« あれから 13年・・・ | トップページ | 配達屋さん »

マイクロバス

ドアの管理

小生の子供たちは、スポーツクラブに所属していたので、その父兄として小生がマイクロバスの運転をしたことがあります。

ところで、昨年のクリスマス・イブに、東京で、小学生がマイクロバスのドアから転落して死亡する事故が起こりました。自家用のマイクロバスから転落したということで、ドアの開閉は子供たちに任せていたようです。

結局、その運転手は逮捕され、責任を問われています。業務用でなくて、自家用のバスでも、運転手にドアの管理責任が問われているのです。

そういうことがあったせいか、父兄によるマイクロバスの運転に名乗りを上げる人がいなくなってしまったようです。

そこで、‘退役’した小生に、マイクロバスの運転の依頼が来ました。もちろん、小生の子供たちは現役ではないのでお断りしました。

‘冷たい’・・・と、思われるかも知りませんが、現役退役との区別はつけるべきだと思います。

でも、災害時ボランティアのときは、率先して、小生のスキルを活かして貰いたいと思います。

|

« あれから 13年・・・ | トップページ | 配達屋さん »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

この事故のことは・・・
私も子供達がずっとスポーツをしてきたので運転をしていたコーチが逮捕されたのは・・心が痛いです。
あらまさんがマイクロバスの運転をお断りするのは当然です。
それは現役の親の仕事です!

投稿: まさゆまま | 2008年1月19日 (土) 00時40分

まさゆまま さま、ご賛同くださいまして心強いです。
断ってよかったのか、心残りがありましたが、お陰さまで自分の判断に自信がつきました。

投稿: あらま | 2008年1月19日 (土) 07時44分

法律とか建前とかありますが、その場になると空気というか頼まれると断れないことってありますよね
バスの運転ばかりじゃなくて、地域の代表とか募金とか、集会の参加とか
日本人は周りから言われるとそれに従ってしまうというところがあります。
とはいえ・・・つらい選択ですね

投稿: 佐為 | 2008年1月20日 (日) 07時15分

佐為さま、コメントをありがとうございます。
不本意ながらも大勢に従わなくてはならないことが社会生活ではよくありますね。
しかし、この場合は、既に OB という立場ですので、お断りすることが正しかったと思っています。
佐為さまは、たくさんの方から期待されているので、沢山の方から‘オファー’があるとおもいます。
でも、小生は、暇なのに断ってしまいました。

投稿: あらま | 2008年1月20日 (日) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17735412

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロバス:

« あれから 13年・・・ | トップページ | 配達屋さん »