« アフガンに日本の陸上自衛隊を派遣 ?    | トップページ | 豪腕、小沢代表 »

市民運動

巧みな「サヨク」

拙宅の近くに、東洋一の漁港と謳われた 焼津港 というところがあります。以前は、カツオ・マグロで賑わっていましたが、最近は、トンと振るわないそうです。

その焼津船籍の船に「第五福竜丸」という木造船がありました。今は、東京の夢の島というところで展示されております。

なぜ、こんな夢の島に捨てられていた木造船が展示されているのかというと、焼津の不幸な歴史を象徴しているからです。

今回は、少し長いですが、是非、皆様に知ってもらいたいことがありまして、不才を顧みず拙文を記します。

1954年に第五福竜丸が、ビキニ環礁で、アメリカの水爆実験で被曝したことは、皆様、ご存じてありましょう。

それ以後、焼津は「平和運動」の拠点のひとつとなりました。

早速、「左翼」を中心に 原水禁・原水協 が組織され、静かな港を練り歩きました。全国から 労働団体、教員団体などが集結し、それに応答するように、「右翼」の宣伝カーが爆音を轟かせて「応戦」していました。

そんななか、第五福竜丸の無線長だった 久保山愛吉さんが亡くなると、平和運動団体は、久保山さんの奥さんを持ち出して、全国の平和運動に連れまわしたのです。

久保山さんの奥さんは、優しくおしとやかな人でしたが、平和運動家らと行動を共にするに連れて雄弁になり、まったく人柄が変わってしまいました。

その姿をみて、焼津の人は、久保山さんの奥さんも「犠牲者」だと思ったそうです。

そんなわけで、焼津の漁民は、平和運動には一切かかわりません。

それと同じようなことが「オキナワ」でも起こっているそうです。

サヨク」が巧みに市民に潜入して、運動を扇動しているといいます。

基地問題も、教科書問題も、沖縄の人たちは、ホンネは「静かにしてもらいたい」と思っているようです。

加えて「サヨク」らは、沖縄の人に「チエ」を吹き込んで、問題を大きくしたり、要求団体に変質させてしまっているといいます。

そんな沖縄の人に対して、本土の人は 批判 を強めています。

しかし、本土の人が対象とすべきは、チエを吹き込んだ「サヨク」であります。

平和を乱す平和論者。その中には、教職員が占めているといいます。

|

« アフガンに日本の陸上自衛隊を派遣 ?    | トップページ | 豪腕、小沢代表 »

話題」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
サヨクの連中の巧妙なところは人の善意を取り込みながら世論を作っていくところだと思います。また世論形成に有利なマスコミ関係者に多いところも頭の痛いところです。

今回アップ記事が200回目になったのでTBを送らせて貰いました。
これからも宜しくお願いします。

投稿: jinmu | 2007年10月10日 (水) 06時18分

jinmu さま、200回 UP、おめでとうございます。
これからも、末永く、ご発展されることを祈念いたします。

投稿: あらま | 2007年10月10日 (水) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16712973

この記事へのトラックバック一覧です: 市民運動:

» ブログ開設200本目の記事 [40代オヤヂの憂憤]
今回の記事でブログ開設以来200本目になります。100本目の時はブログの更新で無我夢中だったので全然わかりませんでした。 でも我ながらよく挫折せずにここまでこれたと思います。 これもひとえに私のようなオヤヂネタ満載のブログにもかかわらず見に来られる方たちの賜物です。改めて御礼申し上げます。 ありがとうございます。 それと私のブログ仲間達の心温まる応援コメントに励まされての事です。 ささやかですが私の感謝の印にブログ仲間達のブログの紹介をさせて頂きます。順番は親疎の度合いを測るものではありませ... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 06時19分

« アフガンに日本の陸上自衛隊を派遣 ?    | トップページ | 豪腕、小沢代表 »