« 病院で死ぬということ | トップページ | 4月からこうなる »

常葉菊川高校、感動をありがとう

最後まで諦めない姿勢

第 80回春のセンバツ高校野球大会の各校のテーマは、常勝 常葉菊川から勝利をもぎ取るということでした。その大会第 8日目の初戦は、常葉菊川 vs 千葉経大付属 という好カードでした。

結局常葉菊川は、千葉経大付属高校の速球投手である斉藤選手を打ち崩すことが出来ないまま、7対 2という思わぬ大差で負けてしまいました。

それでも、最後まで諦めずに相手に喰らい付くつく野球は、観客に感動を与えたと思います。

ありがとう、常葉菊川。夏が楽しみです。

それにしても、千葉経済大学付属高校は、静岡県の高校にとっては‘天敵’であります。

なぜなら、新春の全国高校サッカー大会でも、静岡県の藤枝東高校は、決勝戦でこの高校に負けて準優勝でした。

そして、また今回の野球の試合で常葉菊川は、センバツ 2連覇をこの高校によって阻まれました。

静岡県は、県を挙げて千葉県対策を考えるべきでしょう。

|

« 病院で死ぬということ | トップページ | 4月からこうなる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/40674766

この記事へのトラックバック一覧です: 常葉菊川高校、感動をありがとう:

« 病院で死ぬということ | トップページ | 4月からこうなる »