« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

公民館のパソコン

快適な環境 ?

小生のパソコンの調子が悪いので、近所の公民館から送っています。

実は、本日、近くでパソコンショップ゚の開店記念セールがあり、新品のメーカー品のノートパソコンが 4万円で売り出されていました。スペックも、まずまずのものです。

ところが、寝坊して、先着 30名様・・・には届きませんでした。

仕方がないので、本日もこうして、公民館のキーボードを叩いているわけです。

しかし、本日のような土曜日は、高校生の受験生らしき学生が近くにいるので、いつまでもここを陣取っているわけにもいきません。

また、ご近所ですので、知り合いが覗いてきます・・・。

・・・そんなわけで、本日は、これまで・・・。また、次回に・・・。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つながりにくい状況です

すこし、失礼をしています

最近、小生のパソコン(自宅・会社、両方とも)から、一部のブログにつながりにくい状況が続いています。

自分のこのブログにも新規投稿しにくい状況が続いています。

拙宅や会社の I E (インターネット・イクスプロ-ラー)の形式が古いのか、ハブとかルーターに原因があるのか、調べています。

実は、この投稿は、近所の公民館のパソコンから投稿しています。

そんなわけで、失礼する事があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

【追加】

それを聞いた業者が、ADSL から 光 に乗り換えろといいます。そんなところに原因があるのでしょうか ? ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

汗っかき

錆止め

梅雨空が続いています。本日も、雨でうんざりです。

ところで、工場の中を歩いていると、鉄が汗をかいていることに気がつきます。

湿気で、露結しているからです。そのままにしておくと鉄が錆びてしまうので、防錆剤などを塗布して錆を防ぎます。

それにしても、鉄というものは、季節に敏感です。

冬の冷たい朝に、鉄に肌を触れますと、ピッタリくっついてしまいます。逆に、夏の炎天下に放置された鉄に触ると、火傷をするほど熱いものです。特に、冷凍庫とかボイラー室では、うっかり金属に触れると大怪我をします。

そして、今のような湿気の多い時期には、空気中の水分が鉄の表面で結合して濡れていることがあります。こんなときに、鉄の階段を駆け上がると、すべって転倒することがありますから注意が必要です。

話は変わって、以前、日本の観光バスで、ドイツ製の二階建て観光バスに人気があった時期がありました。

ところが、この梅雨の時期になると、そのドイツ製の観光バスのエアコンやビデオデッキなどが動かなくなることがよくありました。

理由は、機械の中の電気系統が湿気で露結してしまい、ショートするのです。

つまり、湿気の少ない西欧などで作られている昔の自動車は、日本のような湿気の多い土地では合わない面があったのです。

それでも、だいぶんと改善されてきましたが、今でも外車は故障が多いですね。

そんなわけで、鉄は錆びるし、家はカビる、(水虫はうずく)、いやな梅雨の季節であります。

でも、田んぼの蛙と、アジサイの葉の上のカタツムリは、気持ちよさそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

WIN 98の終焉

総攻撃の的

先月あたりから、小生の使っているパソコンが急に重たくなりました。 (重たくなったといっても、総重量 3Kgのパソコンが食べ過ぎて、メタボになったわけではない。コンピューターが重たいとは、動きが鈍くなった・・・ということは、皆様、ご存知ですよね。)

どうやら、コンピューター・ウィルスの総攻撃に遭い、とんでもないプログラムが組み込まれてしまい、ついにはフリーズしてしまいました。各種 ウイルス駆除ソフトを駆使しましたが、結局、ダメでありました。

そこで、リカバリをして、システムの回復をするのですが、Web につないだ瞬間に、ウィルスに冒されてしまい、どうしようもない状態になってしまいました。

最初にノートパソコンがやられてしまい、その代用にしていたディスクトップ型もやられてしまいました。

ところが、同じハブから枝分かれしている子供たちのパソコンは、まったく問題なく動いています。

どうやら、小生のパソコンの OS (オペレーションシステム)に問題があったようです。

小生のパソコンの OS は、win98 です。98 というように 1998年にリリースされた、つまり 20世紀の遺物であります。

そんな古くて、しかもメーカーのサポートから外れたものを使っていた理由は、そのパソコンに機械製図のソフトが乗っていたからです。

小生の使っている CAD (製図プログラム)は、初期のもので、こんなものを使っている人はいないでしょう。しかし、今でもある程度互換性があり、慣れていて使いやすいので今まで惰性で使ってきました。

ところが、今や、OS も Me、XP を経て VISTA の時代です。CAD も 3D です。時代は大幅に変わっていて、いつまでも古いシステムにかじりついている人は、時代遅れです。

また、携帯メモリーも、紙テープ、カセットテープからフロッピーディスク、USBからSDへと、形は小さくなるのにもかかわらず容量は格段に増えました。

そんなわけで、フロッピーを持ち歩いている小生なんて、現代人から見れば、石斧を持ち歩いている原始人に見えていることでしょう。

そんなわけで、win98 が、事実上、使えなくなったので、これを機会に、入れ替えようと思います。

しばらくは、子供のパソコンを使って、データー送信(・・・これも古い表現ですね)をして、お小遣いがたまったら、現代風のパソコンを購入したいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夕焼けはなぜ赤い

光の拡散ではない

赤い夕焼けは美しい。隣に美人がいれば、尚、格別である・・・。

・・・なんて、よからぬ妄想にふける小生ですが、なぜ夕焼けが赤いのか、その理由がわからなくなりました。

ところで、弊社に出向に来ていたドイツ人が帰ることになりました。そのドイツという国が頑固者の集まりなのか、たまたま彼が頑固者なのかわかりませんが、彼とは常に意見が衝突しました。

最後は、まるで‘あまのじゃく’のように、屁理屈を並べてまでも相手の意見に反対する仲になったのですが、「夕焼け論争」も平行線で終わりました。

夕焼けがなぜ赤いか ?

小生は、昼間と夕方とくらべて、太陽光が地球の大気を通る距離が違うから夕日が赤く見えるのだと思っていました。つまり、昼間と比べ長い大気の距離を通る夕方は、青などの短い波長の光が大気中の細かい浮遊物質に当たって拡散され、波長の長い赤い光だけが残るので夕日が赤く見えるものだと思っていました。

ところが、ドイツ人の彼は、光の屈折率の違いだと主張します。つまり、夕方と昼間では、太陽光の大気に対する進入角度か違うから、夕日は赤く見えるというのです。つまり、夕方の光は、プリズムのように大気によって分光されるというのです。さらに、地球の引力で、赤い光が引き寄せられるので、余計に地平線付近に見える太陽は赤いというのです。

はたして、光を分光させるほどの境界が、大気に存在するのかわかりませんが、ドイツ人の彼は、自信をもってそう答えています。

そういえば、今度オリンピックが行われる北京の大気汚染が話題になっています。北京の空が大気汚染で、向こう側のビルが見えないほどになっても、昼間の北京の太陽は赤くなりません。汚染物質の黄色で空が染まるだけです。

そう考えると、大気のチリに当たって波長の短い光ほど拡散するという理屈は、夕焼けの赤には当てはまらないかもしれない・・・。

ちょいと、弱気になった あらま でした。

同じ赤い夕焼けを見ても、対立したまま平行線で終わった仲でした。

その後、家内に、夕焼けがなぜ赤いのか尋ねてみました。

そうしたら、「今日一日、最後まで、がんばって燃えたので、赤くなったのよ」と、意味不明な答え。

おいおい、まさか、子どもたちにそうして教えたんじゃないだろうね ! ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日伯記念硬貨

今日から交換

100年前の本日は、日本の移民を乗せた笠戸丸がブラジルのサントス港に到着した日なんだそうです。それにあわせて、国内外で、さまざまなイベントが行われたそうですね。

そんなことも知らず、いつものように銀行に行くと、いつもの女性行員が「あらまさん、五百円。」と言って、手を広げるのです。Photo

あれ、五百円借りていたかな ? ・・・・と、五百円玉を渡すと、「はい ! 」と言って、見慣れぬ硬貨をくれました。それは、日伯記念硬貨でした。

「宣伝しないので、誰も交換してくれないの。」と言います。

本日から、銀行とか郵便局などで、この記念硬貨の交換が始まったのでした。

話題の乏しい小生ですので、話のタネに貰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

‘おから’から燃料

残渣からバイオ燃料

食品の残渣(ざんさ)を利用した研究が盛んです。

例えば、カニの殻からコラーゲンを抽出している焼津水産化学工業

余った魚の部位から、醤油を作っている焼津水産高校

今度は、豆腐の絞り粕である‘おから’からエタノールを作る施設の試運転が、本日から開始されるそうです。

今朝の『静岡新聞』によりますと、この事業はおからの乾燥販売の静岡油化工業静岡県工業技術研究所サッポロビールが共同研究し、静岡大学などが支援して昨年度から取り組んできたものなんだそうです。

穀物からバイオ燃料をつくることは、食料価格の高騰をもたらすものとして批判が高まっています。

そんななか、食物でも使われない部分を有効的に利用しようとする研究が脚光を浴びています。

ただ、最近、‘おから’を利用した料理が美味しくてヘルシーであることを知り、はたして‘おから’が残渣であるかどうかは大いに疑問です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語ペラペラ - 2

英語が喋れない外人

ドイツから弊社に出向してきている白人がいます。滞在して 3年も経過しています。彼は、ドイツの大学を卒業しているのではなくて、専門学校を卒業しているようで、語学は堪能ではありません。(ドイツの教育制度は複雑で、簡単には説明できませが、能力に応じて選択できる制度のようです)

そんなわけで、彼は、片言の英語で小生と会話をします。

小生も、高卒なので、英語を専門的に勉強したわけでもなく、片言でしか英語を話せません。

しかし、この三年間に、かなり深い内容の会話を彼と交わして来たと思いす。

彼は私に、ドイツ語を覚えろと言います。小生も、いいかげんに日本語を覚えろと彼に言います。

しかし、互いに、頑として、相手の母国語を覚えようとはしません。

つまり、片言でも、英語のほうが楽で、都合がよいからです。

そうして、昨年、共同で開発した機械のマニュアルを、ドイツ語で作り上げました。

今、ガンダム部長氏が、そのマニュアルの英訳にかかっています。(ガンダム部長氏は、どこかの怪しい大学を卒業しているらしい・・・。)

そこで、その彼が英訳したマニュアルを小生に見せるのですが、実は、まったくわからないのです。

つまり、ハリーポッターの原書を読むような感じなんですね。

そんな小生を見てガンダム部長氏は、小生が英語がわからないはずはないと言うのです。

なぜなら、あのドイツ人と小生は、英語で会話が成立しているから。

しかし、不思議なことに、小生は、彼の英語は理解できるのですが、他の外人の英語はなかなか理解できないのです。

つまり、ドイツ人の彼と小生との間では、独特な不思議な英語を確立してしまったようです。

そんなわけで、小生は、汎用的には、英語ペラペラではないのです。

さて、そんなドイツ人が、今月の 20日で母国に帰ります。弊社との提携契約が満了したからです。

彼は、ようやく小学生の子どもに会えると嬉しそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私も欲しい、高速水着

ダイエットに

英スピード社の水着が波紋を広げています。たしかに、効果は絶大のようですね。

ただし、体をきつく締めるので、脱着に 2~30分もかかるそうです。トイレに行くとなればたいへんでしょう。

それにしても、ボデースーツのように体型をかえてしまうというのですから、小生のようなメタボ体型の者にとっては欲しくなる一品です。

しかし、値段は一着 7万円もするそうですね。しかも、一日の生産量が 70着と言うことで、非常に入手困難だそうです。

ところで、日本の大阪の潜水服の素材メーカー 山本化学工業株式会社によると、そこの素材で作った水着は、スピード社のレーザー・レーサーよりも優れていると言います。山本化学工業の社長さんは、是非、試着して欲しいと訴えているそうです。

そんなわけで、高速水着の話題は続きそうです。

それにしても、スポーツショツプに行くと、さまざまな最新のグッズが並んでいます。

中には、運動会で早く走れる靴として、左回り専用の靴まであり、小学生用に売れ行きがよかったそうです。なんでも、靴底が非対象形なんだそうです。

いまや、体力ではなくて、グッズで勝負の時代ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

英語ペラペラ

英語づくし

今春、大学生になったばかりの長女が、入学してすぐに弱音を吐いていました。

なんでも、彼女の通っている大学の薬学部では、問題も解答も、すべて英語なんだそうです。

つまり、そこの薬学部の研究とは、英語の原書とか雑誌を読み、英語で論文を書くのだそうです。

彼女は、英語が嫌いでしたので、その想定外の展開に躊躇していました。

しかし、専門学で使われる英語はある程度限定されているので、慣れればそんなに難しくないと言います。

小生も、仕事で英語を使うことがしばしばありますが、工業英語は単語が少なく、しかも共通しているので、慣れれば案外通じるものです。

そんなわけで、彼女も慣れるまで大変でしょうね。

さて、その大学にも、中国とか韓国から留学生が来ているんだそうですが、彼らの語学の飲み込みの早さには驚いたそうです。やはり、必要に迫われれば、必然的に覚えるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡と消えた年金

不良債権に

後期高齢者の保険が問題になっています。政府と与党は、少子高齢化の日本では、高齢者に負担をしてもらうことは‘当然’だと新しい制度に胸を張ります。

一方、民主党は、「ちょっと待て、何かがおかしい。」と言い出しました。

そうなんです。

年金積立金管理運用独立行政法人に、予定の現金残高がないことが変なんです。

つまり、皆さんが納めた年金が本当に‘消えた’んです。

社会保険庁の年金記録の管理がずさんと言うことで、個人の年金が消えたこととは意味が違います。

また、社会保険庁や市役所の職員が横領した分とは、その規模が違うほど、多額のカネが消えているのです。

本来、年金積立金管理運用独立行政法人に皆さんが納めてきた保険金がちゃんと積み立てされていれば、後期高齢者に負担を強いることはなかったはずです。

では、なぜ、年金積立金管理運用独立行政法人に現金の残高がないのか

それは、バブル期に生じた不良債権処理のために、年金の保険金の積立金が使われたのです。

つまり、年金積立金管理運用独立行政法人は、皆さんの保険金で、バブル期に生じた不良債権を購入したのです。

中間に、不良債権処理組織が介在しいるので分かりにくくなっているのですが、皆さんの年金の保険金がバブル期以降の不良債権に化けてしまったので、事実上消えてしまったのです。

これも、日本の銀行を救うための苦肉の策であったのです。そのしわ寄せが高齢者に降りかかっているのです。

もちろん、ターゲットは、団塊の世代です。

団塊の世代が後期高齢者になったときは、徴収する後期高齢者の保険金もグンと増えて、年金積立金管理運用独立行政法人のかかえた不良債権処理のための引当金に充てられるのです。

そういった事実がわかっても、どうすることもできませんが、当時の銀行の失敗を、その世代の責任として負わせようとしていると考えられます。

つまり、団塊の世代の‘勝ち逃げ’を見逃さず、世代間格差の緩和を図ろうとするためなんでしょうが、実際に、踏み倒した人の責任を問わないところが、いかにも官僚的な発想ですね。

いずれにしても、年金は他に使われてしまったのですから、仕方がないですね。

今後、あらたな年金機構が皆さんの保険金を管理することになるでしょうが、どんな使われ方をするのか監視することは必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全な新幹線

緊急停止

昨日の朝に起きた 岩手・宮城内陸地震。マグニチュード 7.2、揺れ加速度は観測史上 3番目の大きさの 1800ガルを超えたといいますから、巨大地震でありました。(翌 16日の報道によれば、揺れ加速度は 4022ガルと、国内最大規模だったそうです)

時間がたつにつれ、震災の全容が明らかになってきました。この地震で亡くなった方、震災に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

それにしても、朝刊の写真を見て驚きました。山がそっくり崩れているではありませんか ! !

その強い揺れの中で、震源地の横を走る東北新幹線は爆走中でありました。

幸いにも、新幹線の各車両は安全に停止して、大惨事は免れました。

9時間も車内の中に閉じ込められた方は、さぞ苦痛であったでしょう。

しかし、考えようによっては、あの巨大地震でトンネルも崩壊せず、安全に停止したことは、高く評価すべきでしょう。

日本の鉄道技術の高さを示すものだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カードをすぐ切る日本

拉致被害者は置いてけぼりか

北朝鮮が、アメリカによる「テロ支援国家」というレッテルを解除してもらおうと、日本の拉致問題について、再び国内を捜査すると言い出しました。

前回は、‘捜査’によって、横田めぐみさんの贋物の遺骨を提出して、事態は凍結したままでした。

北朝鮮の二枚舌は実証済みです。

・・・にもかかわらず、日本は、北朝鮮が‘捜査’すると言っただけで、経済制裁の一部解除を表明してしまいました。

日本が解除の表明をする前から、北朝鮮は貨客船の「万景望号」の出港の準備をしていたと言うのですから、水面下で、話は進んでいたのでしょう。

アメリカにとっては、北朝鮮の核武装の解除が、一番の国益ですから、日本の拉致問題なんて、ひとつのカードに過ぎません。

日本はといえば、経済制裁だけが唯一のカードであるはずです。そのカードをいとも簡単に切ってしまうとは、まったく堪え性のない外交です。

それとも日本政府は、アメリカの国益は、日本の国益として、自国の主権よりも優先順位を高くおいているのでしょうか ?

またしても、拉致被害者は置いてけぼりにされてしまうのでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

‘おから’をつくる

おとこの料理

最近は、男性が厨房に入って料理の腕を振るう機会が多いと言うことで、男性の料理教室に人気があるそうですね。

そこで、男性のつくる料理は、旨いに決まっています。

なぜなら、材料が高級で、予算なんてありませんから・・・。

しかも、毎日作るわけではなく、気が向いたときだけ得意な料理を作るのだから、それでまずければ助けようがありません。

さて、小生は、結婚してから、家で料理なんてしたことがありません。

新婚のとき、小生が、醤油差しに醤油を入れようとして、ドボドボとこぼしてしまい、それ以来、立ち入り禁止になっています。

ところが、今年の四月から、家内が土日の仕事をするようになってからは、小生は昼飯だけを作ることになりました。

だいだいは、家内が朝のうちに作っておいてあるので、原則的に小生は盛り付けをするだけですが、何か、一品を作ろうと心がけています。

竹の子をもらったときは、竹の子の煮物。キャベツをもらったときは、ロールキャベツに挑戦しました。

普通は、自分の作ったものは、まずくても美味いものですが、自分でもまずいと思いました。

ところで、ブログで友達にしていただいている にこりん さまが、美味しそうな‘おから’を紹介していました。

そこで、近所のスーパーで「卯の花」を買って、‘おから’作りに挑戦してみました。

おからの具は、冷凍のミックスベジタブル。

インスタントラーメンにもミックスベジタブルをブッ込んでいる小生であります。そんな感覚でテキトーに作りました。

出来栄えは、おいしそー・・・。

でも、グリンピースが青臭いと言うことで、子どもには不評でした。

う~ん、やっぱり、手抜きはダメか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

詰め替え容器

グリス塗布に

機械に定期的に油を注いであげると、滑らかに動いてくれて、しかも寿命も長くなります。その機械の駆動部に注油する鉱油のなかで、ドロッとしたものをグリスといいます。そのグリスを塗布するときに周囲に汚れが散乱することがあります。

知らない間に、体とか作業着にグリスが付着していて、それが他のところを汚してしまいまうのですね。

ところで、家内がシャンプーとかリンスを詰め替え用容器に、こぼすことなく器用に移していました。

なんでも、容器を人口呼吸をするようにして移し替えれば、周囲を汚すことなく迅速にできるとか・・・。

その手際よい詰め替えの様子を見ていて、小生は「これだ ! ! 」と、思いました。

とにかく、グリスの注油と言えば‘グリスポンプ’という器具を使うものと言うイメージが先行していました。

確かに、グリスニップルに注油するときは、グリスポンプが必要ですが、シャーシに塗布するときは、グリスポンプでは使いにくいときがあります。

そこで、100金でも売っている詰め替え用の容器に、グリスの詰め替えが簡単にできれば、持ち運びも簡単、塗布も楽にできるのではないかと思っておりました。

早速、小生は、要らなくなったシャンプーの容器に、市販の透明の細いホースをつないで、そこに家内がやっていた方法でグリスを入れてみました。

そうしたら、汚れも散乱せず、グリスの入れ替えに成功しました。

さらに、この容器を使えば、塗布しすぎたグリスを吸引することもできます。これならウエスでふき取ることもなく、便利ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壊してしまった

愛用のノートパソコンを

昨日、長年愛用してきたノートパソコンを壊してしまいました。

このパソコンは、会社がパソコンを入れ替えたときに戴いたものの一つで、富士通の FMV-6366NA3/L という頑丈なパソコンです。もう一つのノートパソコンは、日立の FLORA-ND1 でしたが、これは、一昨年、落下して破損させてしまいました。ともに、1998年製と 1996年製で、10年間も会社と家庭で小生の下で頑張ってくれました。

今回壊してしまった富士通のノートパソコンは、日立のように落としたりぶつけたりして壊してしまったのではなくて、OS のプログラムを修復中に、誤って、必要なファイルを完全に消去してしまったので、OSが起動しなくなってしまったのです。明らかな小生のケアレス・ミスです。

このパソコンの中には、バックアップしていない大切な情報が・・・・。友達やサークル仲間の情報などか入っています。

その情報を取り出すために、ハードディスクを取り出して、外付けのハードディスクとして他のパソコンでバックアップを取ろうとしましたが、うまくできませんでした。

しかも、会社から貰い受けたものなので、再セットアップのディスクもありません。

仕方がないので、今は、2000年に買ったタワー(FMV-ME4/535R)にソニーの液晶テレビをつないで、このブログの投稿をしています。

しかし、余りにも反応が遅いので、イライラします。

新しいパソコンは、子どもたちに占領されています。

当分の間、この不便な環境で、暮らさなければならないと思うと、ため息が出ます。

DELL の最新のノートパソコンが 6万円だと、新聞広告に出でいました。でも、家内は許してくれそうもありません。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

貧乏人の子沢山

子供は 3人は欲しい

10年前に、裏の家に、奇麗なモデルさんのようなお嫁さんが来たということで、組中のオヤジの目の色が変わったことがあります。

170センチの長身で、手足が長く、ボン・キュ・ボンの体型でした。

オヤジにとって、若い奥さんは、眩しく映るらしい・・・。。。 (なんて、他人事のように書いています。)

その若奥さんも、いまでは 3児の母です。しかも、お腹のふくらみが目立ってきました。どうやら、メタボではなくて、オメデタらしい・・・。

ところで、日本は、少子高齢化時代に突入しているので、子供の数が少なくなっていると言われています。

しかし、拙宅の周りを見る限り、子供の数は減っていないようです。むしろ、増えています。

昨日、地区の定例会があり、拙宅の学区は、子供の数の増加に伴い、来年から隣の学区に移行する旨の説明がありました。

つまり、溢れた子供を隣に移そうというものです。

そうわれてみれば、確かに子供の数が多い。

子供の数が、 3人以上という家庭がほとんどです。しかも、特段、裕福というわけでもない。

どうやら、周りに子供が多いので、連られて、子供が増えたんでしょうか・・・。。。

小生の親戚を見れば、やはり、3人以上の子供の家庭が多い。

確かに、子育ての醍醐味は、3人からと言われていますが、体験して、その通りだと思います。

小生の友人で、忘れた頃に(油断して)、3人目ができちゃったという人がいます。二番目と三番目の年の差が、一回り (12歳) 違いだと言います。その点、家内は可能な状態ですが、小生は、油断していませんよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

75歳は、人生の曲がり角 ?

もみじマーク 雑感

今月から、75歳以上の人で、普通乗用車を運転する人は、高齢者マーク(高齢運転者標識)をつけなければならないそうですね。この高齢者マークは70歳以上の人なら付けることができて、それ以下の人が付けて走ると道路交通法違反です。

あの初心者マークも、免許取立て一年未満の人が付けることが出来て、それ以外の人が付けて走ると違反になるということです。

ですから、初心者マーク高齢者マークも、ある意味、期間限定の特権であります。

そうは言っても、この高齢者マークはご高齢の方々には、頗る人気が悪いですね。

ところで、初心者マークの別名は若葉マークと言いますね。

それと同様に、高齢者マークもみじマーク という愛称があります。この愛称は公募によってつけられたもので、ある高校生のアイデアらしいですね。

ところが、当の高齢者たちは、このマークのことを色々と呼んでいて不快感を表しているようです。小生が、直接ご高齢の方から聞いたものは・・・

シルバーマーク。

後期高齢者マーク。

枯葉マーク。

落ち葉マーク。

免許証返還督促マーク。

終末期マーク。

お迎えマーク。

・・・と、こんな具合に、怒りに燃えているようです。

自民党内でも、「このマークは失礼ではないか」という意見があったそうです。

期を一にして、世間では後期高齢者医療制度が話題になっています。

一昨日、参院ではその制度は否決されたそうですが、また衆院で持ち直すようです。

こうなると、自民党もダメでしょう。多数のご高齢の票を失いました。本当に、配慮がなさ過ぎましたよ。

昔、25歳の女性を「お肌の曲がり角」といったコマーシャルが流行しましたが、政府や官僚は、75歳の人を人生の曲がり角と捉えているのでしょうか ?

でも、先日、その75歳の冒険家 三浦雄一郎さんが、世界最高峰のエベレスト登頂に成功しましたね。三浦さんは、80歳になったらもう一度チャレンジしたいと言っておりました。

そんなわけで、75歳から一律に区分けすることには疑問を感じますね。

でも、そうは言っても、こうした新しい医療制度とか自動車運転制度は必要ですから、名称もそうですが、制度のあり方を根本的に見直して、ご高齢の人には失礼のないような「敬老」的なもにしてもらいたいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

重なる時には・・・

明日はどうしようか・・・

昨夜、日本男子バレーボールの熱戦をテレビ観戦していたら、電話が鳴りました・・・

それは、岐阜県の友人が亡くなったという訃報でした。葬儀は日曜日の昼なんだそうです。その葬儀の出席を約束しました。その葬儀の後、友達どおしで一席設けようということになりました。

明日の日曜日は、今年初めての鮎釣りを予定していましたが、キャンセルです。

その電話が終わらないうちに、今度は隣の人が回覧板を持ってきてくれました。時刻は夜 9時を廻っています。

こんな夜中になんだろうと思いきや、組み内で葬式が出来たと・・・。

85歳の女性が、今朝、病院で亡くなったといいます。その葬儀は月曜日ということですが、この地の風習で、近所衆は土人衆として、葬儀のお手伝いをすることになっています。

近所のお通夜は日曜日ということで、夕方には家に戻っていなければなりません。

そんなわけで、またしても行事が重なってしまいました。

お葬式は絶対ですから、全てに優先しなければなりません。

いつもなら、片方を家内に出てもらうところですが、家内は体調を崩して休養中です。

本日は友引ですから、友人のほうを、本日行って済ますわけにも行きません。

日曜日は、ちょいと忙しくなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボーナスを払えない ! ?

ピンチ ! !

昨年度は、至上最高の売り上げ、そして利益を計上したはずの弊社でありますが、なんと、今年の夏のボーナスを払えないかもしれない・・・と、言い出しております。coldsweats02

いつもの社長の悪い癖が出てきたかと思いましたが、どうやら本当らしい・・・。

既に労使の間で、今年のボーナスについては話し合われたはずなのに、どうやら‘大穴’を開けてしまったようです。

「帝国データーバンク」によりますと、今年の静岡県の予想平均ボーナスは・・・

30人以上の企業  約 47万円

30人未満の企業  約 28万円

なんだそうです。

弊社は、昨年までに 5人も辞めてしまったので、正社員は 30人未満の規模です。これ以上、正社員が少なくなれば、今度こそ危ない。

小生は、雇われ役員でボーナスなんて 4年以上も貰っていませんが、やはり、ボーナスは給料の一部でありますから、約束どおり支払うべきでしょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の特許法

日本の地名を商標登録

以前、小生のほかのブログで中国の特許法について、その問題点を記したことがあります。要するに、中国での特許の最終判断は「中国共産党」に委ねられていて、しかも、外国との問題も、中国独自の判断で行われていると言うことです。

つまり、国家的規模で「パクリ」が行われていて、たとえば、日本のNECという企業も、中国ではそっくりコピーの企業が存在しています。

さらに中国では、世界各国の地名を商標登録していて、あらたな紛擾が起こっています。以下、『静岡新聞、6月 5日、朝刊』の記事を引用しますので、皆さん、ジックリと考えてください。

日本貿易振興(ジェトロ)は 4日、中国で日本の地名が農産物や工業製品などの商標に使われるケースが相次ぎ、昨年末時点で 30の府県・政令市の名称が商標として出願申請中だったり、登録済みであることが確認されたと発表した。

自治体とは関係ない第三者が商標を出願することが多く、日本の地名を付けることで商品のブランド力を高める狙いがあるとみられる。日本から特産品を輸出しようとする際に支障が出る可能性もあり、ジェトロは特許庁と連携して法的措置のとり方についてマニュアルを作成、自治体に注意を呼びかけている。

中国で商標登録済みの地名は秋田や長野、愛知、京都、熊本など 19府県と川崎市。出願中は、静岡や広島、福岡など 8県と、名古屋、横浜の二市。例えば茶飲料に静岡、電気製品には長野、ミシンに福岡といった形で商標として申請・登録されている。同じ府県名が複数商標登録されていることもある。

自治体以外にも「九谷焼」と「美濃焼」といった特産品の名称が中国企業によって商標登録されている事例もある。

中国の商標制度では、申請から 3ヶ月以内であれば異議を申し立てられる仕組みがある。コメや加工食品などについて申請された「青森」の商標は、今年になって青森県の異議が認められた。鹿児島についても異議申し立ての手続きが進められている。

この問題は、昨年辺りから取りざたされて、中国の商標、特許の考え方が他国とは違うと言うことが指摘されています。つまり、知的財産の保護ではなくて、「パクリ」を国家的に合法化しようということです。

さらに、外国からの輸入品に対して、商標使用料を徴収する法的根拠を作っているともいえます。

たとえば、日本の茶飲料メーカーが、「静岡茶」という名称の商品を中国に輸出した場合、既に「静岡」という商標が中国で認可されているといこうとになれば、本物の「静岡茶」が規制されてしまう恐れがあります。更に、中国国内でで「静岡茶」として流通させようとするなら、その商標使用料を払わなくてはならないというのです。

さらに、さらに、中国では「静岡茶」という商標が認められているので、その名称で、西欧諸国、アメリカなど、第三国に中国産の「静岡茶」を輸出することが出来ます。

さらに、さらに、さらに、中国産の「静岡茶」を、日本の静岡県にも堂々と流通させることが出来るいうことなんだそうです。

ここまでくると、全く、あきれて、モノも言えませんね。

もしかしたら、あなたの住む街とか、あなたの会社が、中国では登録商標になっているかもしれませんよ。

さらにもしかしたら、近い将来、「日本」という国名までもが、中国の登録商標にされてしまうかもしれません。そうなると、日本は中国の属国と言うことになるのでしょうか ? ? 日本ではいま、「平成の大合併」の仕上がり段階ですから・・・・。。。。

逆に、中国の地名を日本などで商標登録したところで、却って、危険というイメージになりますから、使えませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浜松衛星、打ち上げ ?

元気な、鈴木 修氏

過日、静岡県内の東名高速道路で、新しいインターチェンジを作ろうということで、そのシンポジウムがあり、ちょいと覗いたことがありました。

すると、軽自動車の生産で快調のスズキ自動車の会長である 鈴木 修氏 が、熱弁を振るっていました。

彼は、静岡県でははじめての本格的な民間空港の開設を実現した立役者です。来年、開港する『富士山静岡空港』とは別名で、『○木・○与空港』が本名だ・・・とも揶揄されるほどの影響力が 鈴木 修氏 にあります。

その鈴木氏が、昨日の『宇宙技術および科学の国際シンポジウム』で、「浜松衛星を打ち上げよう」と‘打ち上げた’ところ、拍手喝さいを浴びたそうです。【 『静岡新聞』 6月 4日 朝刊】

小生は、鈴木氏の講演は何度も聞いたことがあります。段々と話が膨らんでいくのですが、その全てを実現させているところがスゴイと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

月間 こどもかがく新聞 - 2

今月号は、『共振』

静岡県の地方新聞『静岡新聞』では、毎月の‘おまけ’として、『月間 こどもかがく新聞』を折り込んでくれています。

ややもすると、他の折込チラシと一緒に棄ててしまいそうな体裁ですが、その内容は‘驚くほど’充実しています。

今月号のテーマは『共振』。エネルギーが伝わる様子を、実験を通してわかりやすく説明しています。

ところで、小生は機械関係の仕事をしていますが、機械の故障の原因の多くはこの『共振』によるものであることが意外と知られていないのですね。

本来の故障とは全然 関係のないところが原因で壊れるケースがありますが、その場合は『共振』によるもので、ちょっとした振動・音をカイゼンすることによって直ることがあります。

実は、その『共振・共鳴』を原因として特定することは、極めて困難な作業です。小生は、よく客先に行って修理をしますが、他の機械との影響による場合もあり、わかってしまえば簡単なことでも、それを特定するまでには何ヶ月も掛かることがありました。

また、小生はよくバスの運転もしますが、バスが突然、停電することがあります。

この場合は、配線や回路が、振動などによって ショート する場合が多く、『共振』が原因であることがあります。

また不快な振動の発生を止めるために、ダンバー(緩衝材)を入れることがあります。

そういうわけで、この『共振』という現象を、子供のころから体験することは、非常に大事なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

影が薄いお父さん

‘父の日’調査

『夕刊フジ』の記事によりますと、日本人のほとんどが‘父の日’に関心が薄いようです。

アンケートによりますと、‘父の日’にプレゼントをしない予定の人が 54.3% なんだそうで、一方、‘父の日’にプレゼントを希望しない父親も 34,7% と、無関心な人が目立つたようです。

ところで、今年の‘父の日’は何日なのか、おわかりですか ?

わかない ?

今月の第三日曜、つまり、6月 15日です。お忘れなく。

ワンコイン亭主の悲哀が聞こえてくるようです。

日本では、‘父の日’に関する組織みたいなものがあるようですよ。

関心があるかたは、アンケートにも・・・。意外な結果が・・・。

さて、今年の素敵なお父さんに贈られる「イエローリボン賞」は、以下の五人の方に。

山本 博さん (アテネ五輪、アーチェリー銀メダリスト)

伊藤 喜平さん (長野県下條村長)

清野 智さん (JR東日本社長)

石田 衣良さん (作家)

中村 トオルさん (俳優)

みなさん、爽やかな‘お父さん’ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの医療支援

四川大震災に移動病院

日本の医療チームが、四川大震災の医療支援で活躍しました。

最初は、災害現場での支援を希望した日本でしたが、中国側からの希望で大病院での医療支援となりました。

ところで、ドイツはなんと、移動病院を提供したそうです。25万人都市に対応する能力があるといいますからオドロキです。

日本の医療チームも、そのドイツやロシアの支援方法には大いに参考になったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日から梅雨入り

平年より 6日はやく

静岡でも本日から梅雨に入ったそうです。

小生は、過去に首の怪我をしたことがありますので、湿気の多いこの季節は苦手です。

しかし、蛙たちは気持ちよさそうに鳴いています。Photo

幼稚園帰りの園児たちは、「ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっふ、ランランラン ♪ 」と、楽しそうに水溜りに入っていました。

* イラストは「にゃごみ館」さまから借用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »