« お調子者首相 | トップページ | 学園祭華盛り »

大江健三郎氏、証言す

作家の良心とは・・・

先の大戦末期の沖縄戦で、旧日本軍が住民に集団自決を命じたとする本の記述は誤りとして、当時の守備隊長らが、ノーベル賞作家の大江健三郎氏と岩波書店に損害賠償や書物の出版・販売差し止めなどを求めた訴訟の口頭弁論が9日、大阪地裁(深見敏正裁判長)であり、本人尋問が行われた。大江氏は「参考資料を読み、執筆者に会って話を聞き、集団自決は軍隊の命令という結論に至った」と述べ、軍命令説の正当性を主張した。今回の訴訟で大江氏が証言するのは初めて。  

 一方、大江氏に先立ち尋問があった原告の一人で元座間味島守備隊長、梅沢裕さん(90)は「(自決用の弾薬などを求める住民に対し)死んではいけないと言った」と軍命令説を強く否定。もう一人の原告の元渡嘉敷島守備隊長、故赤松嘉次元大尉の弟、赤松秀一さん(74)は「大江さんは直接取材したこともないのに、兄の心の中に入り込んだ記述をし、憤りを感じた」と批判した。

 訴訟は、来年度の高校日本史の教科書検定で、集団自決を「軍の強制」とした記述を修正した根拠にもなったが、その後、教科書会社が削除された記述を復活させる訂正申請を出している。

 大江氏は座間味、渡嘉敷両島の元守備隊長2人が直接自決を命じなかったことは認めたうえで、住民に手榴(しゅりゅう)弾が配布されたケースがあることを指摘。「当時は『官軍民共生共死』の考え方があり、住民が自決を考えないはずがない」と軍の強制があったと述べた。自著『沖縄ノート』について「強制において(集団自決が)なされたことを訂正するつもりはない」と語った。【産経ウェブ 9日】

大江氏は、元守備隊長 2人が直接命令を下さなかったことは認めました。あたりまえです。大江氏は、そこに居合わせていなかったから。

故赤松大尉が「軍令があった」という当時の証言は、その後の沖縄県民の復興を願ったもの。いわば人としての‘良心’であることがわかってきました。

後日、軍令があったことの証拠が出てきても、当時の赤松氏の証言の真意が崩れるものではないと思います。

作家である大江氏は、それが分かった以上、人としての‘良心’で応えるべきでしょう。

|

« お調子者首相 | トップページ | 学園祭華盛り »

話題」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
どうもこの大江健三郎という作家は胡散臭いところがあるように思えます。
以前文化勲章だったと思いますが、それを辞退したのにノーベル賞はホイホイと貰いに出かけてから特にその思いが強くなっています。
日本の権威、権力には抵抗するそぶりを見せ、外国の権威には無条件で這い蹲る。
そんな男に思えて仕方ないです。

投稿: jinmu | 2007年11月10日 (土) 14時58分

お久しぶりです
ずっと出歩いていました、本日も会社でした
大江健三郎という方は・・彼に限らず森村誠一なんかも偏ったこと書いてます
真実か否かは追究しなければなりませんが、大江、森村のいうことは信用ならん

投稿: 佐為 | 2007年11月10日 (土) 21時05分

jinmu さま、ありがとうございます。
戦争中は‘狂気’の世界といいます。人間が人間でなくなってしまうといいます。後日、冷静な目で戦争中の人を断罪することは‘酷’です。
大江氏が個人名を挙げて攻撃したことは、人間の‘良心’に反するものだと思います。

投稿: あらま | 2007年11月10日 (土) 21時11分

佐為師匠、お仕事、ご苦労様です。
さて、先日も大江氏は、静岡県の弁護士会の講演で「人権」について熱弁を振るっておりました。
人権・平和主義者の一人だと思われます。
今回の裁判所での証言で、大江氏が軍令がなかったことを認めただけでも、皆様の活動の影響であって、‘成果’があつたと思います。

投稿: あらま | 2007年11月10日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17027005

この記事へのトラックバック一覧です: 大江健三郎氏、証言す:

« お調子者首相 | トップページ | 学園祭華盛り »