« マイカー遍歴 | トップページ | 「立ち湯」と「大福餅」 »

野宿の兄妹、どこにいる ?

浜松市で捜しています

『ホームレス中学生』が映画化されるそうです。そんな折、14日の静岡新聞の読者投稿欄の記事が話題を呼んでいます。

投稿の内容は、地下道で、一見、未成年に見える兄妹に声を掛けられなかった葛藤を吐露したもの。

それを読んだ浜松市の担当職員が二人を地下道を中心に捜したものの、いまだ発見されていないようです。

警察の調べによると、二人は地下道周辺を拠点としていて、未成年ではないことだけは確認されているようです。

浜松市の調査によると、今年一月の時点で確認されたホームレスは 105人なんだそうです。

投稿者は「この寒空では体が心配」だといっております。

静岡市でも、地下道、公園などのトイレを中心にたくさんのホームレスを見ることが出来ます。

昔は、神社やお寺を寝床にしていた人が多いようですが、今は鍵が閉まっているので入れないようですね。

小生も、呑み屋の前で倒れていることがあるかもしれませんが、見かけたら蹴飛ばしたり踏まないで下さいね。

|

« マイカー遍歴 | トップページ | 「立ち湯」と「大福餅」 »

話題」カテゴリの記事

コメント

私も朝、静岡新聞で見ました。
野宿の兄弟、見つかるんでしょうかね~。
ホームレス、悪く言うと浮浪者とも言いますが、かわいそうだと思う半面、近くにくると怖い気がします。
そういう人を出さない平和な世の中になるといいんですが…。
収入は上がらないのにガソリンの値上げに始まり、いろんなものが
値上がりをしています。
どんどん生活が大変になりますね。

投稿: にこりん | 2007年12月18日 (火) 16時30分

にこりん さま、若者の浮浪者の中には、確かに怖い人がいますね。小生も襲われそうになったことがあります。
でも、昔の浮浪者と違って、いまのホームレスは結構リッチなんですよ。
税金は納めなくてもいいし、ネットカフェなど、逃げ場はたくさんありますから・・・。
ストリート・チルドレンは、世界的な傾向なんだそうです。
かえって、所帯を構えているほうが苦しいようです。

投稿: あらま | 2007年12月18日 (火) 16時55分

野宿の兄弟だなんて・・・まるで戦後の話ですね。
今は豊かな時代というより、不安な時代ですね。

投稿: まさゆまま | 2007年12月18日 (火) 22時56分

おはようございます。
日本のホームレスはフィリピンのストリートチルドレンに比べると金持ちの部類に入りますよ。
以前暮らしてた事があるのでわかりますが、
それは悲惨なものでした。
その中に唯一光みたいなものを見出したのは、
彼らの眼の光が生き生きと輝いていた事でした。
中には悪賢いガキもいましたが、彼らの生き残る為の智恵と思い、素直に感心しました。

投稿: jinmu | 2007年12月19日 (水) 06時50分

『ほたるの墓』を髣髴させますね。
でも、今のホームレスは案外リッチなようです。
問題なのは、そうしたホームレスを襲撃する中学生が多いことです。
なんとも、ヘンな世の中ですネ。

投稿: あらま | 2007年12月19日 (水) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17402605

この記事へのトラックバック一覧です: 野宿の兄妹、どこにいる ?:

« マイカー遍歴 | トップページ | 「立ち湯」と「大福餅」 »