかなりの巨額のカネを注ぎ込んでいるはずです。

ですから,このドラマをトヨタは一体どういう方向に持って行きたいのか,興味を持って見ていました。

しかし,一部,自民,民主の大連合を肯定するような部分があっただけで,概ね,自民党政治を批判するような内容で終わってしまいました。

トヨタの意図はどこにあったのか,それとも意図が反映されなかったのか,非常に不可解です。

投稿: WontBeLong | 2008年7月14日 (月) 23時51分

WontBeLong さま、コメントをありがとうございました。
トヨタは単なるスポンサーだと思っていましたが、ドラマの内容に力を入れていたとは知りませんでした。

既に、与野党ともに解散・総選挙の準備が出来ていますし、国民もそれを望んでいると思います。
とにかく、原油や食料品の値上げ対策は、焦眉の急だと思います。
それをしなない福田内閣には、退陣してもらわなければならないと思います。

投稿: あらま | 2008年7月15日 (火) 01時26分

>日本の固有の領土である「竹島」を、当たり前に教科書に載せることに、他国に配慮してトーンダウンするような首相や党なら、政権を担当する価値はないでしよう。

でも民主が政権を取ったら、竹島も尖閣もみーんな特定アジアに差し上げるでしょうね
それが大問題です

投稿: 佐為 | 2008年7月15日 (火) 05時55分

佐為さま、日本には、日本の主権を守ろうとする党や政治家はいないのでしょうか・・・。。。
小泉さんに再登板を期待してしまうのですが、彼は「絶対」再登板しない、と言い切っていますしね。

投稿: あらま | 2008年7月15日 (火) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41837055

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ 『CHANGE - FINAL』 :

» CHANGE 最終話「さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ22分間の全国生中継」あらすじ [テレビドラマレビューブログ:ドラマニア]
CHANGE  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! ついに倒れてしまった朝倉啓太内閣総理大臣(木村拓哉)。それも、キャベツ農家の復旧を... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 19時58分

« 市民ラベル | トップページ | 全国一斉休漁 »