« 立替え | トップページ | ファスナーを壊してしまつた・・・ »

クジラの「使い回し」

クジラのおみやげは、当たり前

拙宅の住んでいる静岡県は、海に面しているので、たくさんの港があります。そのなかで、清水港とか焼津港などには、カツオとかマグロなどが水揚げされます。

そこで、船が着いた翌日に、近くの酒場に行くと、美味しい「お通し」にありつけることがあります。

その理由を説明しましょう。

何と言っても漁船員は、どの魚が美味しいかは一目見れば分かります。そこで、陸に上がるときにお土産として、特に美味しい魚を持ち帰ります。家族のある人は、家族に。家族のない人は、彼女とか呑み屋のネェチャンのところに持っていくわけです。

ところが、マグロとかカツオを一本まるまる貰っても、ふつうの家庭とかお店では困ってしまいますよね。

そこで、お店のネエチャンは、いただいた美味しい部位を、お酒の「お通し」としてお客に出すのですね。

ですから、船が着いた翌日に、漁船員が通う酒場に行くと、おいしい魚の「お通し」にありつけるのです。

さらに、顔の広い呑み屋のネエチャンは、世界中の珍味を戴くので、それをお客に使い回すことがあります。

もちろん、クジラカンガルーも出てきます。

これって、悪いことなんでしょうか ?

ところで、ある環境保護団体が、他人の宅急便を盗んで、それを証拠として、船員のお土産を「横流し」品の疑いがあるとして訴えたようですね。

そんな彼らは、呑み屋さんで美味しい「お通し」を戴いたことがあるのでしょうか。

|

« 立替え | トップページ | ファスナーを壊してしまつた・・・ »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/41278854

この記事へのトラックバック一覧です: クジラの「使い回し」:

« 立替え | トップページ | ファスナーを壊してしまつた・・・ »