« 書生哀歌 | トップページ | 敬老の日 »

総裁選挙

公職選挙ではない ? ?

安倍首相の辞任に伴い、地方でも党員予備選挙も実施されるところがあるそうです。

静岡県連でも独自に党員投票(予備選挙)を行うことを決め、早速、党員、党友約3万7000人に往復はがきで投票用紙を送付したそうです。

そろそろ拙宅にも投票用紙が届く頃でありましょう。この党員投票の結果をもとに県連三役が総裁選挙人として 23日午後の両院議員総会で、本県の持ち票の3票を投じることになつているそうです。
この3票の持ち票を予備選の最上位者がすべて獲得する総取り方式か、得票に応じて配分するドント方式を選択するかは、20日の県連役員会で決めるといいます。つまり、票の様子を見て、その取り扱いについて協議するというのですからお笑いです。

しかし、既に県内選出の自民党国会議員も党本部で国会議員会議を開き、「民意を反映させるためにはドント方式が望ましい」との認識で一致しているのだそうです。

・・・と、いうことは、票がどんなであれ、静岡県としての意向は既に決まっているということではないですか ?

なぜ、こんなことが許されるのか。それは、総裁 = 首相 ではありますが、自民党の総裁という個人的な団体の首領を決める選挙の投票は、公職選挙ではないというのですね。

だから、赤坂の料亭街では、黒塗りの車が封筒や風呂敷を持って往来しているのだそうです。

|

« 書生哀歌 | トップページ | 敬老の日 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16474876

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選挙:

« 書生哀歌 | トップページ | 敬老の日 »