« 今年いちばんムカついた女 | トップページ | 天皇誕生日 »

アクティブ・フィット

大人用の紙おむつ

小生の外出する時の隠れた必需品は、なんと大人用の紙おむつなんです。

実は、小生も首の怪我をして要介護状態に陥ったことがあるのですが、その時、紙おむつにお世話になりました。

最初に紙おむつをつけたときは、何とも情けなく哀しくなりました。しかし、これほど便利なものはないと思いました。

その後回復して、紙おむつを当てなくてもよい状態になりましたが、長距離運転とか、客先で長時間労働が予想される時は、この紙おむつは便利です。つまり、トイレに行かなくてもいいのですから。しかも、最近の紙おむつは薄くて臭わないのです。

ですから、成人介護に欠かせないアイテムのひとつが、大人用紙おむつですが、実は、健常者にも利用できるユニバーサル・デザインな商品なのです。

そういうわけで、使い捨てマスクと並んで、右肩上がりの商品です。ところが、この商品の‘人気’が、介護の現場では意外とないのですね。最初おむつを当てるのを嫌がる人が案外多いのです。その理由は、「おむつ」というネームにあります。つまり、介護とか支援、体が不自由というイメージを直接、連想させるからです。

なかには、絶対に紙おむつの着用を拒否する男性も少なくありません。ですから現場では、「おむつ」とは言わないで、「パンツ」を当てましょう・・・とか言います。しかし、それでも抵抗があるようです。

そこで最近では、大人用紙おむつも普通のパンツと同じような色や柄のものが出ています。そして名称も、「おむつ」から離れたものに人気があるようです。

確かに、薬局などに「大人用紙おむつ」を購入する家族は、敢えて遠方の店を選ぶものです。しかし、介護用品というジャンルではなくて、使い捨てマスクのように、日用の衛生品として置けば、もっと一般の人でも利用しやすいと思います。

しかも、名称も「アクティブ」とか「フィット」とか「クリーン」のように、女性用生理用品のような名称にすれば、一般に浸透して、初めて介護を受ける人でも利用しやすくなると思います。

それに、中年になれば、誰でも尿洩れの経験をするものです。

女性の場合は、生理用品がありますが、男性の場合は、下着やズボンを汚してしまいます。

そんな時、気軽に使える習慣が生まれたら、結構、明るい社会になるのではないかと思います。

|

« 今年いちばんムカついた女 | トップページ | 天皇誕生日 »

介護」カテゴリの記事

コメント

大人用の紙おむつ、いいですね~。
この記事を見て、改めてそう思いました。
母も年をとり、尿もれなどするので、尿もれにいいパンツを通販で買ったようです。
若い頃には必要がなくても、いずれいる時も出てきますから、
そんな時には素敵な?紙おむつ(パンツ)を穿きたいものです。

「腰パン」私もあまり好きではありません。
見たくもないお尻を見せられてもね~。

投稿: にこりん | 2007年12月23日 (日) 03時30分

にこりん さま、コメントをありがとうございます。
温泉や、スーパー銭湯に行くと、脱衣所などで‘失敗’した人の下着をよく見かけます。その汚れたままで、カラダを洗わずそのまま入浴する人を見かけると、その浴槽に入る気がしなくなります。
そうした‘意識’を浸透させるためにも、結構、健常な殿方にも必要なアイテムだと思います。
腰パンについては、公衆の場所での着用は止めてもらいたいですネ。

投稿: あらま | 2007年12月23日 (日) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17450021

この記事へのトラックバック一覧です: アクティブ・フィット:

« 今年いちばんムカついた女 | トップページ | 天皇誕生日 »