« ラジオ体操 | トップページ | 映画館の冷房 »

終戦の日

何が終わった日 ?

きょうは、62回目の終戦記念日といいます。

日本の学校教育では、きょうは、戦争の悲惨さを訴え、平和を誓う日というのですね。

それはそれで大変結構なことですが、国防も忘れてはならないと思います。

ところで、終戦の日といいますが、いったい何の戦いが終わった日なんでしょうか。

きょうは、それをクイズとして出題してみます。

① 十五年戦争 (1931年 9月 満州事変)

② 日中戦争 (1937年 7月 7日 盧溝橋事件)

③ 第二次世界大戦 (1939年 9月 ドイツのポーランド侵攻)

④ 大東亜戦争 (1941年 12月 8日 真珠湾攻撃)

⑤ 太平洋戦争 (大東亜戦争の別名)

* 日本政府は、1941年の開戦後の閣議で、一連の戦争を「大東亜戦争」と呼ぶことに決定。ところが、日本に勝ったアメリカは「太平洋戦争」と名づけ「大東亜戦争」の呼称を禁止した。したがって、現在、ほとんどの日本の社会科教科書では「太平洋戦争」と表記している。しかし、今日まで日本政府が「太平洋戦争」を正式な呼称として認めた形跡はない。「つくる会」の『新しい歴史教科書』では、大東亜戦争(太平洋戦争)と記している。

ちなみに、天皇陛下をはじめ日本政府は「先の大戦」と呼んでいます。

そうそう、⑤の「太平洋戦争」では、アジアが抜けているので「アジア・太平洋戦争」と呼ぶ人もいますが、それは極めて少数派のようです。

|

« ラジオ体操 | トップページ | 映画館の冷房 »

話題」カテゴリの記事

コメント

あらまさんコメントありがとうございました。

やはり1度は終戦の御詔勅は目を通すべきですね。

現代語訳は参考になりました。

終戦に至るまでの昭和天皇の苦悩がにじみ出ていますし、必ずしも戦争を望んでおられなかった事もわかります。

投稿: jinmu | 2007年8月16日 (木) 22時01分

jinmu さま、小生はこの詔が発表される前の御前会議の様子に感動いたしております。
全員が降参に反対する中、昭和天皇のご聖断の様子は涙なくしては読めません。

投稿: あらま | 2007年8月17日 (金) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/16122522

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日:

» 終戦の御詔勅 [40代オヤヂの憂憤]
                  終戦の御詔勅です。 朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲 ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク 朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ 抑々帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳 々措カサル所曩ニ米英二國ニ宣戰スル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶 幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス 然ルニ交 戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 02時04分

« ラジオ体操 | トップページ | 映画館の冷房 »