« 中国のメディア干渉 | トップページ | システム・マネージャー »

水道の水漏れ

少し、漏れる

先月 18日、ニューヨークの真ん中、マンハッタンで、地下の蒸気管が破裂、1人が死亡、20人が怪我をしたという事故がありました。

なんでも、80年前の古い管が爆裂したそうで、ニューヨークには、いまだに古い配管が存在するんだそうです。

それを、笑っていられません。

拙宅の母屋でも、水漏れが発生しているようです。

母屋の水道を全部止めても、メーターが僅かに回っています。

ほんとに、よく水漏れがする家です。

この母屋は15年前に新築した家ですが、建ってスグに、水道管の水漏れが発覚。コンクリートをハツって、配管をやり直させました。

その数年後、今度は、二階の洗面所の壁から水漏れ。規定の配管材を使っていなかったので、小生は壁を破って、配管を取り替えました。

そして、三年前は、またしても漏水が発覚。知り合いの業者を頼んでようやく漏水箇所を特定して修理。外の配管がコンクリートの基礎と干渉していました。

まったくずさんな工事です。そして、今回、またしても水漏れ。

とにかく漏水工事は、水漏れをしている箇所を特定することが大変です。

直しやすいところならいいですが、コンクリートや建材などで囲われている箇所で漏れている場合は、たいへんな作業になります。

「少しだから、いいや」なんて言って放っておくと、突然、水が吹き出ることがあります。

その場合、漏水が家屋の中ですと漏電を引き起こすこともあり、火災の原因にもなります。

そんなわけで、知り合いの水道屋さんに連絡しましたが、どうも、やる気のない返事。

でも、修理してもらわなくてはなりません。

母屋には、認知症の母が住んでいます。母は、片づけができない人なので、家の中は散らかっています。

ですから、母は、母屋の中に人を入れることを嫌います。

もし、漏水の場所が家の中の場合、工事ができるような状態にしなくてはなりません。

それを考えると、頭が痛くなります。母を説得するのには、命がけなのです ? !

|

« 中国のメディア干渉 | トップページ | システム・マネージャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15981582

この記事へのトラックバック一覧です: 水道の水漏れ:

« 中国のメディア干渉 | トップページ | システム・マネージャー »