« ほたるの季節 | トップページ | もちカツオ »

悔やまれる初動救助の遅れ

ガレキの下から叫ぶ声が消えた・・・

12日に起きた中国四川省大震災の様子が伝えられています。

阪神淡路大震災の 30倍とも言われる大きなエネルギーの揺れで、死者 5万人、罹災者 一千万人を超えると中国政府は推計していると言います。

そこで日本は、震災直後に緊急救助チームを結成、派遣に備えました。

ところが、中国はそれを拒否。それでも日本は派遣に備えていました。

事態の深刻さと、日本の外務大臣の説得で、中国はようやく日本の緊急救助隊の受け入れを認めました。

早速、現地に飛んだ日本の救助隊でしたが、時既に 4日が経過。初動救助のリミットといわれる 72時間を大幅に経過していました。

そこで思い出すのが、阪神淡路大震災での当時の村山首相の対応の遅れです。

1995年 1月 17日、阪神淡路大震災が世界中に伝えられると、早速、スイスやフランスから救助の打診がありました。

救助犬を派遣すると言う各国からの申し出に対して、日本政府は躊躇しました。動物の検疫の問題、それ以前に救助犬について日本政府は無知でした。

ようやく外交ルートで、スイスとフランスの救助犬は、震災の 2日後に派遣されました。外交ルート外のアメリカのボランティアによる救助犬の派遣は、結局、実現しませんでした。

それでも、派遣された救助犬の活躍は目覚しく、日本でも救助犬が改めて見直される切っ掛けとなりました。

このように、災害は、いつ、どこで、どんな規模で起こるのか予想がつきません。

そういうわけで、常に、各国からの援助が受けられるように、日ごろから受け入れ態勢を整えておかなければなりません。

|

« ほたるの季節 | トップページ | もちカツオ »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

あらま様
報道されるにつれて被害が拡大する一方ですね
救助の方もいつ二次災害に巻き込まれるか心配です
それにつけても被害の写真を見ると建物の強度が絶対的に弱かったように思います。
姉歯のようなことは絶対許せませんね

私の住まいはどうなんでしょう?

投稿: 佐為 | 2008年5月16日 (金) 21時57分

佐為さま、ありがとうございます。
中国のコンクリートの建物には、鉄筋の代わりに竹が使われているものがあると報道されたことがありました。
建築基準法なんてものがないといわれる中国ですから、これを契機に建物の強度が審議されるでしょう。それからようやく‘偽装’問題が始まりますから、日本で言う姉歯問題は、中国にとってはまだ先の話かもしれません。
いぇ、中国のお国柄を見据えて、偽装を眼中に入れながら、建築法を整備しなくてはならないでしょうか。
それにしても、早期の復興を願うばかりです。

投稿: あらま | 2008年5月17日 (土) 10時29分

本当にもっと早くの救助があったら…と悔やまれますね。sweat01
国を指揮する偉い人には、もっとしっかりした考えと行動を望みたいですね。
中国では地震大国の日本を見直しているそうですね。
防災訓練、町内会の活躍、地震のための耐震工事など、学ぶことがいっぱいあるようです。
そう思うと日本ってすごいな~なんて思ってしまいました。happy01

投稿: にこりん | 2008年5月18日 (日) 02時19分

にこりん さま、コメントをありがとうございます。
以前、文化大革命のときにも中国では、20万人以上の死者を出した大地震がありました。その時の中国政府の被災者への対応は極めて冷淡なものでした。
今回は、その時と比べて、人民の救助を前面に出した姿勢を示しています。
中国では、オリンピックや万博を控えていて、さらに三月でのチベット問題もあり、人権問題に積極的に対応していることを世界に印象つけようとしているのでしょうか。
いずれにしても、地震大国としての日本のノウハウを中国でも生かしてもらいたいですね。

投稿: あらま | 2008年5月18日 (日) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41224578

この記事へのトラックバック一覧です: 悔やまれる初動救助の遅れ:

« ほたるの季節 | トップページ | もちカツオ »