« ギックリ腰 第二弾 | トップページ | 人権擁護法案の問題点 »

反抗期

言うことを聞かない  pout

小生の子供のなかで、長男、長女は、反抗期が目立ちませんでした。

ところが、次男はシッカリ反抗します。

小生の言うことは全く聞きません。

「布団をしまえ」といっても「布団を干せ」と言っても万年床。

全然言うことを聞かないので、布団を取り上げてしまいました。

それでも、どこからか捜してきて、万年床を続けています。

そこで、頭に血が上った小生は、次男の布団を棄ててしまいました。

そうしたら、家内が大変、怒りました。

「何も、棄てることはないでしょう ! !」

さてさて、どうなるでしょう ? ?

|

« ギックリ腰 第二弾 | トップページ | 人権擁護法案の問題点 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

まさにカテゴリー「心と体」ですねsweat01
そいうこと気に病んでるときに腰にきますよねsweat02
母子家庭のうちとしては、なんとも微笑ましい父と子のバトルですがcoldsweats01
腰、大丈夫ですか?
お大事にheart

投稿: まさゆまま | 2008年5月27日 (火) 23時46分

まさゆまま さま、ありがとうございます。
腰のほうは、お陰さまで、快方に向っております。
まさゆまま さまのお子様は、明るく優しく素直に育っている様子ですが、拙宅では我儘放題です。
子供の反抗は、成長期には欠かせないものとは言え、過度の反抗の場合は、ガツンとやる必要があると思います。
・・・ということで、次男は長男のアパートに緊急避難したようです。
家内が、長男のアパートで休憩をしていますので、家族が分裂してしまいましたよ。
はたして、我が家の運命はいかに ?

投稿: あらま | 2008年5月28日 (水) 07時08分

ファザコンの私ですが。子供の頃、父はとても怖かったです。
仕事から帰ってくる父の車の音がするとテレビを見ていても自分の部屋に逃げてました。
高校2年生のときには、父が叱っている時に反抗して、殴られたことがあります。目の周りが青くなってしまいましたsweat01
学校で先生にどうした?と聞かれ、父親に殴られたと言うと、父親が娘を殴るわけがない!と言われしまいました。そういわれ結構ショックでしたが・・・。
今思うと怖い父親って家族をしっかり守ってくれているので、殴られても・・反抗しても・・父に対して信頼と言うかどこかで守られる安心感があったと思います。
母の立場と違って父親はつらいですね。
反抗してても大好きですよheart

投稿: まさゆまま | 2008年5月28日 (水) 12時18分

まさゆまま さま、暖かいコメントをありがとうございました。
厳父に慈母。「山より高い父の恩、海より深い母の恩」。
簡単に子供を棄てたり殺してしまう世の中では、この句は死語でありましょうか・・・。
一般に父の恩とは亡くしてしまってから分かるものらしいですね。
生きている間は、感情が先に立って、なかなか素直になれないもののようです。
まさゆまま さまは、頼れるご尊父様でよかつたですね。
現在、小生の次男は、小生のことを‘鬼’に見えているでしょう。
 

投稿: あらま | 2008年5月28日 (水) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41345041

この記事へのトラックバック一覧です: 反抗期:

« ギックリ腰 第二弾 | トップページ | 人権擁護法案の問題点 »