« 皇居・宮殿に盲導犬 | トップページ | 20分のスクワット、入院 9日間 »

好評、防衛省のガンダム展

ファンネルも登場

昨日 7日と本日まで、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ケ谷で、「ガンダムの実現に向けて」と題されたシステムが展示されている。展示品の資料として人気アニメ「機動戦士ガンダム」の言葉が登場したことから、インターネットなどで話題となり、例年よりも多くの見学者が集まった。

 「ガンダム」と名付けられたのは「先進個人装備システム」で、自衛隊員が陸上戦闘で装備する“未来”のシステム。暗視機能やインターネット閲覧もできる超小型モニター付きヘルメット、体温を識別して隠れた敵兵士を探知するスコープをつけた銃などを装備し、無線通信で敵味方の位置情報を共有するなどして、隊員の戦闘力、部隊の展開力を向上させる狙い。敵に装備が奪われても生体認証で情報漏れを防いだり、筋力を向上させるパワードスーツの実装も盛り込まれている。

 また、「機動戦士Zガンダム」でニュータイプのパイロットが自在にコントロールする兵器「ファンネル」を思わせるような空中に静止するミサイルや、偵察用小型ロボットなど、まさに「ガンダム」を思わせる新装備も展示され、来場者の注目を集めていた。 防衛省技術研究本部は「『ガンダム』という言葉は、あくまでもイメージ。だが、話題になって国民に研究を知ってもらうきかっけとなったことは喜びたい」と話している。【ヤフーニュースより、抜粋】

この記事を読んだ弊社のガンダム部長氏(38)は、「まだまだ初期段階、こんな装備ではいっぺんにやられてしまう」と、手厳しい。その後、延々と新語 ? を交えて解説していましたが、小生にはチンプンカンプンでありました。

|

« 皇居・宮殿に盲導犬 | トップページ | 20分のスクワット、入院 9日間 »

国防」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
あらまさんも何処でこんな話題を拾ってくるのですか?(笑)
軍事ヲタクのオヤヂとしては行きたかったですね。
特に「先進個人装備システム」なんか見たかったですよ。
でもあまりにも前線の情報が後方の指揮官に解り過ぎるのも考え物です。現場の状況を考えずに指揮介入の恐れがありますからね。

投稿: jinmu | 2007年11月 8日 (木) 16時20分

小生の横には、いわゆるガンダム・エイジの部長さんがいます。何でも知っています。どこで、どんな展示会を開いているなんて、朝飯前です。
机の中には、ガンダム・グッズが揃っています。
その話題で商談が出来るのですから、世の中変わったものですネ。

投稿: あらま | 2007年11月 8日 (木) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/17011373

この記事へのトラックバック一覧です: 好評、防衛省のガンダム展:

« 皇居・宮殿に盲導犬 | トップページ | 20分のスクワット、入院 9日間 »