« 映画 『火火』(ひび) | トップページ | 在学中に取れる資格 »

「オトナ」は「コドモ」の想像物

リリー・フランキーとのトーク

今日の昼のバラエティー・テレビ番組 『笑っていいとも』の「テレフォン・ショッキング」のお客さんは、かの『東京タワー』の著者、リリー・フランキーさん。

そのなかで、タモリさんとの「オトナ論」が面白かった。

彼の、『 オトナ というのは コドモ の想像物で、実際には存在しない』と言うのは、含蓄があって面白かったです。

確かに、自分を振り返ってみても、50歳を過ぎた今でも、自身を「オトナ」として意識してはいませんね。

オトナ を意識したのは、子供のころだけでした。

いつまでも若い気持ちでいるわけですが、小生の場合は「若さ」というよりも「バカさ」が続いているようです。

それにしても、リリー・フランキー氏は面白い。

「鼻をかんだら、米が出た。今日、米を食っていないのに・・・」、ですって。

|

« 映画 『火火』(ひび) | トップページ | 在学中に取れる資格 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本当そうですね。私なんかバカ丸出しですが・・・。
ちっとも大人っぽくなってませんshock
時々・・しょっちゅう・・わが子のほうがよっぽど大人だと思うことがありますsweat01

投稿: まさゆまま | 2008年2月12日 (火) 23時42分

まさゆまま さま、小生なんか、娘には‘絶対服従’です。
従っていれば、間違いないですから・・・。。。

投稿: あらま | 2008年2月13日 (水) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/40097373

この記事へのトラックバック一覧です: 「オトナ」は「コドモ」の想像物:

« 映画 『火火』(ひび) | トップページ | 在学中に取れる資格 »