« 電子メールの日 | トップページ | 春一番 ? »

介護放棄

大切なのは‘自分’

母は「要介護 1」の認知症の 75才です。小生らとは別棟で暮らしています。

小生の母は、昔から「被害妄想」的な「作話」をする性格でした。それが、 15年前に亡父が脳梗塞で倒れた時に「発症」しました。最初に母の異常に気がついたのは、父の担当医でした。病院の亡父に付き添う母の様子がおかしいというのです。結局、父の介護には家政婦さんを頼みましたが、家政婦さんともケンカをしてしまい、周りの人たちとも対立してしまい、結局、母の強い希望で、入院中の父を家で介護することになりました。

しかし、父を家に連れてきたものの、母は父の介護はしません。結局、小生の家内が介護することになりました。しかし、小さい子供を抱え、重度の障害を抱えた父を看るのは家内には相当なストレスだったでしょう。

ある日、父の介護の間に、家内が友達の家に行きました。それを見た母は、家内の友達・親戚じゅうに電話をして、家内の悪口をまくし立てました。その内容は、まったく事実無根なもので、母の被害妄想が昂じたものでした。恐らく母は、家内が母の悪口を触れ回っていると思い込んだと思います。

それにショックを受けた家内でしたが、頑張り通しました。父にとっては二年半の在宅介護でした。

さて、父が亡くなった後も、母の妄想はひどくなるばかりです。「物がなくなった」「誰かがいる」なんて言っては、家内を母のものを盗んだ犯人だと断定して、家内の友達や親戚に触れ回っていました。

小生も母にとっては‘犯人’のひとりで、小生の会社にも母は電話して「息子が私の財布を盗んだから気をつけて・・・」なんて言ったようです。

これでは‘同居’は困難と言うことで、母を残して小生らはアパートに‘避難’しました。そのときは既に、家内は母には疲れ果てて、再び同居することは考えられない状況でした。

そしたら、小生も交通事故で首に重症を負い、暫くの間、休まざるを得なくなりました。

多少、小生も回復したところで、「介護」を理解するために、夫婦そろって、ヘルパー 2級の講習を受けて資格を取得しました。併せて、小生は 福祉住環境コーディネーター 2級も取得しました。

その講習期間に、母は、布団のへりで滑って転倒し、骨折しました。寝た切りになり、床ずれになりましたが、家内は母の介護をしません。結局、私が看ましたが、その間に、母の認知症は進んだようです。

そんなこともあって、現在では、同じ敷地内をそれぞれ別棟で住んでいますが、そのことは、互いによかったようで、母は寝た切りから脱出しました。自分のことは自分でしなければならない状況が、ある種の緊張感を与えて、母の認知症の進行を遅らせているようです。

いまでは、身近な人の認識も薄れてきていますが、ある程度は自立しています。

ところで、家内が母の介護をしないのは、母を憎んでいたからと思っていましたが、そうではなくて、家内は医師や専門職とキチンと相談していて、母の自立のために敢て何もしなかったということが、最近分かりました。

小生自身も、介護をする側、される側を体験し、「認知症」をある程度、理解できるようになりました。

しかし、何と言っても、家内の頑張りには頭が下がります。大切なのは自分。介護を放棄するぐらいの気持ちにならなければ、介護を続けることは出来ないようです。

|

« 電子メールの日 | トップページ | 春一番 ? »

介護」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
全く頭が下がる内容のお話でした。
あらまさんと奥様のご苦労の一端が伺えました。

これからもユーモア精神を忘れずにお母様の介護をされて下さい。
こういったことしか言えません。申し訳ないです。

投稿: jinmu | 2008年1月23日 (水) 12時38分

jinmu さま、コメントをありがとうございます。
小生らよりも、もっと大きな苦労をしている人たちがたくさんいます。
自分の母親を「悪者」として書くことにはたいへん躊躇しましたが、家内のことを正確に記すには仕方ないと思いました。
自分の親の面倒を看ることは「当然」に思えますが、旦那の親の面倒を看ることは大変なことだと思います。
それぞれの家庭にはそれぞれの事情があると思いますが、こうして文字にして見ますと、改めて家内への感謝の気持ちが湧いてきます。

投稿: あらま | 2008年1月23日 (水) 13時35分

自分の親や祖母を看ることは何でもない事ですが
(ばあちゃんも皮膚がんの手術で入院しましたが)
あらまさんの奥様のように、ご主人のお母さんを看るのは・・・どこまで許せるのかと。
お二人でヘルパー2級も取られて・・・いいご夫婦ですね。
あらまさんがしっかりやってくれるから奥様も一緒に出来るんだと思います。
奥様ばかりに任せていたら、やり場がなくて悲しくなってしまうでしょう。
ちゃんと二人三脚でやっておられて、
うらやましく感じました。すみません、大変なのに。
私は主人と絆を作ることが出来ずじまいだったのでご夫婦がしっかりしてる人たちを見るとまぶしいです。
でも60歳で痴呆になられるなんて・・早いですね。
まだまだお若いのに。
体力がある分、介護も大変だと思います。
あらまさん!しっかり貯金しててくださいね!!
いつか奥様をゆっくり旅行に連れていってあげてください。お願いします!

投稿: まさゆまま | 2008年1月24日 (木) 00時20分

まさゆまま さま、コメントをありがとうございます。
人それぞれ、いろいろな立場・状況がありますから、なにが良いのか一概には言えないと思っています。
家内も嫁に来る時は、まさか長期の介護が待っているなんて、予想していなかったと思います。
小生らは、静岡というイナカに住んでいて、まだ古風な風習が残っています。
そういう中、家内は「兄嫁」(長子の嫁)と言う立場ですので、逃げ場がなく、非常に苦労していると思います。しかも、長期間。
こんなに苦労を掛け続けていて申し訳ないと思います。
たまたま、家内は、実家が近所で自営業を営んでおりますので、そこの手伝いに行っています。
それが、唯一の‘ガス抜き’になっていると思います。
苦労を重ねる中、家内なりに「鈍感力」を身につけたようです。
また、三人の子供たちは、皆、家内の‘味方’です。
とにかく、「塞翁が馬」。なにが良いのか分かりません。
こうして、立場の違った人からコメントを聞くことができ、ブログをやっていてよかったと思います。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: あらま | 2008年1月24日 (木) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17794275

この記事へのトラックバック一覧です: 介護放棄:

» 交通事故の後遺障害等級に不服があるときは [交通事故の後遺障害等級に不服があるときは]
【緊急告知】 もしあなたが、まだ示談交渉中なら、終了してしまう前にすぐご覧下さい! [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 13時32分

« 電子メールの日 | トップページ | 春一番 ? »