« みんなの体操 | トップページ | 公家諸法度 ? »

官僚の逆襲

改革の抵抗勢力

官僚の天下りを規制した「改正国家公務員法」。

その法の実施に対して、官僚らの強い抵抗が始まっているといいます。

まず問題になっているのが、社会保険庁。民主党の議員らによれば、安倍首相が年金台帳の突合を指示したのにもかかわらず、社会保険庁ではいまだにそれに着手していないといいます。厚生労働大臣が命令しても動こうとしない。それを見て業を煮やした総務大臣が厚労大臣にハッパをかけても、社会保険庁は巌として動かないでいるそうです。

次に、防衛省人事。独裁的立場の官僚の更迭を図ろうとした任命権者の防衛大臣の命令に背き、官僚らの強い抵抗がありました。

しかし、何よりも参院選挙での自民党の大敗を受け、官僚たちは弱体化した政府・与党や政権獲得に意欲的な野党・民主党にたいして自分たちの存在意義をアピールしているように思えてなりません。

つまり、実際に政権を運営するに当たっては、どうしても事務方の官僚の権力が必要なことを両者にたいして執拗に示しているようです。

そうして、公務員制度改革を骨抜きにしようと懸命です。

頭のいいやつは、どこまでもズル賢い・・・。

|

« みんなの体操 | トップページ | 公家諸法度 ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16175291

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚の逆襲:

« みんなの体操 | トップページ | 公家諸法度 ? »