« 小沢党首の突然の辞任劇 | トップページ | サクラエビ秋漁はじまる »

大政翼賛会とは ?

大連立との違い

民主党の鳩山幹事長は、自民党との大連立を「大政翼賛会」のようなものとして批判しておりました。その言葉が小沢氏の逆鱗(注、コメント)に触れたようです。

この大政翼賛会とは、戦前の日本の官製統一会派で、ファシズム的な側面をもち、日本を戦争に導いた体制のことです。大政翼賛会が右翼の独裁とすれば、左翼の一例はフランス革命の時のジャコバン党派の独裁政治みたいなものですね。民衆からすれば、恐怖政治みたいなものです。

そうした一番嫌いな言葉に揶揄されて、小沢さんは逆上したのでしょうね。

自民党、新進党、自由党、民主党と渡り歩いてきた小沢さん。彼は、自分の意に沿わないとバッサリ切ってしまいます。その‘男の美学’の裏には、一党独裁政治に対する強い反感があったと思います。

反面、豪腕な党運営をしては、反感を買っています。

その小沢氏のジレンマが、そのまま一連の退陣劇につながっているものと小生は分析します。

この期に及んで、小沢さんが目指す政治体制とはどんなものか計り知れませんが、いずれにしても彼が目指す理想の実現には無理があるように思います。もう、彼についていく人はいないと思います。

|

« 小沢党首の突然の辞任劇 | トップページ | サクラエビ秋漁はじまる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

・用語について(本文1行目)
両者が共鳴したとき「琴線に触れる」と言いますが、
逆に反発し逆上したら「逆鱗に触れた」といいます。

投稿: まじへい | 2008年8月27日 (水) 10時36分

まじへいさま、ご指導をありがとうございました。
早速、訂正させていただきました。
小生は、琴線に触れる・・・という言葉の意味を履き違えておりました。

投稿: あらま | 2008年8月27日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16981737

この記事へのトラックバック一覧です: 大政翼賛会とは ?:

« 小沢党首の突然の辞任劇 | トップページ | サクラエビ秋漁はじまる »