« 英語ペラペラ - 2 | トップページ | 日伯記念硬貨 »

‘おから’から燃料

残渣からバイオ燃料

食品の残渣(ざんさ)を利用した研究が盛んです。

例えば、カニの殻からコラーゲンを抽出している焼津水産化学工業

余った魚の部位から、醤油を作っている焼津水産高校

今度は、豆腐の絞り粕である‘おから’からエタノールを作る施設の試運転が、本日から開始されるそうです。

今朝の『静岡新聞』によりますと、この事業はおからの乾燥販売の静岡油化工業静岡県工業技術研究所サッポロビールが共同研究し、静岡大学などが支援して昨年度から取り組んできたものなんだそうです。

穀物からバイオ燃料をつくることは、食料価格の高騰をもたらすものとして批判が高まっています。

そんななか、食物でも使われない部分を有効的に利用しようとする研究が脚光を浴びています。

ただ、最近、‘おから’を利用した料理が美味しくてヘルシーであることを知り、はたして‘おから’が残渣であるかどうかは大いに疑問です。

|

« 英語ペラペラ - 2 | トップページ | 日伯記念硬貨 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

お友達のお豆腐屋さん、おからをずっとすてていたそうです!
正確には養豚場に餌としてあげていたそうで。
最近、若いお客さんに「おからはないの?」と言われていたそうで。
捨てるなんてもったいない!!おからも売って!とお願いしました
週に一度、近くまで来るので、これからは毎週、おからを持ってきてもらうことになってますhappy01
おからのレシピも調べましたしnote

投稿: まさゆまま | 2008年6月19日 (木) 00時34分

まさゆまま さま、「おから」は貴重な食材ですね。
日本酒を造った酒粕も、立派な甘酒の材料です。

しかし、考えて見ますと、こうした残渣でつくるバイオエタノールとは、つまり、お酒ですよね。
燃料にするなんてもつたいない ! ?

あれ?、違ったかな coldsweats01

投稿: あらま | 2008年6月19日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41567944

この記事へのトラックバック一覧です: ‘おから’から燃料:

« 英語ペラペラ - 2 | トップページ | 日伯記念硬貨 »