« 自虐報道 | トップページ | 市民運動 »

アフガンに日本の陸上自衛隊を派遣 ?   

小沢代表は強運か ?

民主党の小沢一郎代表は、本日 9日発売の月刊誌「世界」に論文を寄稿しました。

その中で、アフガニスタンで活動する国際治安支援部隊(ISAF)などに自衛隊を派遣することに前向きな姿勢を示しました。理由は、国連決議に基づく活動だから。

それに対して、石破防衛大臣は、小沢代表の考えは憲法違反であるとの見解を示しました。

えっ、逆じゃないの ! ?

いつから、自民党と民主党が逆になったのでしょう・・・。

小沢代表の考えは、正論だと思います。洋上ガソリンスタンドで、やみくもに油を提供するよりも、日本としてキチンとした救援活動をするほうが、はるかに国益に適うと思われます。

誰だって、旅先に、ガソリンをタダで届けてくれれはありがたいと思いますよ。そんなのは、直接の治安支援活動ではないですね。「アッシー君」や「ミツグ君」は、まま、捨てられてしまうものです。

しかし、もし、アフガニスタンに自衛隊を派遣した場合、隊員は安全でしょうか。昨年までのサマワのように、無事で通るでしょうか ?

小泉元首相の時は、海外派遣の自衛隊は全員無事に帰国できました。万一、何かがあったら、小泉さんは責任を取らなければならない状況でした。それは、安全宣言をして派遣したからです。

もし、仮に、小沢さんの考えが通って事故でもあったら、小沢さんは責任を取るでしょうか ?

小沢さんは安全宣言とは関係がないようです。「危険な場所で作業をするために訓練をしている、殉職も已む無し・・・」という考え方なのでしょうか ?

確かに、今までに訓練中とか爆弾処理などで、殉職した自衛隊隊員はいます。小生の会社にも、かつて事故で亡くなった人もいました。みんな、命がけで、危険な仕事に従事しているのです。

民間が命がけで仕事をしているのに、海外派遣の自衛隊が安全を確認されなければ仕事をしない・・・ってのも変な話です。

こうして見ると、障害者自立支援法の見直しといい、社保庁問題といい、民主党の政策に賛成できることが多いですね。

また、小沢さんのかつての憲法論も、読み直すと面白い。

支持政党を、民主党に替えようかな・・・。

|

« 自虐報道 | トップページ | 市民運動 »

外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16710049

この記事へのトラックバック一覧です: アフガンに日本の陸上自衛隊を派遣 ?   :

« 自虐報道 | トップページ | 市民運動 »