« 公民館の自主講座 | トップページ | 歯茎が痛い・・・ »

日銀の総裁人事

武藤氏ではダメな理由

景気不安の中、日銀総裁人選が紛糾しています。その日銀総裁の空席は、国際経済の観点からも好ましくないといいます。

どうして、武藤氏を推す政府案に民主党が反対するのか。その理由を、評論家 屋山太郎氏が本日の『静岡新聞』朝刊の『論壇』欄の中で、明確に説明していました。

屋山氏の説明によりますと、「財政と金融の分離という国策から言うと、財務省トップ経験者が日銀のトップを務めることは許されない。」のだそうです。

「武藤敏郎氏は、財務省次官を務め、その力量は内外に認められているが」、日銀総裁人事に財務省出身者では好ましくない以上、武藤氏の人格、力量とはいっさい関係なく、彼の起用ではダメなんだそうです。

つまり、もし、「日銀のトップが財務省出身である以上、財政の動きを機先をもって制するなどということはできない」のだそうです。歴史的に見ても、日銀は政治、財政と戦ってきたのですから、財務官僚出身者が総裁であることはダメなんだそうです。

民主党が政府・自民党案に対する反対の理由が明確にあったのですが、さらに民主党の鳩山幹事長は、武藤氏がなれば、「日銀の独立性を担保できない」ばかりでなく、武藤氏自身が「必ずしも金融に詳しくない。」と手厳しい。

もし、仮に政府案 (今の政府は官僚の操り人形ですから) が通って、武藤氏が日銀総裁になった場合は、一層、財務官僚との癒着が進み、日本の発展が必ず頭打ちになると、屋山氏も指摘しています。

しかし、首相サイドでは、金融トップ人事を武藤氏以外に差し替えれば、新総裁は内外に「セカンドベスト(次善の人物)」と受け止められ、国際的な信用低下を招きかねないとして、どうしても譲れないようです。

そこで、自民党執行部では、自民、民主の両党の党首会談で打開することを期待しているようですが、小沢代表も譲る気持ちはないようですね。

|

« 公民館の自主講座 | トップページ | 歯茎が痛い・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/40471566

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の総裁人事:

« 公民館の自主講座 | トップページ | 歯茎が痛い・・・ »