« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

B級グルメ -2

それぞれが絶品の味

本日 29日、静岡市の青葉シンボルロードというところで、静岡県内の B級グルメ が一堂に出品されました。家内のきっての希望で、小雨の中、ちょいと見物してきました。

この前の富士宮市で行われた「B -1 グランプリ 全国大会」では、あまりにもの沢山の人だかりで、小生らは満足に試食ができませんでした。ですから、この機会に、全品試食制覇をかけて夫婦で出向いたのでした。

エントリーされたのは、B級の王者 富士宮やきそば をはじめ、袋井の たまごふわふわ、藤枝の せとやコロッケ、静岡の 静岡おでん、裾野の すその水ギョウザ、沼津の あじ寿し、東伊豆からは 肉チャーハン、そして浜松からは 浜松餃子遠州風お好み焼き などです。

どれも B級だなんて言えないほどの、シッカリとした味です。

特に、小生は、裾野の 水ギョウザ が美味しいと思いましたので、一票(一膳)を投じました。また、肉チャーハン も美味しいと思いました。

残念なのは、静岡 B級グルメ御三家といわれる「富士宮やきそば」「静岡おでん」「浜松餃子」が、本来の味を出していませんでした。初めて試食した人には誤解を与えてしまうのではないかと心配してしまいました。

そうは言っても、美味しいことには間違いはありません。せとやコロッケも三色そろっていて、それぞれに特徴があっておいしかった。

食欲の秋を満喫できた至福の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏ツール

ケータイの裏世界

ケータイの裏世界といえば、「裏ツール」「裏技」など。これも密かに人気があるのだそうです。

「エミュレーター」(違法にゲームをダウンロードする方法)とか「メールポム」(大量にスバムメールを送りつける)なんてのがあるようです。いずれも悪質、危険なものですから手を出さないほうがいいですネ。

シャツター音を消して、盗撮行為。これも悪質です。しかし、こうした情報が簡単に手に入る世の中。大人はこうしたものがあるということを知っておく必要があると思います。

それにしても、若者には誘惑が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ小説

文言一致

昨夜の 『NHK クローズアップ現代 (NO.2468)』では、最近、若者の間で流行している ケータイ小説 を取り上げていました。

実は、小生、ケータイ小説なんて今まで知りませんでした。娘に聞いたら、女子高生の間で人気ですが、忙しい人は読む暇がない・・・なんて、言っておりました。

横文字で、短い文。しかも、現代の流行の口語調です。

簡単な文ですので読みやすい。しかも、人それぞれ、いろいろと想像ができるというのですネ。いわゆる、現代風の短歌の世界です。

20年前、小生は、俵万智さんの『サラダ記念日』の登場に、強い衝撃を受けたことがありました。今回の ケータイ小説の流行は、それと同様な衝撃です。

言葉の乱れに顔をしかめる人もいるかもしれませんが、しかし、これからはこうした表現方法が主流になっていくだろうと思います。

もしかして、小生のこの駄文も、こうした趨勢に流されているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・ユーモア

言うことを聞かない子供へ

25年前、

「言うことを聞かないと、戸塚ヨットスクール に入れるぞ !」

そして、今

「言うことを聞かないと、相撲部屋 に入れるぞ !」

・・・こんな内容のことをラジオが言っていました。亡くなった子供のことを考えると、素直に受け入れられないものですが、ある意味、時代を突いたものだと思いました。

実は、小生は、戸塚ヨットスクールの教育方針には賛同しております。死ぬほどシゴクことに賛成しているのではなくて、海の厳しさから甘えたココロを叩きなおすという教育姿勢に賛同しているのです。

同様に、国技としての大相撲も好きです。スポーツで、死ぬほどシゴクことには、もちろん賛成できません。しかし、シゴかないと、上達しないのも事実でしょう。

子供をシゴクと文句を言う親もいれば、熱中症に無関心なスポーツ指導者もおります。どちらも困りますが、行き過ぎは、やはりよくないですネ。

親の犠牲になるのは、子供ですから・・・。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明月

十五夜と満月

小生は朝帰りであります。

酔っ払っているわけではありません。交代制の夜勤をしているからです。

そして、今朝は 3時に仕事をたたんで、外に出ました。すると、明るい月夜でした。くっきりと小生の影が路上に映ります。

「中秋の名月は、確か過ぎていたはず・・・」と、思いながらラジオを聴くと、昨夜(今夜 ?)が満月なんだそうです。

どうやら、中秋の名月は旧暦の十五夜で、実際は二日遅れの昨夜(今夜 ?)が満月なんだそうです。

帰路、港に寄ると、太刀魚釣りから帰ってきた船に会いました。明るい月夜は、当たりがよかったようでした。今朝のおかずは、太刀魚であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線 のぞみ

夢の超特急

映画「always 続・三丁目の夕日」が、11月 3日より東宝系で公開されるそうです。

この映画に「ビジネス特急・こだま」が出るということで、早くも鉄道ファンは期待しているそうです。

この「こだま」は、昭和 33年時点で、東京 - 大阪間を 6時間 50分で結び、なんとかとんぼ返りの日帰りビジネスを実現したということで画期的なことでした。

今では新幹線「のぞみ」が N700系車両を利用して、東京 - 新大阪間を 2時間 25分で結んでいるといいます。

ところで小生は、いままで「のぞみ」に乗ったことがありません。なぜなら「のぞみ」は静岡には停まらないからです。

そうした県民の声に応えて静岡県知事は、JR東海にたいして「のぞみ」が静岡県内に停まらないのなら「のぞみ通過税」を掛けるぞ・・・と、脅しましたが、それでもJR側は、「のぞみ」を静岡県内に停車させるつもりはないようです。

お陰で、小生は新幹線の新型車両に乗ったことがありません。

さらに、小生は東京方面によく出張するのですが、小生が拙宅を出てからいろいろと乗り継いでちょうど 3時間で東京駅に着きます。その時間なら、東名高速で自動車で行っても同じ時間です。

ところが、京都の同業者も、家を出て「のぞみ」を利用すれば、ちょうど 3時間で東京に着くといいます。飛行機でも同じぐらいといいます。

拙宅は、やはり僻地でしょうか ? ? ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のび太」首相

「のび太」の中国名は「康夫」

「ヤフー・ニュース」を見たら、おもしろい記事が載っていました。

 「ドラえもんのお陰?」「のび太が首相に」……。福田康夫氏が25日、国会で首相に指名されたことで、日記風のホームページ、ブログを営む中国のブロガーらが興奮しつつ「のび太首相」の誕生を祝っている。中国でもドラえもんは大人気だが、野比のび太の中国語名は「野比康夫」。福田氏の顔もどことなく「のび太」に似ているとの不謹慎(?)な指摘もある。【サーチナ・中国情報局】

そういえば、昨年の産経新聞に、中国が期待する七人の自民党政治家に、福田氏、河野氏、高村氏、などの名前があがっていました。今回の組閣人事は、中国の熱望に応えたものなのでしょうか ?

【追記 27日】

電話世論調査によりますと、福田内閣の最初の支持率が「57.8%」と発表されました。あわせて、政党支持率も、自民党は民主党を逆転したといいます。高い支持率です。

また、閣僚からの印象として、渡辺公務員制度担当相などは「笑いの絶えない内閣、首相はボケ・キャラ」とコメントしていました。

福田新内閣には、引き続き、「官僚内閣制」から「議院内閣制」への改革を続けるように期待したいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山で雪舞う

今シーズン、初めて

NHKのデータ放送のニュースによると、北海道で最も高い山、大雪山系の旭岳が、雪化粧をしたそうです。

去年より 2日、平年より 1日遅い初冠雪だったようです。

また、昨日の 24日、富士山頂付近で雪が舞ったそうです。

その日の富士山の山頂の気温は、午後 2時で 2.9℃。お彼岸まえでは 16.2℃を記録したばかりです。

平年ですと、来月 1日に初冠雪が観測されるといいます。これから富士山頂は、急激な冬を迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏サイト 闇サイト

小生のブログは 闇サイト ?

以前、『知恵袋』で、裏サイトと闇サイトの違いをうかがったら、こんな答えが返ってきました。

「裏サイト」の場合は、公式のサイトがきちんとあるものの、それとは無関係に非公式につくられたもの。

「学校裏サイト」とい<うような場合は、その学校に通う生徒が情報交換や交流の場として携帯サイトとしてつくられたものですが、実名をあげての誹謗・中傷等が書き込まれることが多く、問題となっています。

「闇サイト」はアンダーグラウンドの情報を載せているもの。違法行為を助長したり、受け付けたりすることもあるようです。

いずれにしても、人間の影の部分を如実に表しています。闇サイトで有名なカテゴリーは「集団自殺サイト」とか「殺人依頼サイト」。また「猟奇的サイト」にも‘人気’があるのだそうです。

こうした闇サイトが実際にどんなものか、覗いてみました。「殺人の仕方」「毒薬の入手方法」「爆弾の作り方」「女性の拉致方法」などが詳細に説明されていて、まさに犯罪です。

こうした悪いサイトから子供を守ろうということで、フィルタリング(ふるい分け)というソフトが活用されているそうです。また、劣悪なサイトを探し出して、閉鎖や削除依頼などの警告をする活動も活発になったているそうです

そこで、子供向けのサイトのひとつ「キッズ・グー」を見てみると、そこからは悪いサイトにはリンクでくないようにフィルタリングされていました。

キッズ・グー」でいう悪いサイトとは、犯罪を助長させるものから、偏った思想を展開するサイトも含まれているようです。

そこで、当サイトもどんな処遇なのか見たことがあります。すると「有害サイト」という処遇のようです。

どうやら、偏った思想という烙印を押されているようです。小生の同士のサイトも規制されている様子から、右寄りサイトはダメらしい・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

裏会社・裏役所

スレッドへの匿名書き込み

2チャンネルというサイトがあります。いわゆる裏サイトの奔(はし)り的存在で、そのオーナーは名前も顔も割れ、いくつもの裁判沙汰をかかえているようです。

そうしたサイトに類似したサイトがいくつもあります。MIXIのなかにもあります。

そうしたサイトの問題が顕在化したのが、2年前の長崎の小学生の校内殺人事件でした。

これは、裏サイトに誹謗中傷を書かれた 小 6の女子児童が、首謀者の同級生を校内で刺し殺したという衝撃的な事件でありました。

そのあたりから、裏学校・裏学級の問題がクローズアップされてきたと思います。

その裏学校・裏学級に現職の先生が参加しているということが判明して問題が大きくなりました。

さて、こうした現象は、学校だけではなく、会社とか公官庁、役場にまで波及しています。

論談」というサイトも、その一つでありましょう。

上司の悪口はもとより、汚職などの内部告発の場に成長しています。

現場では告発できなくても 「名無しさん」 という匿名で、最近は、裏サイト内で暴露合戦が繰り広げられております。

市役所職員が年金の保険金を横領していたことも、警察庁の裏金の存在も、こうした裏サイトからの暴露からであります。

中には、暴力団の末端団員が、親分からの待遇が公正でないことを理由に、この親分の不正を暴くという微笑ましいものもあります。

こうして不正が正せることは、ある意味、良い現象でしょう。

ただし、冤罪もあります。女性関係を捏造されて、組織にいられなくなつた例もあります。

このように、裏サイトは、社会現象の一つであります。今後、ますますヒドクなっていくでしょう。

自動車の発明で交通事故が登場したように、ネットの出現で裏世界も出現してしまいました。

人間世界には、常に、光もあれば影もあるということなのでしょう。いよいよ住みにくい世の中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プライベート・ジェット

金持ちには敵(かな)わない

どんな車に乗っているか・・・。これが、その人のステータス・シンボルという時代がありました。

高級車に乗るほど、迫(はく)がつくというものでした。

しかし、今では暴走族が、新車のベンツとかマジェスタを改造して走っている時代です。

小生の知り合いの船元は、小生の100倍の所得があるのに、軽トラを愛用しています。その部下が BMW に乗っているので、訪ねに来る営業マンたちは、誰が社長なのか、間違えてしまうようです。

また、レジャー・ボートなんて、金持ちの道楽というイメージですが、小生みたいな貧乏人でさえも小船を所有していました。これも、ピン・キリ であります。

ところで、拙宅から 10キロほど離れたところに、新空港ができるそうです。今でも、新空港建設に反対を唱えている人がいますが、もうほとんどカタチができています。

それを心待ちにしている知人がいます。なんと、彼は、プライベート・ジェットのオーナーになるのが夢なんだそうです。

彼が言うには、彼には既にプライベート・ジェットを保有するだけのカネはあるのだそうです。あとは、それを置く場所がなかったそうです。

プライベート・ジェットといえば、タイガー・ウッズとか、ハリウッドの名優の世界だと思っていました。あの ホリエモン も、プライベート・ジェットでロシアの人工衛星の買い付けに行ったということでした。

耐震偽造マンションを販売したというフューザーの小嶋社長もプライベートの単発機を持っていました。

小生の後輩の石屋さんは、ヘリコプターの操縦免許をフィリピンで取ってきたとか・・・。

そんなわけで、金がある人は、結構プライベート航空機を所有しているのですネ。

地方の格差が叫ばれていますが、その地方の中にも、こっそりと金を持っている人が結構いるようです。

これは、戦後の農地改革にも一因があると思います。

今度、プライベート・ジェットを持ちたいと言った人は、広大な土地を、ホームセンターとかパチンコに貸していて、月の収入が 1,000万を越すといいます。

そんな人が、プライベート・ジェットを経費で落とせるのでしょうか ? ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

善戦した麻生候補

ひかる 197票

自由民主党の総裁は、予定通り 福田康夫氏 に決まりました。

群馬県では 4人目の総理なんだそうです。

しかし、民意は麻生氏側でしたでした。

こうした類の選挙は、多数決ではなくて 多勢決 なんでしょう。

そのなかで、議員の中から、麻生さんの方に多数の票が流れたということは、まだまだ議員の中には良識があったということなのでしょう。

気になるのは無効票の一票。議員さんにとってはたったの一票でも、党員にとっては約一万人分です。これは一体、何だったのでしょうか ?

いずれにしても、福田新総裁の手腕に期待したいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

掃海艇

地道な仕事

昨日、PTAの研修旅行ということで、海上自衛隊横須賀基地に行く予定でした。しかし、小生には所用があり、代わりに家内に行ってもらいました。(地元の水産高校から、多くの海上自衛隊員を輩出しています。)

海上自衛隊は、いろいろなイベントで、静岡県の各港にも寄港しますから、そのときに内部見学をさせてもらうことがあります。

数年前に、新港の開港のとき、美しい帆船である‘日本丸’にココロを奪われて、横にいた掃海艇の見学を忘れてしまいました。

そんなわけで、掃海艇の内部の見学はしたことがありません。ですから、いきたかった ! !

しかたなく、家内からの土産話で我慢しました。Photo

この海上自衛隊の掃海艇とは、機雷の除去のために作られたものなんだそうです。

太平洋戦争の置き土産である海の機雷の除去は、船舶の安全航海のためには絶対に必要な作業です。小生らがのんびりと沖釣りを楽しむことができるのも、こうした海上自衛隊の地道な活動があるからです。

海上自衛隊の活躍は、日本の海域だけでなく、インド洋やペルシャ湾の掃海にも活躍しました。

世界の航路の安全に寄与したということは、あまり知られていないようです。

家内の話によりますと、爆弾処理班である海洋掃海艇は、台風に時には沖に出て待機するのだそうです。

つまり、常に処理用の爆薬を積んでいるので、湾内の安全のために、わざわざ荒海の真っ只中で台風の通過を待っているのだそうです。

先日の関東地方を直撃した台風 9号の時も、沖で‘待機’していたそうです。

おそらく、船の中は、上を下への状況なのでしょう。

そうした仕事の評価を、私ども国民はしているでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山拓さんもご乱心 ?

北朝鮮の核実験問題

まずは、ネット・ニュースから引用してみます・・・

広島、長崎両市は21日、自民党の山崎拓前副総裁が昨年10月に北朝鮮が行った核実験について「核保有がはっきりしたという意味でやらせてよかった」と発言したことに抗議する文書を、秋葉忠利、田上富久両市長名でそれぞれ山崎氏の事務所に届けたと発表した。
 広島市は北朝鮮の核実験に関し「平和的解決に向けた国際社会の外交努力を無にした」と指摘。「(山崎氏の)発言は、核兵器廃絶に向け不断の努力を続けてきた被爆地ヒロシマとして容認できるものではない」と批判している。
 一方、長崎市は「核実験の強行が被爆地をはじめとして周辺国の住民を大きな不安に陥れ、国際関係に緊張をもたらした当時の状況を十分に理解した発言とは思えず、看過できるものではない」としている。 (ヤフー・ニュース)

この人が、防衛庁長官の経験があつたことに、まず驚きます。

久間発言といい、防衛省にはそうした体質があるのでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北京五輪は大丈夫か

中国の国民性

まずは今朝の静岡新聞から・・・。

【北京 21日共同】 日本の女子サッカーチームが中国で観客からブーイングを受けたのにもかかわらず、試合後に「謝謝」(シエシエ)と中国への感謝を表した横断幕を掲げたことに対し、同国内では「勇気に感動した。見習うべきだ」と称賛する声と「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥じた」と反発する声が交錯、メディアも巻き込んだ論争に発展している。

日本チームが横断幕を掲げたのは、17日に杭州で行われた女子ワールドカップ(W杯)の対ドイツ戦。ドイツサポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴びる中、0 - 2 で敗れたが、選手は試合後に観客席に整列。「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を広げ、深々とおじぎした。Photo

翌 18日、四川省の成都商報(電子版)が写真つきで伝えると、話題は全国に飛び火し、主要サイトには「最大の敗者は日本選手ではなく(マナーの悪い)観客だ」(中国網)と反省を促す書き込みが。しかし「日本に手心を加えるな」「ブーイングは当然」との反論も相次ぎ、一部ではののしり合いも起きている。

こうした中で 20日付の週刊誌「国際先駆導報」は、日中の歴史問題の重要性を認めつつも「中国には未来志向で健康的な大国意識が必要」と強調。歴史問題をスポーツに絡める態度をやんわりといさめた。

そういえば、中国での2004年のサッカーのアジア・カップ対日本戦で、中国の観客が反日騒ぎを起こしたことがありました。

今でも中国の街角には「抗日」と書かれた看板が立っています。

どこに行っても「抗日」「抗日」です。これは、中国政府のスローガンです。

こうした看板が中国の街角から消えない限り、こうした問題はあとを絶たないでしょう。

はたして北京五輪では、日本選手団を冷静に迎えることができるでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑、止まず

地球温暖化現象か

「暑さ、寒さも、彼岸まで」・・・

どうやら、この句も死語になりそうです。

連日連夜の猛暑日。

北海道から九州まで、最高気温が30℃から下がりません。

ところが、静岡県は 16.2℃でした。

爽やかです。

もちろん平地ではありません。富士山頂の昨日の最高気温でした。

こんなことは観測史上初めてなんだそうです。

ちなみに、平年では富士山頂の最高気温は 5.2℃なんだそうです。

富士山の平年の初冠雪は 10月 1日。 雪が間に合うでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファジーな習慣 - 1

すきま風

先週から、インド人が弊社に研修に来ています。

インドの若い女性の大きな瞳に、引き込まれそうなあらまであります。

その彼女が、日本のドアーに関心を持つたようです。

自動的に閉ることではなく、途中で固定できる構造に。

彼女は高貴な階級のようですから、彼女のインドの自宅にはドアがあるようです。

そのドアは、開けるか閉めるかのどちらかというのです。

ですから、途中で固定されるドアの意味が分からないようでした。

「日本の家屋は、紙と木でできていた。だから、湿気を防ぐために、常に通風をしておく必要がある。その点、日本の‘引き戸’は日本の家屋に適っている。」なんて、テキトーに説明しておきました。

イエスかノーなのかハッキリしない日本人。大きな瞳は困惑を隠しきれないようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

政治空白の責任

自民党の危機管理意識を問う

マスコミのお囃子(はやし)で、総裁選挙が熱気を帯びていようです。本日の朝刊のコラムを読んでも、政治評論家氏の論調は、「政治は面白いほうがいいに決まっている」と、書いています。

しかし、国の危機管理の面から考えると、こんなに恐ろしいことはない。今の状態は、総理大臣代理も置かない‘無防備状態’に近い。

いまここで、大災害が起きた場合、政府はどうするのでしょうか ?  ある程度、危機への対応がシステム化されているとはいえ、オートマチックではない。

今のところ、大きな問題は起きていないようですが、このような空白を設けることは、絶対にしてはいけないことです。

しかも、国会も開店休業です。国会が空転していても、歳費はドンドン費やされている。それが一日当たり 3億円とテレビでは言っております。

それについて、民主党は懸命に指摘しているのですが、自民党は馬耳東風です。

実のところ、総裁選に熱中しているのは、マスコミ関係者と、自民党の一部です。

小生は、自民党党員で、総裁選に投票しましたが、どうやら一般党員の意思は反映されないシステムになるようです。

そんなわけで、マスコミの賑やかさとは裏腹に、ほとんどの国民はシラケています。結果がミエミエですから。

そえした政府・自民党の空白期間を設けたことについての責任を、民主党は問う姿勢です。

しかし、そんなことをしたら、貴重な国会の時間が無駄に費やされてしまう・・・・。

かと言って、追求しないわけにもいかない。

こんなことを繰り返しているようでは、自民党離れは、ますます進むことでしょう。

【訂正】

たとえ、北朝鮮からミサイルが飛んできても、着弾してから空襲警報が流されるそうです。

・・・と、いうことは、根本的なところに問題がありました。慎んで、訂正します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

収支報告書、未提出

政党支部など、200箇所以上

報道によれば、国庫から政党助成金を受けている政党のなかで、収支報告を提出したいない団体が、全国に 200箇所以上もあるそうです。

自民党はもとより、社民党の 3箇所、共産党の 1箇所も含まれているというのですからお笑いです。

そのなかで、共産党の言い訳がおもしろい。

「担当者が休んでいた。システムの調子が悪かった・・・」。中韓人の常套手段と同じことを言っている。

今後、社民党や共産党が、政治とカネの問題で、どのように政府を追及するのか、注目したいですね。

いずれにしても、どこから政治献金をもらい、そのお金をどのように使ったのか・・・ということを発表してしまうと、マスコミなどから突っ込まれてしまうことは目に見えています。

もう、領収書のコピーなんてできません。

そんなわけで、うかつには発表できないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居勤労奉仕団

美しい森

東京のド真ん中にある別世界、それが皇居です。そこに入ると、一瞬にして都会の喧騒が消えてしまいます。

以前は、皇居の勤労奉仕は、身元確かな限られた人しか参加できませんでした。

ところが、最近では、「皇居勤労奉仕ツアー」なるものがあって、だれもが参加できるようです。

本日、暇な知人らが、その皇居に日帰りで出かけました。なんでも 10回目なんだそうです。

「お前は東京が詳しいから、バスの運転をしろ」と、誘われましたが、小生とて平日は仕事であります。そんなに休んでばかりはいられません。

小生も、昔ーし、昭和天皇の頃、一度だけ皇居に行ったことがあります。そのとき、偶然にも昭和天皇からお声を掛けていただいたことがあります。そして、タバコを戴いて来ました。(もちろん、菊の御紋入りです)

感激、感激 ! !   その夜は眠れませんでした。

そんなわけで、行きたかった ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「内閣広報室からのお知らせ」?

廃刊 ? 安倍内閣メールマガジン

本日は、彼岸の初日であります。この暑さも、彼岸を過ぎればおさまるのでしょうか ?

ところで、木曜日の朝といえば、内閣のメールマガジンが届くのが常でありました。

しかし、今朝は「内閣広報室からのお知らせ」なるものが 数行 届いただけです。

どうやら、立法府も内閣府も、心肺停止状態のようです。あるいは、脳死状態といったほうが、正確かも。

こうした政治の空白は、国防上など危機管理体制を考えた上からも、絶対に作ってはいけない。

国民不在の永田町。中国の政治を批判できるものではない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファティック

存在を確認

車の運手中に携帯電話を操作することが禁止されて、今度の 11月で 3年目になろうとしています。

罰金 5万円以下、減点 1 にもかかわらず、相変わらず運転しながら携帯電話の操作をしている人を見かけます。

それなら・・・ということで、路肩に車を停めて、長々と電話をしている人を見かけます。後ろには何十台もの車が渋滞しているのに・・・。

とにかく、かた時として携帯電話を離すことができないようです。

若い人たちに聞くと、携帯電話が手元にないと不安になるというのですネ。

小生らの世代にはない現象です。どうしてこうなつたのでしょうか ?

言語学者に聞いたら、これは人間の言葉の本質に原因があるというのですね。

つまり、言葉というのは、本来、互いの存在を確かめ合うためにあるというのです。

これを、ファティック (phatic = 交語) と言うのだそうです。

小鳥のさえずり、犬の遠吠え、秋の虫の音なども、これにあたるといのですね。

本来、動物というのは敵に存在を知られないように静かに潜んでいるものらしいです。

ところがその危険を冒してまでも自分の存在を自分と同じ種族のものに知らせる行為は、種の保存のためといい、互いの存在を確かめることで安心を得るのだそうです。

その行為の延長が、携帯電話を片時も離さないという行為として現れているのだそうです。

それにしても、路上での電話は止めてほしいですネ。

道路は電話ボックスではないですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一円に泣く

盗電で御用

コンビニのコンセントに無断で携帯電話をつないで充電したとして、当時中学二年生だった男子生徒が地検に書類送検されていたことが、本日、分かったそうです。

被害総額一円の事件の送検は、珍しいといいます。

パトロール中の署員が店の前で座り込んでいた男子生徒に声を掛けて盗電を確認したということだそうです。

「一円の領収書などない ! 」なんて、うそぶいている政治家の皆さん。

民間では、たったの一円でも、送検されるのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自力救済

近代法の問題点

盗まれた自分のものを取り戻そうと、米ネバダ州ラスベガスのホテルに押し入り、逮捕された米プロフットボールの元スター、O・J・シンプソン容疑者(60)について、同州の検察当局は18日、武装強盗のほか、監禁などを含む計11の罪で同容疑者を起訴したと、マスコミでは伝えております。

こうした行為は「自力救済」といわれ、近代法治国家では禁止されている行為です。

しかし、戦国時代とか無政府状態の場合、自分の問題は自分で解決するしか方法はなく、盗まれたものは自分で取り戻さねばなりませんでした。家族を殺されたら、相手の家族を殺す。つまり報復社会でありました。これは、テロ行為につながるものであります。

しかし、近代から現代に移った今の世界でも、世界法が完備されていない以上、自分(自国)が被った問題は自分で解決しなければならないようです。

また、日本のように刑罰が軽い社会ですと、在日外国人らが安心して罪を重ねています。そうした人たちは、罪を犯すと母国などに逃げてしまいます。

その場合、双方の国家間で犯人引渡し条約のない場合、被害者は自力救済をしなければならないのでしょうか ?

つまり、拉致被害者家族は、自力救済しなければその問題が解決しないのでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道徳」の教科化、見送り

中教審の方針

安倍首相が目指していた「道徳」科目を、正式教科に格上げすることが流れてしまったようです。

マスコミの報道によりますと、「正式教科の要件である国の検定教科書や数値評価が道徳教育になじまない」のが、その流れた理由なんだそうです。

その代わり、指導内容の充実を図ることで対応するようです。

昔の「読み・書き・そろばん」の時代では、論語の素読、筆写が「教科」でしたので、字を覚えながら徳育もあわせて教育されておりました。

したがって、これからの道徳教育も国語の教科内容にリンクさせる方法も検討するように、小生は何度も内閣府に提案していますが、反応がありません。

もっとも、今の内閣府は「開店休業」ですから仕方ないか・・・。

正直なところ、たくさんの考え方がある現代で、なにが本当に正しいことなのか、先生方でも分からないと思います。

税金や年金をドロボーしたり、既得権益に固執している「官僚」が、道徳教育を審査しているようですので、いよいよ何が道徳なのか、大人でも分からないようですね。

普遍的な道徳の価値観なんてあるのでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛子ちゃん、健やかに

幸せをいつまでも・・・

 昨年8月に起きた福岡市の飲酒死亡事故で3児を失った大上哲央さん(34)と妻かおりさん(30)に16日午前3時33分、女児が誕生した。出生時の体重は2926グラムで母子ともに健康状態は問題はないという。
 関係者によると、両親は元気に泣き声を上げる女児を囲み、新たな命を授かった喜びに涙を流していたという。
 両親は事故で失った長男紘彬(ひろあき)ちゃん(当時4歳)、次男倫彬(ともあき)ちゃん(同3歳)、長女紗彬(さあや)ちゃん(同1歳)の3児に愛情を注いで育てた思いから、女児には「愛子」と名付けたいと、3児の一周忌の会見で明らかにしている。【松本光央】


すばらしいですね。

かげながら、ご多幸をお祈りしております・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

敬老の日

老人は何歳から ?

「人生僅か 50年」・・・・

こんな言葉を小生の子供のころに聞いた覚えがあります。

確か、定年が 55歳の時代でした。そのころの 60歳といえば、腰の曲がったヨボヨボのおじいちゃんという感じでした。

ところが、どうしたことでしょう ! !

ホームセンター・デパート・公民館・・・・ 今や、右を見ても左を見ても、ご老人ばかりです。

老人たちか競技しているゲートボール・グランドゴルフなどをやったことがありますが、とてもとても敵(かな)いません。

こうなると、老体というイメージはなく、まさしく熟年、シニアであります。

昨日は、敬老の日。市役所主宰の敬老会は、既に先週までに終わっています。敬老の日の当日は、家族でゆっくり祝おう・・・という趣向です。

市役所で祝ってくれる老人とは 75歳からです。文化センターで落語などを聞いて、帰りにはお小遣いをもらえます。

ところが、そのお小遣いが少なくなったと抗議があったそうです。

市町村合併で、公務員給与以外の全ての出費が見直された結果であつたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総裁選挙

公職選挙ではない ? ?

安倍首相の辞任に伴い、地方でも党員予備選挙も実施されるところがあるそうです。

静岡県連でも独自に党員投票(予備選挙)を行うことを決め、早速、党員、党友約3万7000人に往復はがきで投票用紙を送付したそうです。

そろそろ拙宅にも投票用紙が届く頃でありましょう。この党員投票の結果をもとに県連三役が総裁選挙人として 23日午後の両院議員総会で、本県の持ち票の3票を投じることになつているそうです。
この3票の持ち票を予備選の最上位者がすべて獲得する総取り方式か、得票に応じて配分するドント方式を選択するかは、20日の県連役員会で決めるといいます。つまり、票の様子を見て、その取り扱いについて協議するというのですからお笑いです。

しかし、既に県内選出の自民党国会議員も党本部で国会議員会議を開き、「民意を反映させるためにはドント方式が望ましい」との認識で一致しているのだそうです。

・・・と、いうことは、票がどんなであれ、静岡県としての意向は既に決まっているということではないですか ?

なぜ、こんなことが許されるのか。それは、総裁 = 首相 ではありますが、自民党の総裁という個人的な団体の首領を決める選挙の投票は、公職選挙ではないというのですね。

だから、赤坂の料亭街では、黒塗りの車が封筒や風呂敷を持って往来しているのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書生哀歌

苦学生がいた頃

「書生書生と軽蔑するな、末は太政官のお役人」 ♪

昔の都会には、書生さんと呼ばれる人たちが居候をしていたそうです。田舎からで出て来た学生さんとか浪人生とかが書生さんになったようです。

かれらは、大学のセンセイや政治家などの家に居候して、仕事を手伝いながら勉強をしていたそうです。

そこで、ご主人様の仕事に必要な資料を揃えることも、彼らの仕事のひとつであったそうです。

膨大な資料から、必要なものを書き写す仕事は、大変に根を詰める仕事だったそうですが、学生とか浪人の彼らにとってはありがたい仕事だったようです。

時代が変わり、現代ではインターネット検索の時代であります。

国会図書館の資料でさえも、居ながらにして閲覧でき、必要とあらばそのコピーを取り寄せることもできます。

また、最近の「文書読み取りソフト」「翻訳ソフト」「清書ソフト」などのフリーソフトを活用すれば、資料をもとに、簡単にパソコンで編集作業ができてしまうのです。

つまり、昔のように書生さんのミスにイライラすることなく、自分ですべてをこなしてしまうことさえできます。

そんなわけで、今では書生さんなんて死語になってしまいました。

逆に、今の学生さんたちは、教授と同じレベルの資料を鬼集することができます。

何も、神田街や、図書館で渉猟することなく、ネツトのブラウザとコピペで、短時間で正確に資料を書き写すことができます。

したがって、学生さんたちの書く論文に教えられることが多くなったとボヤく教授もいます。

ただ、学生さんが 「~であるwww 」と書くことは、やめてもらいたいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルージング

初めての体験

小生は、静岡県の駿河湾に面したところに生息しています。

そんなわけで、川釣りだけでなく、海釣りも時々します。

小生の海釣りといえば、船外機を備える小さな船で太刀魚釣りをする程度であります。あるいはケーソンをよじ登って、ヒラマサを狙う。

そんなわけで、駿河湾をグルリと回った経験は数回だけです。

ひとつは、海上自衛隊の駆逐艦の体験乗船。あとは、フェリーに数回載った程度であります。

その自衛隊の駆逐艦の速さには驚いたものでした。

さて、今日は、地元の水産高校が所有するクルージング船に乗る機会を得ました。Photo

19トンの小さな船ですが、波もなく実に快適な二時間でした。

とくに、魚群に遭遇したときは圧巻でした。

カツオに追われたイワシが、海面を黒く盛り上げているのです。

そこに、海鳥たちが集まってきます。

よく見ると、サメらしい魚影も数匹確認できました。

すかさず、近くにいた遊漁船が来て、海面からイワシをタモですくうのです。

網で囲ったわけでもなく、そのまま海からすくい上げるだけで、イワシが捕れるのです。

そして、疑似餌を投げ入れると、まるで入れ食い状態でカツオが釣れるのです。

こんな情景は見たことがありません。

やはり、ある程度、沖に出ないと釣れないのですネ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボタン (スイッチ)

タッチパネル

最近の家電製品のスイッチは、タッチパネルを採用している商品が多いでね。

パソコンだけでなく、洗濯機、冷蔵庫、オーディオ・ビデオ、デジカメ、ケータイ・・・・

軽く触れるだけでスイッチが ON になります。

しかし、誤動作も多い。(機械ではなくて、人間のほうです)

そこで、いろいろと安全装置が施されているのですが、そのシステムを理解していないと、その製品を使いたくても使えません。

たとえばケータイ。長押ししないとスイッチが入りません。

そんなことを知らない母は、ケータイのスイッチが入らないと、怒っていました。

そこで、グーと強く押せばスイッチが入ると教えたところ、母は全てのスイッチを、爪を立てて強く押すようになってしまいました。

爪を立てて強く押されたスイッチは、スグに破れてしまいます。

そんなわけで、今度は軽くスイッチボタンを押すように言っても、ダメであります。

母は、風呂のリモコンスイッチや、インターフォン、エアコンなど、タッチ式のスイッチをことごとく壊してしまいました。

こうなったら、ゲートスイッチに交換するしかないですネ・・・。

ぁあ・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「職務放棄」 

新聞の見出し

いままで、県内でしたが電波の届かないところに行っておりました。 (落ち鮎つりではありませんよ)  帰宅して、首相の辞任を知り驚きました。

そして、今朝の朝刊は書きたい放題です。

「職務放棄」「ご乱心」「キレた」「理解不能」「呆れた」「無責任」「敵前逃亡」「遁走」「登校拒否」「最悪のタイミング」「悲惨でみじめ」

こうした批判に対して、首相は安倍内閣メールマガジンで「無責任といわれるかもしれないが、国家、国民のため身を引くことが最善と判断した。」と記しています。

安倍さんには、静養し力を蓄えた後、憲法改正に再チャレンジして戴きたいと思います。

それにしても、民主党の小沢代表はすごい。昨年の永田メール問題で、窮地に追い込まれた民主党を、ここまで盛り上げました。さすが、小泉前首相が恐れた人物であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いつかは大型バイク

実現の喜び

秋雨の切れ目に、小生の先輩が、拙宅を訪ねてくれました。

ぼっぼっぼっぼっぼっぼっぼっ・・・・・。。。。

息子が、また新しい単車を買ったのか・・・と、思って振り向くと、今春、定年退職した先輩の笑顔がありました。

「ついに買ったよ。」と、大排気量の外国製のバイクを自慢げに見せに来たのでした。

「よく、大型免許が取れたね。」と、小生がチクリ。

40年もの間、仕事一筋。車の免許も取らなかったその先輩の夢が、この「ハーレー」でした。

明るいメタリックブルーという色は、その先輩には以外でした。

「新車だよ、新車。やっぱり風はいいね。」

「千の風にならないように、気をつけてね。」

「ガッハハハハ・・・・」

孫と一緒に乗るために、これから練習をするのだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10日、交差点の日

集中豪雨

毎月、10日、20日、30日は、交差点監視の日です。

通学路の交差点すべてに、自治体からの当番が監視に就きます。7時から 8時までの一時間の監視当番です。

一つの交差点に四人づつ。大きな交差点も、小さな交差点も、全ての交差点に四人づつ監視員が就くのです。

特に交通量の多い交差点では、我々のほかに、委託交通巡視員とか、婦人警官が就きます。

そして、今朝は、雷を伴った集中豪雨。道路が川のように流れていました。

暴風警報の時以外は、学校は休みになりませんから、子供たちはずぶ濡れになって登校していました。

もちろん、我々もずぶ濡れであります。

とにかく、急に雨量が増したので、側溝から水が溢れ、通学路と側溝との区別がつきません。

我々の通報で、さっそく、PTAがその監視に就きました。

この様子を子供から聞いた「モンスター・パーレンツペアレンツ」が、またまた暴れだしそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自治会の運動会

組の叛乱 ?

本日は、重陽の節句。菊花宴です。

このよき日に、自治会の運動会がありました。

この開催を知らせる朝の打ち上げ花火の筒の修理を頼まれていましたので、6時半までにチビッコ広場へ届けてきました。

試し打ちなしの ぶっつけ本番でしたが、なんとかまっすぐ上がりました。

最近の花火には、落下傘が付いていないようです。どうやら、落下傘もゴミになるので環境保護のために廃止されたようです。

この自治会の運動会も、自治会員の親睦を図る目的で、今年で 30回目であります。

ところが、小生の組は参加しないことを表明したようです。

理由は、自治会の行事が多すぎるという批判であります。

年に 10回の防災訓練をはじめ、年に 6回の地域の掃除、それに夏・秋の祭り、文化祭。

その他に、視察旅行、季節の挨拶・・・。

特に、9月は、県の防災訓練、運動会、敬老会、秋の大祭、文化祭の準備など、仕事どころではない。

これは、全て、強制参加ではなくて、任意参加にすべきではないでしょうか ?

一線を退いた人たちには、そうした行事は暇つぶしによいのかもしれませんが、他人を巻き込んでの強制はよくありません。

そうは言いつつも、小生は、運動会の慰労会だけ出席しました。何でも、千円で飲み放題・食い放題だからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 HERO ヒーロー

これは、大ヒットするかも・・・

映画 HERO ヒーロー を、家内と一緒に見に行ってきました。Hero_2

招待券が当選していたからで、家内はこの日を首を長くして待っていました。

小生もご相伴(しょうばん)に与(あずか)りましたが、軽快でいい映画でした。

とにかく、6年前の テレビドラマ HERO は見ておりませんでしたので、帰りの車内で家内から今までのストーリを聞いて合点がいきました。

一番最後のシーンは、女性観客からため息が・・・。

監督 ; 鈴木雅之、出演 ; 木村拓哉、松たか子、松本幸四郎、など

【追加、9月11日 オリコン】

日本映画史上過去最大となる475スクリーンで公開され話題の映画『HERO』(東宝)が、公開初日9月8日(土)から2日間で、動員約75万人を記録し、興収10億円を突破したことが、興行通信社の調べでわかった。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、初日2日間で、約2億8千万円だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

台風一過

学校の対応

現在、東北地方を縦断中の台風 9号。

拙宅も、樋などが飛ばされてしまいました。

工場の敷地に飛散した飛来物とか、倒木の処理を、台風一過の好天の下でやりました。

太平洋の湿った熱気で、汗が引きませんでした。

さて、この地方の学校は、全ての警報が解除された 10時ごろから登校が始まりました。

学校は大事をとるのですネ。しかし、実際は、共稼ぎで家には誰もいない家庭では、子供たちは普通に登校していました。

昨日も、暴風雨中の午前中に、学校は子供を返しました。

子供たちは、台風に煽られながら、ずぶぬれになって帰宅していました。

それだったら、親が子供を迎えに来るまで、学校で預かってくれればよいのに・・・と、思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

交差点早曲がり

危険な行為

小生が住んでいる静岡県は、全国的にも交通事故が多い県として有名です。(いえ汚名です)

そこで、県の安全協会も、さまざまな手段を講じて、安全運転の啓蒙活動をしています。

しかし、運転マナーはいっこうによくならないのですネ。

そのひとつが、タクシーをはじめとする営業車の運転マナーの悪さです。

たとえば、信号機付きの交差点で赤信号から青信号に変わった途端に発進し、対向車の前を横切って右折してしまう行為を「交差点早曲がり」といいます。そうした危険行為を平気でタクシーなどがやっています。またそれを見て、真似する若者も出現します。

そればかりではありません。交差点の中で待っている車を追い抜く営業車が多いのです。

安全協会の説明によれば、前方で右折のため待機中の車の後方を先に右折する行為は「・・・右折するときは・・・交差点の中心の直近の内側を徐行しなければならない(道交法34条2項)。」に抵触することになるそうです。
ちなみに、反則金は、大型6,000円 普通・二輪4,000円、違犯点数は、それぞれ1点となっているそうです。

プロドライバーは、みなの見本として、危険な行為はすべきではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 ご誕生日

悠仁さま、一歳に

今朝の朝刊の第一面に、悠仁さまのお写真が掲載されていました。Photo

テーブルにつかまり立ちをされていて、かわいらしい笑顔をふりまいておられていました。

さっそく母は、その新聞の写真を切り抜いておりました。

今後とも、健やかなご成長を祈念いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鳩山塾開講へ

鳩山友愛塾

鳩山由紀夫民主党幹事長と自民党の鳩山邦夫法務大臣は、共同で政治塾を設立することで確認したそうです。今朝の新聞で伝えられていました。

それによりますと、開塾は来年四月で二十人程度を募集するといいます。塾長は二人の姉である井上和子さんが就任する予定なんだそうです。

有為な人材の育成を目的とし、政治家に拘らないそうです。

塾の名称は、二人の祖父である 鳩山一郎元首相の理念を継承する意味があるようです。

このような若者を育てる私塾が増えることには賛成で、現職の政治家が顕在的な教育活動をすることはたいへん良いことです。

小泉前首相も、そうした類の私塾を開きませんかねー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

不可思議な人事

村瀬前長官が最高顧問に

前厚労大臣から事実上、更迭された村瀬前社保庁長官が、升添厚労大臣によって社保庁の最高顧問に任命されたといいます。升添厚労大臣は「礼をもって遇すべきだと最初から言っている」などと述べているそうです。

破邪顕正という厳しい態度で社会保険庁改革に臨むとされていた升添厚労大臣。

この人事は、初志からブレていませんか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国からのサイバー攻撃 - 3

人民解放軍がペンタゴンに ?

【北京AFP = 時事】 英紙フィナンシャル・タイムズは 4日、中国人民解放軍が米国国防総省のコンピューターネットワークの侵入に成功したと報じた。

同紙は、現職と元の米当局者の話として、人民解放軍による侵入攻撃は 6月に実行されたと伝えた。この侵入によりゲーツ国防長官の執務室のコンピューターシステムが停止。国防総省は背後関係についてコメントを避けているが、当局者は人民解放軍によるものだと指摘したという。

元当局者は「われわれのシステムを無力化する攻撃が実行可能なことを人民解放軍は示した」と語った。

ある米高官は、国防総省が正確な攻撃元を突き止めたと指摘。別の当局者は人民解放軍が攻撃を実行したということは「非常に高い信頼性があり、確信になりつつある」と述べた。

こんな記事が、今朝の朝刊に載っていました。最近、こうした類の記事が目立っています。

アメリカの国防総省が中国からサイバー攻撃を受けているということは テクノバーン の記事でも再三示されていましたが、固い紙面から中国人民解放軍が名指しされることは珍しいことです。

小生がこうした記事に拘る理由は、このようなハッキング行為が、戦争の引き金とか、産業事故の原因にもなりかねないからです。

事実、航空機事故とか海難事故の一部は、ハッカーによるイタズラが原因とされているからです。

小生のこのブログも、夜間つながり難いのも、中国からのサイバー攻撃によるものでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の縄張り

年功序列の世界

小生は、交代制勤務をしているので、朝帰りをすることがあります。

そして、今朝、久しぶりに 10円硬貨を拾いました。

するとすぐ、「それは俺のだ ! 」と言い寄ってきた人がいました。

その人は、ベンチ生活をしている人で、よく見かけますが会話を交わすのは初めてです。

どうも彼は、少し寝坊をしたらしく、朝周りが遅れたらしい。

彼の日常は、起床と共に、周囲の道路などの落ちているものを点検し、自販機のお釣りのところを点検し、それには縄張りがあるのだそうです。

小生は、その縄張りを侵したというのです。

ところが、そのテリトリーは時限制で、一般の人の出勤の時刻になると、彼は‘退社’の時刻ということらしいのです。

彼は、昼間はベンチで人の流れを眺めています。

彼とか彼の仲間と思われる人たちの行動を見ていると、連帯はないようですが、年功序列が残っているような感じがします。

小生も、その新参者にならないように注意しなければなりません。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境破壊問題

仕事に不安・・・

地球が危ない ! ! と、マスコミは騒いでいます。

すると、地球は、使い将来に爆発して消滅してしまうのでしょうか ?

どうやら、危ないのは地球ではなくて、人類が危ないと言うことらしい。

つまり、このままの調子で経済活動を人類が続けていたら、人類そのものの生存が危ぶまれると言うのですネ。

確かに、山も海も、人間の出したゴミが目立っています。

小生も、ボランティア活動で、海や山の清掃奉仕をすることがありますが、放置されたゴミは決して減ってはいません。

ところで、小生の会社では、パッケージ機械を作っています。つまり、包装や缶なんかを作る機械を作っています。

そして、一分間に 30個しか作れなかったものが、今では一分間に 1,000個も作る能力があります。

そうしてできた缶などは、やがて全てゴミになる思うと、自分のしている‘仕事’とは、いったいなんだろうと悩んだことがありました。

しかし、案ずることなんてありませんでした。

空き缶とかペットボトル、スチロールなどは回収されて、おもに中国で再利用されていると言います。

先日、中国に視察に行った人から最近の中国の産業の様子を聞いて、驚いているところです。

しかし、それにしても、回収されない包装資材はゴミとなって環境を汚しています。

こうしたゴミを見るたびに、小生は、自信が萎えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性の衣装 - 2

米南部で「腰パン」禁止条例

腰までずり下げて、下着や尻の一部を出すパンツのことを「腰パン」なんて言うそうですね。

その腰パンの着用を禁止する条例が、米南部の自治体で相次いで導入されているのだそうです。以下、静岡新聞記事( 9月 4日 朝刊)を引用してみたいと思います。

シリコンバレー時事】 米メディアによると、ルイジアナ州マンスフィールドは 9月 15日から、腰パンを公然わいせつ罪と判断し、違反者に最大 15日間の禁固刑か 150ドル(約 17,400円)に上る罰金を科す。南東部の拠点都市アトランタの市議会も同様の条例施行を検討中だ。

腰パンは、ベルトを与えられない服役囚が大きめの囚人服をずり下げて着用したのが発祥とされる。

当然である ! !

最近のご婦人は、下着を着ないで平気で電車の中とか路上で座り込みます。

日本でも、さっそく同様な禁止条例を導入してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金着服 3億 4千万円に

いつたいどれだけ増えるのやら・・・

まずは、ネットニュースを引用してみましょう。

社会保険庁や市区町村の職員が年金保険料を国庫に納めずに着服したり、同庁の職員が給付金を不正に受け取ったりしたケースが少なくとも計99件あり、被害総額は約3億4000万円に上ることが3日、同庁の調べでわかった。

 しかし、今回の調査は過去に不正が明らかになり、記録が残っているケースをまとめたもので、実際の件数や被害額はさらに多いと見られる。

 調査によると、被保険者が窓口に納めた保険料を着服したケースは計71件で、計約2億3400万円。このうち、2002年4月に年金保険料の徴収業務が社会保険事務所に一本化されるまで、国民年金の保険料の徴収を委託されていた市区町村の職員によるものが49件で約2億円を占めた。 【読売新聞、3日】

先月 8月 5日の報道では、1億 3千万円が着服されたと報道されたばかりなのに、僅か 1ヶ月も満たない間に 2倍に増えました。

こうした事件があるのに、誰も罪を負わないというのは、おかしな話です。

せめて、パクッた当事者だけでも、返金させ、罰を与えるべきです。

【追加 4日】

こうしたことに、升添厚労大臣は 4日の記者会見で、総務省と連絡を取り、年金を横領した職員を洗い出し、徹底的に膿を出すと、決意を述べていました。(昼のテレビで)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

Wikirage

熱い話題

最近、Wikipedia が、注目を集めています。

今回は、その第二弾です。

その名は「Wikirage」。

Wikipedia のなかで、今一番たくさん編集されている項目を、多い順に提示するものです。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

拉致被害者救出訴え

米で名前読み上げ

【ワシントン 1日 共同】 北朝鮮による拉致問題への国際的関心を高めようと、米国在住の日本人らのグループが 1日、首都ワシントンのホワイトハウス前の広場で被害者の名前を読み上げるイベントを始めた。日本や韓国など 8ヶ国の約 8万 3千人が拉致されたとしており、全員の名前を 4日間かけて読み上げる予定だ。イベントを呼びかけたのはメリーランド州に本部がある「ワシントンDCらち連絡会」。韓国系のグループとも協力、十数人のボランティアが同日午前から参加した。ホワイトハウス周辺には多数の観光客が訪れており、趣旨に賛同した数十人が飛び入りで読み上げに加わったという。連絡会の浅野泉さん(58)は「拉致被害者を救出するには国際的な協力が必要。決して小さな問題ではないということを世界中の人に知ってもらいたい」と話している。

韓国でも、名前を叫ぶ

【臨津閣 (韓国北西部) 2日共同】朝鮮戦争以降に北朝鮮に拉致された韓国人被害者の家族約 60人が 2日、ソウル北方の南北軍事境界線に近い臨津閣で肉親ら約 1300人分の名前を読み上げ、来月の南北首脳会談での拉致問題解決を韓国と北朝鮮の両政府に要求した。

今朝の朝刊を開くと、以上のような記事が目に飛び込んできました。

政府がなかなか動いてくれない以上、民間レベルでの地道な活動の積み重ねが大切だと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民保護法

空襲警報発令 ! !

防災週間に伴い、自然災害だけでなく、武力攻撃などに対する国民を保護する目的に策定された「国民保護法」についても説明がありました。

この法律は有事法の一つで、平成16年 9月17日から施行されたといいますから、既に 3年も経過しているわけですネ。

そして、地方公共団体の役割として「避難」、「救護」、「武力攻撃に伴う被害の最小化」を三つの柱としているのだそうです。

そこで、市では「国民保護協議会」をつくり、「国民保護計画」を作ったそうです。

それを見ますと、寒くなってしまいました。

つまり、例えば北朝鮮から核ミサイルが飛んできたとき、市では、同報無線などから警報のサイレンを鳴らすそうです。

その場合、屋内にいる場合は、ドアや窓を全部閉めましょう。屋外に居るときは、速やかに最寄の堅牢な建物などに避難してください・・・と、言うことなんですネ。

しかし、実際には、時間的経過から、空襲警報が発令したときは、既に核弾頭が着弾した後なんだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »