« 日伯記念硬貨 | トップページ | WIN 98の終焉 »

夕焼けはなぜ赤い

光の拡散ではない

赤い夕焼けは美しい。隣に美人がいれば、尚、格別である・・・。

・・・なんて、よからぬ妄想にふける小生ですが、なぜ夕焼けが赤いのか、その理由がわからなくなりました。

ところで、弊社に出向に来ていたドイツ人が帰ることになりました。そのドイツという国が頑固者の集まりなのか、たまたま彼が頑固者なのかわかりませんが、彼とは常に意見が衝突しました。

最後は、まるで‘あまのじゃく’のように、屁理屈を並べてまでも相手の意見に反対する仲になったのですが、「夕焼け論争」も平行線で終わりました。

夕焼けがなぜ赤いか ?

小生は、昼間と夕方とくらべて、太陽光が地球の大気を通る距離が違うから夕日が赤く見えるのだと思っていました。つまり、昼間と比べ長い大気の距離を通る夕方は、青などの短い波長の光が大気中の細かい浮遊物質に当たって拡散され、波長の長い赤い光だけが残るので夕日が赤く見えるものだと思っていました。

ところが、ドイツ人の彼は、光の屈折率の違いだと主張します。つまり、夕方と昼間では、太陽光の大気に対する進入角度か違うから、夕日は赤く見えるというのです。つまり、夕方の光は、プリズムのように大気によって分光されるというのです。さらに、地球の引力で、赤い光が引き寄せられるので、余計に地平線付近に見える太陽は赤いというのです。

はたして、光を分光させるほどの境界が、大気に存在するのかわかりませんが、ドイツ人の彼は、自信をもってそう答えています。

そういえば、今度オリンピックが行われる北京の大気汚染が話題になっています。北京の空が大気汚染で、向こう側のビルが見えないほどになっても、昼間の北京の太陽は赤くなりません。汚染物質の黄色で空が染まるだけです。

そう考えると、大気のチリに当たって波長の短い光ほど拡散するという理屈は、夕焼けの赤には当てはまらないかもしれない・・・。

ちょいと、弱気になった あらま でした。

同じ赤い夕焼けを見ても、対立したまま平行線で終わった仲でした。

その後、家内に、夕焼けがなぜ赤いのか尋ねてみました。

そうしたら、「今日一日、最後まで、がんばって燃えたので、赤くなったのよ」と、意味不明な答え。

おいおい、まさか、子どもたちにそうして教えたんじゃないだろうね ! ?

|

« 日伯記念硬貨 | トップページ | WIN 98の終焉 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

私も奥様と同じことを言いそうです。(笑)coldsweats01
だってなんで夕焼けが赤いかなんて難しいことはわからないもん。sweat01
夕焼けが赤くて明日は晴れるな~♪と喜んでいる
単純な性格です。bleah

記念硬貨、私が勤める銀行でも昨日から交換が始まりました。
今日も何人か交換に来ていました。
男性が多かったけど、こういうものが好きなようですね~。happy01

投稿: にこりん | 2008年6月20日 (金) 00時36分

二人だけで通じてる英語で(?)難しい話までしていたんですねshine
これを英語で語り合っているというのは、やはりかなりぺらぺらではないかと思うのですがcoldsweats02
私は奥様の答えで十分でーすheartwink

投稿: まさゆまま | 2008年6月20日 (金) 00時44分

にこりんさま、コメントをありがとうございます。
映画『Always 三丁目の夕日』のように、美しいものは、素直に美しいとだけ感じれば、それで十分なのかもしれませんね。
ところが、得てして男という生き物は、洋の東西を問わず、理屈っぽいものですね。納得しないと気がすまないようです。

投稿: あらま | 2008年6月20日 (金) 05時35分

まさゆまま さま、ありがとうございます。
言葉も文化も違う異国の地で生活するということは、大変なことだと思います。
ましてや、日本人は外国人との会話を躊躇する傾向があります。
ですから、ドイツ人の彼は寂しかったと思い、小生は積極的に彼に話しかけました。
彼は、「日本人は学校で英語を習っているのに、それを利用しようとしないことが不思議だ。」と言っておりました。
生意気な彼でしたが、いなくなると思うと、ちと、寂しいですね。

投稿: あらま | 2008年6月20日 (金) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41577354

この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けはなぜ赤い:

« 日伯記念硬貨 | トップページ | WIN 98の終焉 »