« K.Y内閣 | トップページ | 迫る、裁判員制度 »

映画『ミラーを拭く男』

還暦間近の中年を描く

雨ということで午後の工作機械の設置作業が中止となりました。そこで、会社の事務所に入れたDVDレコーダー(モニター)の様子を見ていました。Photo

その時、BS放送で映画を放送していたのが、『ミラーを拭く男』。 日本、2003年、監督・梶田征則、主演・緒方拳、栗原小巻、長門裕之、他。

この映画は、定年間近で交通事故を起し、それを契機に全国のカーブミラーを拭く行脚に出た奇特な男の話です。

この映画の主人公の人間関係の不器用なのは、自分自身を見ているようで、何かしら心に残る映画でした。

12年ぶりの映画出演ということで、栗原小巻さんが出ていました。かつてのファンでしたので、懐かしく思いました。

|

« K.Y内閣 | トップページ | 迫る、裁判員制度 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17340108

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ミラーを拭く男』:

« K.Y内閣 | トップページ | 迫る、裁判員制度 »