« 自転車の三人乗り | トップページ | 二人の師の死 »

自宅 de 保育ママ

手当アップ

今日の『静岡新聞』の夕刊のトップは、「保育ママ手当アップ」の見出し。ちょいとオモシロイ記事でしたので引用します。

厚生労働省は 4月から、保育士などの資格を持つ人が自宅で 3歳未満の子供を預かる「保育ママ」の手当を子ども一人当たり月 17,700円増額する。上限の 3人を預かれば、月 53,100円増えることになる。政府の少子化対策の一環。厚労省保育課は「家庭的な雰囲気での保育が向く子供もいる。保育園を維持できないほど少子化が進んだ地域でも期待できる」としている。県も推進へ市町に補助を行っている。

県内では平成 10年度から藤枝市などを皮切りに保育ママ制度が導入されている。県は 20年度当初予算案に保育ママ事業の補助として、計1,800万円を計上した。

厚労省に 4月以降、委員会を設置し、国家資格がなくても、子育て経験豊富な人が一定の研修を受けた場合などは保育ママになれるようにすることも含め検討する。

保育ママは、自宅に子ども一人当たり 3.3㎡(一坪)の専用スペースを確保、原則 3人まで預かることができる。現在一人当たりの月 36,600円の手当てを、月 54,300円に引き上げる。ただ保育料については、自治体の裁量で保護者の負担が低く抑えられるケースもある。

保育ママが受け取る額は、手当てと保護者が負担する保育料の合計。保育料は自治体が定めるが、更労省は手当てと同額を想定しており、3人預かると保育ママの月収は 325,800円となる。

このほか、保育ママの相談に乗ったり、休みを取りやすくするよう連携する保育園に保育ママを支援する保育士を配置。2008年度予算案には、支援保育士の人件費なども含め、07年度 3倍強の約 7億 3千万円を計上している。

職場を離れた保育士らを対象に、現在、約 1,300人の保育ママを 2,500人まで増やしたい考えで、認可保育園への入園を待つ約 2万人(06年 4月 1日時点)の待機児童の解消を図る。 【静岡新聞 3月8日 夕刊】

三歳以下の児童を預かることは非常に大変な仕事です。小生は、三歳までは自分の子供は自分で育てることが当然と思っていますので、この制度自体に疑問を思っているのですが、子育てで職場を離れれば再就職が困難な時代ですので、乳幼児を預ける母親が増えています。そうした人たちにとって、保育料の大幅アップは大ダメージになると思います。

ただ、子育てが面倒という理由で、保育ママに預けて自分は遊んでいる裕福なお母さんも多いので、そういうお母さんには大幅アップは当然でしょう。

* 保育ママに関するニュースは、2月 11日の サンケイweb でも報道されていました

|

« 自転車の三人乗り | トップページ | 二人の師の死 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

私も経済的にゆるされるのなら子供は自分で育てるほうがいいと思います。・・・というか当然ですよね。
私も出産を期に仕事を辞めましたが。(元)主人に「自分で育てたいので食べさせてください、ボロボロの格好してても自分で育てたい」とお願いしました。
子育て中はまさに「着たきりすずめ」でしたけどcoldsweats01

沖縄は共働きが多いですが、お給料が安いので仕方ないと思いますsweat02
自分で子育てできるお母さんは幸せですよねheart01

投稿: まさゆまま | 2008年3月 9日 (日) 06時30分

「三つ子の魂、百まで」と言います。
乳幼児期に、母親に育てられることが、その子にとつても、母親にとっても、かけがいのない時間ですね。
まさゆままさまのお子様が明るく優しい性格なのは、きっと大切な時間を共有したからだと思います。

投稿: あらま | 2008年3月10日 (月) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/40426173

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅 de 保育ママ:

« 自転車の三人乗り | トップページ | 二人の師の死 »